バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2010/11/30

缶詰祭り+6Pチーズ3P分  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
割と久々。

オリジナルレシピによる復刻鮭缶、やっぱ普通のより美味い&懐かしい気がする。

なんか昼間はそこそこ平和だったのだが、夕方から色々と・・・週末にがっつり寝たのに疲れが抜けて切れてない&また上積みな感じなので・・・・

そこそこ早めに寝ます。
タグ: 缶詰 チーズ

2010/11/29

いわゆる「カレー」とインド料理は別物である  食い物の話とか

以前「ヒーハウス」と言うカレー屋のあった場所・・・営業しなくなってもう2年程か・・・建物のたたずまいはずっとそのままだったが、今日会社帰りに通りかかったらすっかり風貌が変わって・・・またカレー屋が?復活かと思ったが・・・いや・・・どうもインド料理屋か。「スパイス料理ミラクル」と言う店らしい。

んで入ってみた。でこんな感じで・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
バターチキンカリー(だったかな)のミラクルホット+タンドリーチキンX3=1850円。ナンとライスはお変わり自由の模様。タンドリーチキンは1本300円だったので小さいのかと思い3本たのんだが・・・それぞれモモ1本づつ==>コストパフォーマンス高し。ミラクルホット=危険なほど辛いと言う設定だったのだが、ベースの甘みの強いカレーだったこともあり個人的にはもっと辛くても良かったかなあと。きちんと本格的・・・と言うか美味かったです。


でも・・・ヒーハウスのカレーもまた食いたいなあ・・・と。日本人にとってのカレーとインド料理は別物で、インド料理はそれはそれでたまに食うと素敵に美味いが、しょっちゅう食うならやっぱ「カレーライス」であるなあ・・・美味いカレーライス食いたい。


前回会社行ったのが11月4日だったので・・・・25日ぶり?そんな感じの出勤だった。出張は出張で疲れるが、会社は会社でまた別の疲労感が・・・年内落ちつかねえかな・・・できれば年末に大連休を取ろうともくろんでるのでとっととトラブルを片付けないと・・・と前向きなんだか後ろ向きなんだか自分でもわからんがともかくヘロヘロはデフォルトでんで明日は火曜日・・・・相変わらず意味不明。

ぼちぼちシャワー浴びて就寝準備に入ります。

2010/11/28

週末食ったもの  食い物の話とか

があっと一気に・・・

土曜昼、小樽食堂にて
クリックすると元のサイズで表示します
まかない丼=950円。下品な感じがナイス。

土曜夜、よしのにて
クリックすると元のサイズで表示します
カツどん+かけそばセット=950円。おっちゃん・・・調子悪かったのかな・・・出来がいつもと違った・・・


日曜は結果一食となった・・・レッドロブスターで
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで2299円・・・・まあカラマリのフライはサービスで、「2255円以上のお食事の際・・・」って事だったのでこう言う事態になった次第。鶏の胸肉のフライはなかなか美味しで・・・一方ズワイガニのピラフはおかずが欲しくなるほどの平面テイスト。結果としては鶏をおかずにピラフ食っていい感じでした。しかしもう3時近かった事と、食った量より夜腹減らず、これ一食となった。


本日のBGM
クリックすると元のサイズで表示します
ボニーピンク→バーナードエドワーズ→ジャミロクワイ→相対性理論・・・・いやなかなか違和感無く(?)バランスよろしでした。


んで、明日は久々の出勤。久々なんで待ち遠しいかと言えばぜんぜんそんなわけは無く・・・・まあ今週は週末2日丸まる休めただけでも良しとせねばなるまい。と言うことでブルーマンデーに突入・・・・

2010/11/28

とりあえず道中食ったものを一気公開・・・・  食い物の話とか

大量にありすぎて整理が付かないので・・・まずはごそっと上げて見ることにした。


アメリカ
クリックすると元のサイズで表示します

メキシコ
クリックすると元のサイズで表示します

タイ
クリックすると元のサイズで表示します

中国
クリックすると元のサイズで表示します


と・・・・後々気合があれば特に印象的な奴をピックアップ・・・するかなあ・・・

メキシコ、タイは食い物美味いです。タイは甘酸っぱい系のが苦手だけど・・・それ以外は美味し。まあ中華ほど食傷に至ってないと言うのもあるか。中華は・・・もう見ただけで最近は萎えます・・・中国でも中華以外のものが(台湾風もナイス)出てくると癒されます。


しかし道中一番癒された食い物は・・・メキシコからタイへは調度良い直行便も無く、成田で一泊したのだが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
東急エクセルホテルの自販機でGETした、カップヌードルとじゃがりこ・・・・いやあ、癒されましたっ!!


やっぱね、ジャンクでもなんでも日本で育ってこの歳までなると日本の食い物が一番癒される。米国駐在中も思ったが、1日2日ならともかく・・・・日々の糧はやっぱ母国の味が良い。

特に中華は・・・本土のは癖が強いんでやっぱ最初は物珍しくても、食いつけると日本人にはきついと思われる。逆に、日本に住んでいても中華料理しか食わない中国人の気持ちも良くわかる。



ビバメイドインジャパン


2010/11/28

タイのタバコへの表示義務  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

この様に・・・タバコに関する衝撃画像を表示することが義務付けられてる模様・・・

もちろんカートンBOXのみではなく、本体の箱にも
クリックすると元のサイズで表示します
なにやら腐った足バージョンだが・・・喫煙との因果関係は?

中身は普通でした。

2010/11/28

「ブルー・ゴールド」 真保 裕一  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

一流商社勤めだった薮内は・・・とある事件のとばっちりで、社外=小さな商社「ゴールド・コンサルティング」へ左遷・・・で会社辞めちまえと部長殴ってみたら局長に呼ばれ「早とちりだな・・・表向きは左遷だが、優秀だからスパイとして送り込むんだよ!!」ってどゆことですか?んで言った先にはまたとんでもない社長が居て・・・ただものすごいやり手だ。そんな中もまれて水がらみの大商談の中、なにやら妨害の動き・・・誰の陰謀??ここで引いたら男が廃るし大赤字=会社存続の危機。陰謀の主を暴きだして再逆転を・・・そんなお話。


スリルたっぷり、各キャラ濃く、伏線の張り方と回収も手際良く・・・王道エンターテイメント小説ではと。シリーズ化されるなら続きが読みたい気もする・・・・んで映像化向きですね。

非常に面白かったです。

2010/11/28

「世界の終わり あるいは始まり」 歌野 晶午  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

近所で起こった小学生誘拐殺人事件は東京近郊での連続殺人事件に発展する・・・そんな中富樫修は小学生6年生雄介の部屋で偶然「名刺」を発見する・・・その時は小さな違和感だったが、その名刺は雄介が持つには不自然な被害者家族の物だった・・・気になりさらに調べれば調べるほど、自分の息子と犯行のつながりを指し示す証拠が・・・そして疑惑が確信に変わった時には・・・そんなお話。


ともかく・・・この親父の妄想がすべてのこの物語のキーであり・・・おお、そんな所まで!!ってのがある意味コメディー的でもある。あくまで馬鹿な妻(母親)と可愛い娘(妹)も物語のスパイスとしては吉。とくればラストは・・・ああそうですか・・・

面白かったです。


2010/11/28

「風が強く吹いている」 三浦 しをん  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

読み始めて気づいた。これ確かヤンジャンで漫画化されて連載してたのだが・・・別の雑誌にお引越しになって、中途半端な状態で結末が若干気になってたのだった。ああ・・・小説が原作だったのか・・・映画かもされてるらしい。


高校時代は注目も集めた長距離アスリートだった・・・しかし今は空腹に耐えかね、パンを万引き・・・そして剛脚で逃げる!!金が無いので大学構内で野宿生活、そんな大学1年生「走」・・・・は新4年生「ハイジ」に拾われる。格安で入った竹青荘にはユニークだが気のいい住人たち、走はそんな中の10番目のメンバーに。そしてある日ハイジがとんでもない事を宣言する。竹青荘のメンバー10人で箱根駅伝を目指す!?ってハイジ以外の9名は「マジですか???」・・・・そんなお話。


いやあ・・・一部玄人交じりとは言え、素人集団が激戦の箱根駅伝を目指すと言うトンでもなストーリーなのだが・・・かなりポップなキャラたちを上手に集め、汗と努力と友情と軋轢と恋と笑いとなんだかんだがてんこ盛りに詰め込まれ・・・痛快青春ネオスポコンに仕上がってます。もう最後はフィクションながら応援しまくってる自分が居ます。まっとうなエンターテイメント。

非常に面白かったです。

2010/11/28

「舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵」 歌野 晶午  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します


舞田ひとみシリーズ第二段、前回11歳だったひとみも中学生に・・・放課後にばったりあった小学校時代の同級生となんだかんだつるむことになって・・・んでいろんな謎に行き当たる==>んでときどき探偵・・・そんなですか??


第一弾の感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/2598.html


ほのぼの系です。とんちの効いた膝打ち系ミステリィなのは前回同様です。んで確かに少し大人にはなっている。次回の予定は17歳だそうで。うざいくらいストレートに明るいひとみが、どんな17歳になるのか?

面白かったです。

2010/11/28

「太陽の村」 朱川 湊人  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します


身長167センチ、体重124キロの「長髪豚野郎」なセミ引きこもりなオタクフリータな俺=坂木。強引に連れて行かれ、全く楽しめなかった家族とのハワイ旅行の帰りの飛行機が・・・墜落??気が付いたときは海辺にたどり着き・・・そこはどう考えても文明開化前の日本の村。金太郎に桃太郎・・・んでもって年貢?仇討ち??忍術???海坊主扱いされた俺・・・さあどうする?こんな村でどうやって生きていくのか???んで家族たちはどうなっちまったんだ????てなお話。


間抜けなエンターテイメントでほのぼの。ことごとく馬鹿っぽい感じが疲れず読める・・・そんな感じだったかと記憶しております。

面白かったです。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ