バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/5/27

当然今朝も中禅寺湖へ行った訳で・・・・  釣りの話とか

レイクオカジンのHPに「ターンオーバーが始まり水濁り気味」とあり、状況良化に期待大だったのだ。車を走らせ、明け方の3時、大島釣具店前へ着く。すると釣り券を求める車が3台駐車中。「今日は人多いですか?」とおじさんに聞くと「結構来てるねえ、前の晩とかから。状況良くなってるからねえ」との事。人が多いのはいやだが・・・・花男が向かうのは国道側ではB級ポイント。この時期ならみんな西側行ってそれほどあぶれて来ないだろうし、まあ釣りにはなるだろう。

栃木銀行保養所前へ行く。駐車はあったが人は居ない。大崎か丸山の方まで歩いていったのだろう。このポイント・・・・まあ回遊コースが遠いし、やっぱあんまり人気が無いのだ。年により、大当たりすることもあるけど、基本はあんま釣れないっちゃあ釣れない事になってるらしい。でも、人が比較的少なく釣りやすいので花男は大体ここでやる。薄明るくなるまでしばし待つ。

釣り始めてしばし、4時半ごろ「うりゃっ!!」と遠投して巻き始めると・・・・強烈なあたりと共にドラグに逆らい一気にラインが出て行く!!何とか魚の動きにあわせ少しづつリールを巻く。すると15m先でジャンプ。フッキングはどうやらOK。そして・・・・シルエットしか見えなかったがかなりの大物だ!!しかしなかなか寄らない。ドラグを徐々に閉めながら、慎重に数分のやりとり。しかしある程度寄った所から膠着状態。そこで・・・痺れを切らし、ドラグを「ギュッ」と閉め強引に寄せにかかる。すると徐々に寄り始めたが・・・・



「ブチッ」


ラインブレイク。


「あああああっ!!」

思わず叫ぶ。やっちまった・・・しかし・・・バラシは良くやるがトラウトでラインブレイクは初だ。6LBの1号ライン、そうそう切れる物でも無いんだけどなあ・・・

覚めやらぬ興奮と悔しさでわなわなしながらも釣りを再開。ポツポツと小さい当たりがあるがフッキングせず。感じとしてはチビマスがルアーにじゃれてる感じか?そしてそれも5時頃ぴたっと止まる。そしてそこからしばらく過酷な時間が続く。

・・・・続く


・・・・続く


・・・・続く


7時15分納竿。

魚の引きは味わったが、結局は坊主。それにしても逃がした魚は大きいと言うが・・・今日のはマジ。花男の中禅寺湖個人レコードは53cmのホンマス(全く同じ大きさの二回釣った)。今日のはその二回より圧倒的に引きが強烈だった。うー・・・・・くやしい・・・・

明日のリベンジも念頭に置きながら寝る。






この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ