バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2009/10/31

土曜日が逝ってもまだ3連休残ってるという事は素敵な事である  食い物の話とか

首も伸ばして、体調もやや回復。

お昼は定番
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
小樽食堂でジンギスカン定食=1020円。
かなり食ってるが・・・まだ飽きないな。むしろ常習化している。


晩飯は、こないだの日曜日のリベンジというわけではないが・・・・「腹いっぱい」カレーうどんを食いたかったので寿美吉へ
クリックすると元のサイズで表示します
カレー南蛮うどん大盛り=900円。
写真だとどのくらいの量か伝わりにくいが・・・・
こっちの写真の方がまだ伝わるか?↓
クリックすると元のサイズで表示します
大き目のラーメン丼になみなみなカレーうどん・・・そのくらいのイメージ。満腹で幸せ。醤油が頑張る感じの味わいも結構好みである。

涼しくなってきた昨今、これからどんどんカレーうどんの季節である。

他・・・BGMは据え置きで、本読んだりギターいじったり、まったりと。
明日もまたまったりして、月曜は釣りに行こうかと言うのが今のところの予定。ビバまったり。

2009/10/31

「まほろ駅前 多田便利軒」 三浦 しをん  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

東京はまほろ市、まほろ駅前で便利屋を営む多田。正月早々駅前のバスロータリーで同級生を拾う・・・高校時代一言も発声をしなかった変人・・・厳密には一度だけ、小指を切り落とした時に「痛い」とだけ言ったが・・そいつはやけに饒舌になっていた。転がり込んだ変人と・・・チワワの世話や小学生の塾の送り迎え、そんな仕事の依頼がどんどんヤバイ話に・・・そんな感じ?


なんか昔の日テレのドラマ風のハードボイルドコメディーな、そんな香りもしつつ・・・・乾いた感じの中でもたっぷり人間くさい・・・なんか良いです。便利屋も娼婦も女子高生もやくざも女医も小学生も、みんないい味出してます。第135回の直木賞受賞作らしい。

面白かったです。スピンアウト作品集も入手済みに付き、さっそく読み始めようか。

タグ: 小説

2009/10/31

「海紡ぐ螺旋 空の回廊」 高里 椎奈  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

どんな話だったっけ・・・たった今読了もそんな感じなのは、物語の設定&世界観が全く把握できず・・・全てが右から左へ受け流されたから・・・

急な出張の最中、電車での時間つぶしに購入したんだけど・・・途中で気づいたらシリーズ物の完結篇?単独作品として楽しむのは結構無理がありそうな感じだが・・・面白そうな雰囲気はそここにあったので・・・順を追って読んでけば楽しめそうな気がする。ではと思えばこれが13作目か・・・1から追ってくのは結構なパワーが要る。

出会ってしまったのも縁といえば縁だが・・・どうしようか考え中。
タグ: 小説

2009/10/30

さばいしでさんま  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
久々にさばいしへ。

日替わりB定1=さんま定食=600円。

秋刀魚って秋が深まるほど脂が乗っていくイメージがあったが・・・そうでも無い・・・獲れた時期は最近じゃないのか?でも十分美味かった。ちゃんと焼いた魚は美味い。そろそろ「生」秋刀魚も終盤ですか。

追記:わかめの味噌汁に何故か豚肉が入っていた。不思議ではあるが美味かった。豚汁・・・ともまた異なる味わい。


本日は急に割りと平和で。そして明日から4連休!!
かな〜りやばくなった首をまずは伸ばして・・・・ともかくリフレッシュである。月曜は世間は平日・・・天気がよければ釣りに行っても良いな・・・現段階では夢も広がる4連休。

でも現段階で肉体的にはヘロヘロ。まずは爆睡から。
タグ: 秋刀魚

2009/10/29

色々あって・・・  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
缶詰祭り。

とりあえず明日頑張れば・・・・

心身双方要リフレッシュ。
タグ: 缶詰

2009/10/28


クリックすると元のサイズで表示します
魚貝亭にて。水曜日の曜日サービスメニュー=魚貝亭丼=1050円。
やっぱ高いコストパフォーマンス。

でたった一切れだが、今日のトロは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
割とちゃんとトロだった。

本日の土下座の予定は回避され(延期と言う噂もある)、小さい波乱はあったが比較的平和ではあった気がする。しかしまだ中日か・・・後二日頑張れば・・・そして気づいたらうちの会社月曜も休みで今度の週末から4連休の模様。まずは耐えて偲んでいなしてやり過ごし・・・そこでリフレッシュとしゃれ込みたい。

しゃれ込むって何だ?

2009/10/27

土下座会議は比較的平和に終わり・・・  食い物の話とか

ただしゃべり倒したので結構疲れた。

営業者で家のそばのレッドロブスターの所まで送ってもらい、そのまま飯を食っていく。
クリックすると元のサイズで表示します
ブルークラブがお勧めっつう事で・・・
クラブブイヤベースリゾットピラフ=3480円。
2〜3人前とあったが「男の方なら一人で食べていく方も多いです」っつう事だったのでこれにした。

ひとしきりブイヤベース食らったら
クリックすると元のサイズで表示します
サフランライスをリゾットにしていただく。

美味かったし、量もまあ良い感じだったが、3480円はやはりちと高い。



とりあえず今日の土下座は乗り越えたが(アメリカ人がやらかした件)、明日また別の土下座(中国人がやらかした件)巡業の可能性あり。まあ頭下げるだけなら安いもんだが。

ヘルニアが悪化して・・・なんかギターが・・・チョーキングがちゃんと出来ないくらい手が痺れてるのだが・・・土曜に首伸ばしたら収まるだろうか?そしてまだ今日は火曜日・・・・

2009/10/26

平和は訪れないが・・・  食い物の話とか

MAX見れる時間に帰宅、それを見ながら家で仕事出来る程度には修羅場ではない。

でもまあ食事は
クリックすると元のサイズで表示します
こうはなる。雨だし、祭りです。


MAX....仕事しながらでがっつり見れなかったけどそれでも結構面白かったな。録画してるので週末改めて見るか・・・魔裟斗の解説、きっちり解説っぽくって良い。

と言うことで明日は土下座予定。
タグ: 缶詰

2009/10/25

まだ天気はパッとせず・・・  食い物の話とか

そのまま週末はまた逝ってしまう・・・

お昼は雨がそぼ降りそうな感じだったし・・・結局何も考えなければ近場の小樽食堂。

今日は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
1440円から長い1340円時代を経て・・・なんか今度は1000円切ってきた小樽海鮮丼を。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
まあ1000円切るなら・・・こんなもんだろうか。丼自体は前より大分グレードが下がったが、コストパフォーマンスは上がった?でもやっぱこの手のメニューだと魚貝亭に軍配が上がるな。味の方もそんな感じ。野菜蒸篭のとうもろこしもちょっとしなび気味・・・これは季節柄やむなしか?

ちなみに1340円時代はオーダしなかったが、1440円時代はこんなだった↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/1731.html

きっと来週末もお昼は1回は小樽食堂。1回ならジンギスカンだな。2回行ったら・・・何食うか・・・


晩飯は久々朝日屋へ。なぜかというと
クリックすると元のサイズで表示します
カレーうどんが食いたかったから。カレー南蛮大盛りで940円。
大盛りながら寿美吉の挑発的な盛りとは対照的に・・・結構上品な盛り。

そんな上品な盛りだったのと・・・・なんか餓鬼モードで・・・食欲が止まらない・・・これでもある程度は・・・なるべく普段は抑えてるのだが(そーは見えなくてもそーなのだ)、抑えが利かないことが年に何度か訪れる。
クリックすると元のサイズで表示します
明日からの節食を胸に自分へ大盤振る舞い。さすがに胃も多少は落ち着く。


本日のBGM
クリックすると元のサイズで表示します
本日GETした原田知世の新譜(上段右)、やっぱ中々ナイスな気配。下段のお洒落さん3人組"DESTRUMENTS"もなんかサラッと聴くには気持ちよい===>JazzyでFunky、気持ちHIPHOP。


週末が逝く情景と言うのはきんどうさんと同い年になってみてもこうも切ないのだなあ・・・と、織田信長の時代なら人生後8年な独身中年リーマンは今週末もブルーになるのだった。今日も睡眠補助薬飲んでとっとと寝ようか。

2009/10/25

鴨川ホルモー  映画とかドラマとか

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは万城目学作品の映画化。

原作読んだ時の感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/928.html


京都で1000年を超え、ひっそりと語り継がれる伝統競技・・・ホルモー?「至って普通のサークルです」と新勧コンパに誘われた安倍は、自分のスケベ心にも足元をすくわれ、怪しい「ホルモー」の世界へと・・・・そしてスケベ心の更なる迷走と微妙なプライドの確保のため、封じ手「十七条ホルモー」の発動を・・・てな話。


えーと・・・こんな話だったっけ・・・・いや、確かにこんな話だったな・・・うむ。映像化するとここまで馬鹿っぽい話になるのか・・・いや、もともと果てしなく馬鹿っぽい話だっけ・・・あれ?

原作には1ミリ程度残っていた、勘違いかも知れぬ程度のワビサビと言うか「機微」的なものが消えうせ、極めてシンプルな大馬鹿青春コメディーとなる。「オニ」達も原作には多少そこはかとなく漂っていた神聖感が完全消失。十七条発動後の追い込まれ度合いも薄く、「やらかしちまった」感も後退・・・が、それはそれで潔い。真性青春馬鹿コメディーと言う事でこれはこれで良い様な気はする。

それなりに楽しめました。どちらかのみ行くなら原作がお勧め。両方行くなら原作先かな?




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ