バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2016/2/2

今日は通院  食い物の話とか

昨日アップするの忘れてた・・・
クリックすると元のサイズで表示します
月曜の晩飯はきつねサラダ。作り置ききつねはまだストックあり。


で・・・午前中は皮膚科行って・・・予約してても結果待たされるのか・・・予約時間から1時間ほど待って受診。どうやらアレルギー的な物では無いらしい。「なんかの接触してる刺激だと思うんですけど」って先生・・・でも出だした時、何も触れてるもんは無かったよな・・・あ・・枕?まさか・・・

お昼はそば処よしので
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
カツカレーを。


晩は、ご無沙汰だったハンバーグ食堂加藤に行ってみたが営業してる気配なし・・・「月曜火曜休み」とシャッターに貼られた「ガムテープ」に小さく書かれてたので、店休日なのかも知れん。めんや正直も定休日で・・・じゃあ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
グルメ春夏冬の日替わり=587円。チャリ輸送でクラッシュしてますが・・・美味かったっす。

アイスも食った。
クリックすると元のサイズで表示します


さて・・・明日は宇都宮っす。前は住んでたとは言え・・・寒そうだな・・・

2016/2/2

「ハーメルンの誘拐魔」 中山 七里  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

犬養刑事シリーズの第3弾ですね。過去作の感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/4000.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/4105.html

誘拐されたのは、子宮頸がんワクチンの被害で記憶も記憶する能力も失くした少女。その母親のブログでは薬害に対する糾弾がなされていた・・・犯人はそれをいぶかしむ者か??と、そうこうするうちに第二の被害者は、ワクチン推進の中心の日本産婦人科教会長の娘・・・相反する二人の少女を誘拐した犯人は慎重で手ごわく足を出さない・・・それを追う刑事犬養・・・そして薬害と製薬会社、厚労省および医師会の利権もまとわりついて、事態は・・・そんな感じ。


これ読んで、どのくらいフィクションなのかとチラッとみた・・・

厚労省のページ
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html

危険性に関するページ
http://matome.naver.jp/odai/2136870343676389801
http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html
http://vaccine.luna-organic.org/

うーん・・・男子だし、子供も居ないので全然知らなかったけど・・・それぞれはそのまま鵜呑みにしちゃいけないとしても・・・小説の内容は大げさにしても、近い事態が起こっているんだろうか・・・薬害エイズの再来もありうるのかな・・・怖いですし、本当に被害にあった方は深い同情を禁じ得ないわけですが・・・


それは置いといても、小説として、緻密で、スリリングで、それでも情熱的で・・・怒れるし、泣けるし、爽快な気分も味わえる構成となっております。さすがですね。


非常に面白かったです。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ