バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2019/7/28

台風の影響は最少だったか  食い物の話とか

土曜=27日の朝、結構な晴天。なんで久々に
クリックすると元のサイズで表示します
ふとん干す。マジで久々だなと・・・で、そのまま飯食いに出かけたら

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
一雨きやがった様で・・・

でも帰宅する頃には
クリックすると元のサイズで表示します
なんとかまた晴天

で、晴れてるうちに・・・
クリックすると元のサイズで表示します
リカバリ。結果、なんとか割といい感じに干せて良かった。


その「飯」は何食ってたかと言うと、土用の丑だったので、まんまと平賀源内の策略にはまる事にして、うなぎ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
まあ、大戸屋だけど・・・それでもしっかり価格の大戸屋うな重=2500円。縁起物はコスパを考えたらいただけない。でお味の方は、以前食った時も思ったけど、強めの焼き魚感含めて、意外とちゃんと美味しい。これで夏も乗り切れようと言うもの???


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
おやつ&おかわり

夕方から用事で横浜へ・・・少し早めに行ってプラプラ
クリックすると元のサイズで表示します
ダイエーの跡地の風貌がチト寂しかったり・・・

週末で通りは人でごった返してるのに
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
イシバシ楽器の客入りがなんか寂しかったり、ストックもパッとしなかったり・・・2〜3年前とかは結構学生とかで賑わってたイメージなんだが、また流行らなくなったかor通販やオークション系に移行したか・・・

その後古着屋冷やかしたりしたのち目的地はパセラ
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
6名の同級生美女たちに囲まれる3時間半のハーレム。知り合ったのはもう36年前?年輪を重ね、それはそれで楽しく。しかし、他の男子が音信不通だ・・・


で、帰宅したシャワー浴びてダラダラして倒れて・・・明けて今日日曜日=28日。呑んだ翌日定番
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
焼き煮干しラーメン大@麺やいかり=950円。本日のロット、いつもよりやや出汁強めでガツンと来てなかなかの幸せ感。


そして
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
発病したり、おやつ食ったり、おかわりしたり・・・

晩飯はこんな
クリックすると元のサイズで表示します
じゃこ天と黒はんぺんは個人的にはじゃこ天の勝ち。仕込んどいた自家製豚そぼろかけた、緑茄子のごま油焼き美味し。

そして明日からまたお仕事。そろそろ梅雨は明けたのか?暑くなりそうだ・・・いや、事務所は寒いか・・・ともかく夏だし早めに寝よう。

2019/7/28

「君待秋ヲは透きとおる」 詠坂 雄二  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

過去のトラウマで自ら忌避する「物を透明にする能力」を持った「君待秋ヲ」は割と国家的な組織であるところの「振興会」に入ることになる。そこには「匿技」と呼ばれる特殊能力を持つものが・・・と言っても日本で5名のみ? で何をやるのか・・・何もしないような色々するような・・・そして伝説のある匿技師が亡くなった時に・・・そんな???


最後にチラッとだけ名前が出てきた韮澤くんは、これだっけ?↓
https://moon.ap.teacup.com/hanao/2659.html

一皮むける系の話&陰謀と冒険とアクションで判り易いと言えばそんなか。読みやすいし、キャラも馴染みやすく楽しめました。


面白かったです。
タグ: 小説 SF ミステリィ

2019/7/28

「霊能探偵 初ノ宮 行幸の事件簿3」 山口 幸三郎  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

シリーズ第三弾で完結。行幸達が美雨と係わる事になった本当の理由・・・宿命の相手=兄との対峙。彼の哀しく優しく狂った陰謀を止めるために・・・そして美雨は・・・って感じですか。

前作までの感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/6264.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6298.html

関連作「天保院京花の葬送」シリーズこれまでの感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5614.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/6094.html

前回書いた感想「シリアス&スリルとコメディの配分が絶妙になされ、エキセントリックなキャラ達が大活躍なエンターテイメント」ってそのまんま。怒涛の展開からの大団円および余韻。ガッツリとスリリングに楽しめます。「天保院京花の葬送」シリーズの方はどうなるんだろうか・・・

非常に面白かったです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ