バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2019/10/19

「犯罪心理分析班・八木小春 ハロウィンの花」 佐藤 青南  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

シリーズ第三弾。過去作の感想↓
https://moon.ap.teacup.com/hanao/5702.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6512.html

発達障害+サイコパス×2+普通の人による、シリアルキラーを追う組織=そこの「普通の人」担当の八木小春。今回の犯人はハロウィンの渋谷に登場したコアラ男。ぽっと出の様で、その洗練された手口は、明らかなシリアルキラー?次なる被害を防ぐためにも早期解決をと調査したり、小春は自分もサイコキラーではと悩んでみたり、チームの行動を阻害する記者に追い回されたり、発達障害土岐田が少し変化を見せたり・・・した上での結末は???って感じです。

エンマ様もチョイ役で登場。ラストとかかなりサラッとしてるけど、それはもう「犯人とかどうでもいい」と言う作り所以で、それはそれで描くべきところのフォーカスが潔いと感じたり。ミステリィとして、人物ドラマとしていい感じに仕上がってます。

面白かったです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ