バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2014/8/23

「セーラー服と黙示録」「背徳のぐるりよざ」 古野 まほろ  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

舞台は架空の日本=大日本帝国?=1991年あたり。孤島にある、特殊なミッション系女子高。探偵学に力を入れ、優秀な名探偵を次々排出・・・しかし学校及びバックのバチカンにはもっと黒い思惑が・・・そんな中学内やら、学校行事の旅行先で起こる難解な殺人事件を、「フーダニッ」整理の島津今日子、「ハウダニッ」頭脳の古野みづき、「ホワイダニっ」直観の葉月茉莉衣 が解決する・・・感じですね。


ドラマ<<ミステリィ と言う感じなのでのほほ〜んと読んでてつらい所も多く、偉く読み切るのに時間がかかった印象・・・面白い部分は本来箸休め?的なポップな展開は良い感じで、次作出たら買った湯と思うが、この人の他の作品までは手がまだ出ない・・・そんなですか?

時々辛く、あとは面白かったです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ