バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2014/11/29

「かぜまち美術館の謎便り」 森 晶麿  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

田舎町の美術館へ館長としてやってきた「カリスマ学芸員」なパパとその5歳の娘・・・なんかいい感じに楽しい二人が、いざとなったら謎を解く??? 18年前に死んだ少年から届いた絵葉書と、当時彼が残した絵画から、町で起こった事件やら行き違いを解きほぐしていく・・・感じですね。


柔らかいタッチで、まあ子供使ってて卑怯だぞと言うのは置いといて・・・アットホームで、優しいながら、キリっと〆る所は〆るキッチリミステリィ。一つ一つの謎と、大きな物語の配分も良く、最初から最後まできっちり楽しめました。

面白かったです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ