バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2009/9/27

「殺気!」 雫井 脩介  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

女子大生ましろ。12歳の時に拉致監禁・・・その後無事に保護されたがPTSDに・・・その治療のためそれに関する記憶を催眠療法で封印される。それ所以か・・・最近気づいた事、自分には不思議な「勘」みたいなものが・・・人の殺気や悪意みたいなものを察知できるらしい・・・そんな話をバイト先の店長の彼女、タウン誌の編集者としているうちに、当時自分に何が起こったのかを調べていく事になって・・・・そんな感じのお話です。


この人の作品は初ですが「クローズド・ノート」とか・・・結構本屋の平台に詰まれてたのでなんとなく名前は知ってた。で面白かったです。ポップで読みやすく、緊迫した展開の中でもラガーシャツにまでファーをつけてる「シモベ」君とかオチネタキャラも適度に配し・・・物語そのものも展開も「いやあ・・・青春だね〜・・・」と美しく楽しい。他の作品も読んで見たくなります。


大変面白かったです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ