バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2009/9/26

中国の米国タバコ  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します

今は価格の事もありラークを吸っている。花男がタバコを吸い始めた頃、ラークって高くって・・・確か280円だった。その後色々値動きがあって、現在の価格300円と言うのは、いまやその他のタバコ達と価格が逆転してる事もあり、割とお得感がある所以。

一方、味的には好きで結構長く吸っていたタバコがラッキーストライク。と言うことで免税店でタバコが買う機会がある時はこれにしてるのだ。

写真左のよれてるのが、成田の免税店で買ったソフトパックのラッキーストライク。「ああ・・・この味だったよな・・・」と懐かしくもある。

んで、右のが広州空港の免税店で買った奴。この広州空港で買った奴だが・・・



中華タバコの味がする



愛煙家で中華タバコを吸った事のある方なら判ると思うが・・・例のあの感じの味です。微妙にラッキーストライクらしさは残っているものの中華フレイバーが前面に出る仕上がりとなっている。

日本のは米国からの輸入品の様なのだが、中国のはライセンス受けて、レシピ通りのでの現地生産・・・と言う事らしい。レシピ・・・守ってねえだろ・・・どうせ・・・とか思ってしまう花男はなにやら毒されているのか?

こう言う時には「TIC (This Is Chaina)!!」と言って理屈ぬきで納得するのが正しいらしいと別件で昨日米国人から聞いたっけ。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ