バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2010/2/28

身体が芯からヘロヘロである・・・  食い物の話とか

でも食欲はガッツリ、きっちりあるのが不思議。

昨日のお昼は
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ジンギスカン@小樽食堂=1020円。
安定感ですね。

昨日の晩飯は・・・なぜかよしのが閉まってたので
クリックすると元のサイズで表示します
かけそば(450円)+ネギトロ丼(800円)@寿美吉=1250円。
ルイベ的なシャリシャリマグロが暖かいご飯(酢飯じゃないのがさらに良し!!)といい感じのハーモニー。蕎麦屋であら汁が出てくるのもなんか不思議だが良い。


今日のお昼は
クリックすると元のサイズで表示します
焼き鳥丼@小樽食堂=840円。
結構生姜な感じだった。


今日の晩飯は
クリックすると元のサイズで表示します
グランマ400g7辛@CoCo壱=980円。
食い納め。


今週末のBGMは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じで。


購入済みで未読の小説がそろそろ50冊を超え・・・そういう意味では観てないDVDも結構なストック。読みたい&観たい物に読む&観るパワーが追いついてない。一方今日はお出かけするつもりも週の半ば暗いまではあったのあが・・・・この芯のだるさを引きずったまま月曜へ・・・どうせウィークデイはだるいのだが・・・せめてちゃんと寝よう、今夜。


2010/2/28

「カレンダーボーイ」 小路 幸也  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

三都がある朝目が覚めると、自分は38年前で小学生・・・あれ?俺今大学教授・・・と面食らって入ると、教室には面食らってる奴がもう一人。当時の同級生で今は大学事務局長の安齋。おいお前もかと・・・明日はどうなってるなろうな・・・で目を覚ませば現代で・・・え?でも安齋も同じ夢を??夢にしちゃおかしいと思ったら、その日から二人は現代と過去を交互に繰り返す・・・そして当時の後悔と現在の問題を解決するためにある行動を起こす・・・そんなお話。


この人の作品の中では、ちょっと軽快さにかける気はする・・・のは登場人物のキャラ故か?後最後が少し追っかけで尻つぼみな気も・・・でも、ポイント・ポイントで登場人物達が味を見せるのは相変わらず。結果優しい物語であるのもいつも通り。ある程度ならきっちり満喫です。この人の作品のお勧めを聞かれて「これを読んだら?」と薦める事は無いと思うけど、この人の作品好きなら読んでおかねば気になるよねと言うか・・・よくわからんですね。


まずまずなら間違いなく面白かったです。


2010/2/28

「僕たちの旅の話をしよう」 小路 幸也  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

森に住む少女が、風船につけて飛ばした手紙が3人の東京に住む小学生達のもとへ届く。その手紙を通じて知り合った3人の少年・少女達は、それぞれにちょっとした「特技」を持ち、ちょっとした「家庭の事情」を持つ。そんな彼らはいろんな懸念される難関を乗り越えて、夏休みに森の少女に会いに行こうと計画するが、そんな時に彼らを取り巻く事情に・・・・そんなお話です。


ローティーンの冒険物と言うと、真っ先に浮かぶのはやっぱ「STAND BY ME」か・・・まあ定番ですが、なんと言うかここで展開される物語は「良質の定番」なもんで・・・・良いですよ。少年達の勇気と知恵と優しさとほんの少しのしたたかさが非常に気持ち良く、わくわくもするしほんわりともするし、さすが小路作品と言う感じですね。

非常に面白かったです。

2010/2/28

「アクセス」 誉田 哲也  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

パソコンのキーボードのマッピングが突然おかしくなる。それはなんとなく治ったが・・・・今度はいくつかのキーの反応が異様に悪い。そろそろ寿命か?

で・・・読んだ本・・・・次の人を紹介すると携帯もインターネット接続もただになる、そんなサイトに登録していった4人の高校生達が巻き込まれる異様な事態・・・と言う電脳ホラー系のSF小説・・・ですか?


誉田哲也の出世作らしい。荒っぽい感じもまあスピード感と捕らえればそれはそれで。読む人を楽しませようと言うエンターテイメント感はこのころからきっちり。

面白かったです。

しかし・・・これだけ文章打つのにすでに腱鞘炎になりそうな勢い・・・PC新調するかな・・・・
タグ: 小説 ホラー SF

2010/2/27

パソ不調につき  分類なし

色々投稿は明日以降で。とりあえず携帯から。

2010/2/27

「DOWN TOWN」 小路 幸也  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

時は1970年代後半、「男子禁制?」との噂もちらほらの・・・旭川にある喫茶店「ぶろっく」。ふとしたきっかけでそこへ通うことになった高校生の省吾。そこへ通う女性達と、数少ない男子たちと家族のような暖かい空間で・・・でも色々と訳ありだったりもして・・・少年が少し大人になっていく家庭を描いた青春物・・・ですか?


ストーリーはフィクションも、作者の通ってた喫茶店、店名もそのまま「ぶろっく」での思い出が凝縮された物になってるとか。ストーリーはあくまでも淡々と、そんで・・・・ふわっとして、暖かく、ちょっと甘酸っぱい系の昭和の青春の一こま。

面白かったです。

ちょっとだけ「HOMETOWN」とも絡みあり。

ホームタウンの感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/2003.html
タグ: 小説 喫茶店 青春物

2010/2/26

殿下と名匠  音楽の話とか



PRINCE & Maceo Parker

いやあ・・・・どっFUNKYです。

どっちもやっぱかっちょいい。

大好きです。
タグ: PRINCE Maceo Parker

2010/2/26

疲労と倦怠はリーマンのデフォルト設定ではあるのだが  食い物の話とか

それにしても、えらいヘロヘロである。

足のつり易さ具合も半端無く・・・

まあそんな中夕飯は魚貝亭で
クリックすると元のサイズで表示します
今日の日替わりはカレイの一夜干し定食=1029円。

ご飯お代わり自由も相変わらずなので・・・そうだと知ればお代わりしなければいけない義務感すら感じてしまうわけで・・・ヘロヘロでも食欲あり、満腹。昨日の超高級食とはまた違い落ち着ける味わいでナイス。


そしていかにヘロヘロでも今から爆睡出来るのはナイスである。ともかく週末!!さあたっぷり寝っぞ!!

2010/2/26

画像は無い  食い物の話とか

今日の晩飯はここで

http://www.ukai.co.jp/yokohama/

ワインがついて一人当たり推定・・・2万円位か・・・もっと上?横浜うかい亭・・・・絶対自分の金で行く事は無いだろう・・・まあとりあえずは社長と名のつく人間が三人もいたので、それでこその高級感度か。

メニューは覚えてる限り・・・

前菜:カワハギのマリネ、肝ソース==>やっぱカワハギの肝は美味い(ほかタラバ蟹んのジェルよせ、カサゴのから揚げのトリュフソース、フォアグラのオレンジソース・・・のうちからの選択)

スープ:小柱(アオヤギの貝柱)のクリームスープ==>何と言うか・・・美味い。

そん次:帆立貝のソテー==>ソースはやや柑橘系の酸味のあるクリームソースで・・・あんな立派なホタテ見るの初めて?付け合せのほうれん草まで高級感漂う。

メイン:サーロインステーキ==>めっちゃ霜降り・・・・その後チラッと出た脂身のソテーもめちゃ美味・・・・

〆:リゾット==>なんか高級・・・・そうめんも選べた。

デザート:わざわざデザートは2階に移動して食らうシステム。なんか小洒落たちっちゃいパフェ的な物と、エスプレッソと、誕生日の外人が居たゆえのショートケーキと・・・・



上流階級ってやつ・・・・ですか?




いや・・・きっと中流の大盤振る舞いくらいなんだろうな、まだまだ。


まあ社長が3人もいたわりには砕けたディナーではあった。日本人の社長の一人が定番らしい下系のアメリカンジョークをいっぱい語ってたが・・・まあよく知ってるな、さすがに。

たとえばこんなの

グッドな秘書とエクセレントな秘書の違いは・・・
グッドな秘書は朝「グッド モーニング(おはよう)」と言う。
エクセレントな秘書は朝「イッツ モーニング(もう朝よ)」と言う・・・

まあこんなのが一杯。

えーと・・・とりあえず疲れました。昨日より増量ででしゃばって見ました。英語と日本語・・・同じ事を両方で言わなきゃいけないシチュエーションは英語単独よりずっと疲れる・・・そもそも高校時代、英語ずっと赤点だった・・・・かつ大学でも単位落とした花男は元来英語向きではないのだ。よって脳消耗。

まああと一日踏ん張れば週末なのはせめてもの救い。



2010/2/24

リンガーハットで  食い物の話とか

たまにはオーだに変化をつけようかと、じゃあ皿うどんかなと、入店する前はそんな風に思ってたが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
なにやら限定チックなメニューが・・・・それならとその中から
クリックすると元のサイズで表示します
もつ鍋ちゃんぽん=898円を、無料だったので麺増量で。

まあ・・・縁起もんなので・・・こんなもんか?不味くは無いけど、キレとパンチに欠ける味わいで、もつの量もちょっと寂しいな。ここではそこそこ値が張るし、だったらレギュラーラインナップからのチョイスのほうが正解な様で。



本日は、偉い外人さんたちとお客さんと。先方は英語が概ねしゃべれない系で、一人通訳を帯同してたのだが・・・・花男より英語は当然堪能も結構雑な通訳で流れを切りたくなかったのでやばいところ以外は訂正しなかったが・・・ああ、こうやって言葉の壁で誤解が積もっていくんだよなと・・・いろいろ難しい。たどたどしくても通訳を介さないほうが誤解が少ないケースは多々ある。

明日もこんな感じでかつ夜つき。どうやら相当高級な晩飯が待ち受けてるらしいが・・・・さすがに写真は無いだろうという予定。ともかく・・・明日は多分内容的にもう少しでしゃばる必要もあり、脳をリフレッシュしないと。風呂入って寝よう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ