バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2019/3/16

「下町ツバメの雛たちへ」 水沢 あきと  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

不動産大手勤務、ダメダメOLな仙川凜香。「ラストチャンスだ」大田区にある「ツバメビル」立ち退き交渉に、各入居会社を3か月以内に退去させるため・・・「弱みを握ってでも立ち退かせろ!!」と猛烈女上司の命で自分が新入居会社の社長な体で潜入する事に・・・優しいが風変わりな若いビルのオーナ=ビル内で日本酒居酒屋経営に、とっとと素性がバレるも「その仕事僕に手伝わせてください・・・」だって????そして凜香は事情のある入居者たちと共に過ごすことで・・・ってな感じですか。

ご都合主義な成長&成功小説がコミカルなタッチで描かれてます。。。が、フィクションなんてこのくらいが気持ちいいんだなあと言うくらい「軽食」としては口当たりよく、何とも嫌いでは無い。サクッとサラッと通り過ぎていく小説のひとつとしては、存外程よい口当たりな気がします。

面白かったです。
タグ: 小説 お仕事 成長



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ