バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2009/2/22

武士道エイティーン?  活字もすっげえたまには読むぞ

出るらしい。何時?

何やらサイドストーリー的な物がweb連載中。

http://bunshun.jp/pensee/bushido18/index.html

とりあえず一気に読んでみた。

ともかく、本編リリースが楽しみです。


「武士道シックスティーン」「武士道セブンティーン」の感想

http://moon.ap.teacup.com/hanao/1518.html

2009/2/22

「廃墟建築士」 三崎 亜記  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

もう一冊、三崎亜記ものを読む。

今回は「建造物」にかかわる荒唐無稽な設定の短編が4編。

七階闘争:とある街で集中した「七階」での事故・犯罪。市は「七階の全面撤去」を決定する。その時「七階」を守ろうとする者たちが・・・

廃墟建築士:「廃墟後進国」だったわが国も、今では国の体制も整い。ただ「廃墟建設の本質」見失った・・・

図書館:夜の図書館は「野生」を取り戻す。それを一般公開するための「図書館の調教師」が・・・

蔵守り:蔵と蔵守りと守るものと世代交代と・・・・



そんな感じです。

テイストは一緒。謎は謎のまま、当たり前のように物語は進みそして終結する。喜怒哀楽で言えば「哀」強めでなんとなくほわっと優しい。動物園→図書館へのつながり・・・未だ続くんだったらこれはこっちの連作の線で単行本化しても良さそうな・・・この作品集も面白かったですが、何冊か続けて読むと同じテイストだけに、ほんのちょっぴりだけトゥーマッチかも・・・合間合間にはさむのが正しい楽しみ方の様な気がします。
タグ: 小説 SF

2009/2/21

晩飯は・・・  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
「そば処よしの」でしょうが焼き定食=750円。

大量のキャベツと家庭の味的な仕上がりのしょうが焼き、中々ナイス。かぼちゃはサービス。

本日のBGMは
クリックすると元のサイズで表示します
ここからの・・・

クリックすると元のサイズで表示します
こういう感じで。

何枚か聴いたが・・・どうも凄すぎ&色んな顔がありすぎて、良くわからないフランクザッパ→この2枚は素直にカッコイイと思える、確かザッパ初体験の2枚。

岡田 有希子は同学年。自殺したのは花男の大学の入学式日かその前日くらいだったっけ・・・

ラットルズ・・・パロディー抜きにしても・・・良いんだよね・・・

ネビルブラザーズもレニーニもトリオモコトもピーターシェラーもギルスコットヘロンもケイクもいい感じでした。


現在久々に「天使な小生意気」を一気読み中(現在8巻)。やっぱ良いです。

http://moon.ap.teacup.com/hanao/100.html

2009/2/21

「バスジャック」 三崎 亜記  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

実はおっさん(?)、三崎亜記の短編集。

二階扉をつけてください:妻の不在中スルーした回覧板。「回覧板に書いてあったでしょっ!?早く二階扉をつけてください!!」近所からの苦情・・・

しあわせな光:過去の風景と・・・

二人の記憶:微妙にすれ違う、一緒に過ごしたはずの彼女との記憶・・・

バスジャック:世間ではバスジャックがブームとなり、今日乗り合わせたバスでも・・・

雨降る夜に:「お借りした本だけは濡らさない様にと思って・・・」それが彼女の最初の訪問だった・・・

動物園:私は動物を演じる異能者の派遣会社のエージェント・・・

送りの夏:ある日突然蒸発した母。あせらぬ父。居場所を突き止め母を訪ねると、そこで母が一緒に暮らしていたのは・・・


そんな感じのちょっと不思議な短編集。

何と言うのか・・・こう・・・うん、面白かったです。ショート・ショート風な毒っぽいのもチラッとあるけど、ふわっとやさしめのお話多めです。設定の荒唐無稽さが、よりそういう部分を際立たせて・・・全部良かった。「バスジャック」と「送りの夏」が特に好きかな?


2009/2/21

若干の異変  食い物の話とか

小樽食堂大和店、ランチレポータの花男です。
同店のランチ状況に若干の異変がありましたのでご報告いたします。


・・・・と、別のところで飯食おうかとも思ったのだが、心身ともにパワー不足で、またしても一番近場の小樽食堂でランチしばいた本日のお昼であったのだが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
メニューの顔ぶれはあまり変わってないが、微妙に値上げ?
内税だった価格が外税前提になってる感じだ。

二つほど比較、それぞれ上が以前のもので下が今回のメニュー表示。
クリックすると元のサイズで表示します
このメニューで言えば、しいて言えば味噌汁が追加に。それで49円UP(多分端数サービスになるので実質40円)の値上げという事か。大体他のメニューもこのパターン。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは寿司が2貫減って・・・豆腐+惣菜が温そばに変わっての164円UP。


いろいろ儲けが出てなく厳しいのだろうか・・・などと考えながら結局ジンギスカンの肉ランチ=1020円をオーダー。
クリックすると元のサイズで表示します


「・・・・ん?」


クリックすると元のサイズで表示します
左が前回、右が今回・・・



野菜激減



クリックすると元のサイズで表示します
鉄板の風情も若干さびしく・・・・

世知辛い・・・のか?


でも美味しくいただきました。多少はパワーチャージされました。
クリックすると元のサイズで表示します

さて・・・まったりしよ。



2009/2/20

仕事に中々けりが付かず・・・  食い物の話とか

結局11時過ぎまでかかる。

ヘロヘロ状態でチャリこいで・・・

さっき帰宅。

ヘロヘロなので
クリックすると元のサイズで表示します
鮭缶食らって寝ます。

タグ: 鮭缶

2009/2/19

2月末で有効期限切れのドリンクバーただ券があったので  食い物の話とか

今日の晩飯はBig Boyで。

クリックすると元のサイズで表示します

間違い探しではない。

上段左:コーンポタージュ・オニオンスープミックス
上段右:オニオンスープ
下段左:野菜スープ
下段右:コーンポタージュ・野菜スープミックス

と言う配置。

でオーダーは
クリックすると元のサイズで表示します
ほくほくにんにく大俵ハンバーグのスープセット=1344円。

なんかいろいろ店側の手際のミスがありもたついたため・・・
クリックすると元のサイズで表示します
生度はいつもより大分低めで・・・

でもまあ多少の物足りなさも、美味かったです。


最後に〆る
クリックすると元のサイズで表示します

このシチュエーションで良く思い出す、以前会ったカナダ人との会話

http://moon.ap.teacup.com/hanao/1290.html


夕方くらいから急激にテンションが急落し群青可してきてるが・・・

「サラリーマンなら しょーがないのだあ♪」

は・・・ユニコーンだったか?復活したようで。

まあつらいときゃつらいのだ。

癒されたい・・・・


2009/2/18

午前中は大船  食い物の話とか

大船駅、南改札内側の
クリックすると元のサイズで表示します
「かまくらそば」で朝飯。

若干高め?
クリックすると元のサイズで表示します
さくらえび天そば=600円を食って見たかったが、売り切れてたので
クリックすると元のサイズで表示します
かき揚げそば=420円を
クリックすると元のサイズで表示します
こうしてからいただく。

かき揚げはサクサクから、ボロボロと汁になじんでいく感じが割と好み。麺はやわ目。出汁はすっきり目?総合的にまずまず「あり」。

待ち合わせまで20分ほどあり
クリックすると元のサイズで表示します
ドトールでエスプレッソ=250円。



でお客さん行って、事後打ち合わせでもう一回ドトールでエスプレッソしばいて、会社に戻る。途中藤沢駅で昼飯食おうと「THE PRIME」と言うビルの3階へ。
クリックすると元のサイズで表示します
何やら、3件の居酒屋がランチでしのぎを削ってる感じ?その中から「地酒 串焼き 宗」と言う店を選び
クリックすると元のサイズで表示します
あら煮定食、これにセルフのコーヒーとサラダが付いて=680円。
味は普通。でも何といっても安い。他の店も結構同じくらいの価格帯。大和より明らかに都会だが、侮りがたし藤沢駅周辺。



で会社戻ってお仕事。帰りに晩飯。
クリックすると元のサイズで表示します
「かつや」でカツ丼(竹)=682円。割と久々のカツ丼だった気がする。そう言う点も含めてなんか結構幸せ感あり。



そして現在結構ヘロヘロ。明日はVsアメリカ人7名程度の電話会議・・・・体力使うんだよな・・・何度か書いたが、最近つくづく日本語のみで構成された世界へ行きたいと、強く願う高校時代英語赤点の花男だった。


2009/2/17

でまた野菜食うために  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
リンガーハットで霜降り白菜ちゃんぽん=530円。

今日も美味かった。

しかし・・・近所にCoCo壱と小樽食堂とリンガーハットが無かったら、きっと花男のこの冬の生活はまったく別世界だったんじゃなかろうかと・・・妄想するくらいの頻度の依存率である→各店舗。

お世話になっております。





明日は午前中に大船方面へ。

2009/2/17

「BOX」 百田 尚樹  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

ヤンチャで爛漫な天才ボクシング少年鏑矢。その親友、いじめられっ子で特待生の木樽。鏑矢の以前からの誘いとある屈辱的なきっかけでボクシングを始めた木樽。愚直なまでにひたすらボクシングに打ち込み・・・一方の天才鏑矢は・・・そんな感じ。

あまりと言えばあまりに王道なネオスポコン。きわめて少年マンガ的。あ・・・こいつ死ぬな・・・とか・・・ひたすらこれでもかと定石を積み重ねた故、そこに新しさは一切無い。意外性や裏切りも無い。そういう意味で物足りなさと安心感が同居する。ただ定石の積み重ね方が丁寧で、それゆえかなりのボリュームも結構一気には読めた。「ビバ予定調和」とか言ってみたくもなるほどきっちりと仕上がっている。

面白かった・・・・のかな?うん・・・多分面白かった。少年マンガ好きだし。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ