バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2008/12/20

大連休初日はまったりと  食い物の話とか

お昼はカレー食いに行こうとCoCo壱向かう途中で・・・

どの道中にあるマンションの1階、カフェ&レストランある店舗、開いてるの初めてみた(気づいた)。思えば夜しか通ってなかったルートか。昼のみ営業なのね。
クリックすると元のサイズで表示します
ビオレッテとか言う店。入ってみる・・・と花男よりさらに大分上の世代のおば様達が4組ほど。客層が綺麗に透ける。表の黒板にあったポークステー=950円をオーダー。
クリックすると元のサイズで表示します
普通にポークソテー。値段から言っても、こないだの「spit」の一品と比較するのは酷だろう。もんのすごく「しいたけっ!!」なスープは独特。「しいたけ茶」に迫る勢いで「しいたけ」=花男はいけるが、好き嫌いありそうだな。スパサラダが惣菜っぽく結構好きな感じだった。

デザート付く。
クリックすると元のサイズで表示します
まだらにちょっぴり生クリームの混じった柚子シャーベットが中々素敵でした。紅茶はやたら尖って苦かった気が・・・



夕飯は「そば処よしの」へ。おばちゃんは近所の不幸で不在、おじちゃんが対応してくれた。ニコニコしながらゆったりペースで「『おそうしき』の『お通夜』で・・・居ないの・・・近所で不幸があって・・・」と語るおじちゃんは可愛いやら、違和感やら・・・

イカ天丼セットを
クリックすると元のサイズで表示します
イカの天ぷらって素敵だ。



イカの天ぷらを好きになったきっかけを漠然と思い出し・・・そこから何とか記憶を紐解いて見る。

子供の頃、近所に仲の良い同い年の男の子が居た。その子の家で遊んでいた。確か彼は小学校に上がる前に引っ越して行ったはずで・・・・とすれば花男が未だ幼稚園の頃か。

その男の子には、優しくて気風の良い感じな綺麗な(園児目線で)お姉さんが居た。その時幾つ位だったんだろう?園児からすりゃ「大人の女性」な訳だが、多少歳は離れてたとしても多分小学生位だったんだろうと思う。夕方暗くなって、そのお姉さんが家まで送って行ってくれる事になり、さらに「おみあげ」でその日その家であげていた天ぷらを大皿に一皿持って行ってくれる事に。その仲良かった子と三人で花男の家へ向かった。

その道中、お姉さんが「内緒で一個つまませてあげる」と言って、花男と友達にくれたのがイカの天ぷらだった。割と寒い日だった・・・気がする。薄暗い道を歩きながらパクついた揚げたてのイカの天ぷらの美味かったこと。ふわっとした衣とプリッとしたイカが・・・・

思えばもう35年くらい前のお話。今ではその仲良かった子の苗字も名前も思い出せない。家族ぐるみの付き合いだったが・・・・確認すべき両親ももう居ない。あの子も、綺麗で優しいお姉さんもどこかで幸せに暮らしていてくれたら良いなと思う、41歳の冬の大連休初日であった。

追加:本日組み替えのBGMローテ
クリックすると元のサイズで表示します
ロジャーもイエスもパーラも最高!!

2008/12/20

「真夜中の五分前」 本多 孝好  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

学生時代、恋人の死。五分遅れた時計。双子姉妹の片割れとの恋。失った残された片割れへの思い。キャリアウーマンな上司とそのライバルのおっさん。自分は何処で何・・・そんなお話なのか?

ミステリィでは無いが少しミステリアスなラブストーリー・・・ですが・・・面白かったです。

では何が面白かったかと言うと・・・良く判らないと言うか説明が・・・多分練られた展開と主人公の殺伐ぶりやら、脇を固めるキャラも効果的だったり・・・そう言う話になるのか?まあ良いや、面白かったから。

ドラマor映画向きっぽい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ