バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2010/12/7

武蔵中原へ行ったが、昼飯も晩飯も鶴間だったのだ  食い物の話とか

お昼は鶴間駅前マジョリカ==>久々で3度目くらいだったか?

以前にも頼んだハンバーグ定食=850円を
クリックすると元のサイズで表示します

手作り感が愛らしいシェイプである
クリックすると元のサイズで表示します

そして前回同様、なぜかかなり遅れてやってくる・・・
クリックすると元のサイズで表示します
味噌汁付き。

前回はこんなだった↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/1781.html



晩飯は寿美吉で
クリックすると元のサイズで表示します
もつ煮込み+大ライス=850円。この後、いつも通りに山ほど七味唐辛子をぶち込んで食らいました。もつ煮+白米やっぱ素敵。


あ・・・武蔵中原で口にしたもの・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ドトールの新作らしいティラミスラテL=420円。確かにティラミス風。



夕方6時ごろ武蔵溝ノ口の駅前で演奏をしてた女子2名+男子1名の3人組。なんか良かったなあ・・・演奏上手だった。小洒落たコード進行も、意地でも(?)チョーキングしないストラト弾きの兄ちゃんも・・・カホンとプチシンバルのパーカッション、ギターボーカルの姉ちゃん2人も楽しそうだったし・・・若いって良いです。


と言うことで明日は鴨居です。

2010/12/7

「折れた竜骨」 米澤 穂信  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

舞台は12世紀末の欧州の小島ソロン、魔法の溢れる世界。不死の怪物「ディーン人」の襲撃に備える中、偉大な領主は暗殺者の魔術により殺される・・・16歳の娘は暗殺者を敵として追う騎士と従騎士助けを借り父殺しの犯人を暴こうとする・・・暗殺者に"操られ"犯行が可能だった人間は?そしてその時ディーン人の襲撃が・・・そんなお話。



時代物小説は割りと苦手・・・特に欧州の時代物はなあ・・・と思いながら読んだら・・・良いですね。推理Vs魔術なコンセプトの作品の模様だが、それよりそれを取り巻くドラマの方がなんか素敵。普段とは切り口の違う作品も、やはりさすがです。好きです。

どーなることかと思ったけど、結果、非常に面白かったです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ