バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2008/11/24

食らったものは割と和  食い物の話とか

調度お昼頃、カレーでも食いに行こうかと、家を出ると大和中学校の向こう側に見える居酒屋「小樽食堂」がどうもやってるっぽい。じゃあ試しにと行って見る。

仕切られた個室風のところに通される。昼のメニューは
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じ(後はドリンク&デザートメニューは夜通り)。結構あるのね。

アワビとかジンギスカンもあって・・・それなりに惹かれないでも無かったが、とりあえず日替わりを。
クリックすると元のサイズで表示します
から揚げも美味かったけどちょっと変わってたのが

クリックすると元のサイズで表示します
蒸し野菜と鮭のなめろうの付け合せ。野菜になめろうを乗っけてパクッと行く。中々小粋。

コーヒーは飲み放題(放置して煮えてるけど)、ご飯はお代わり自由。さらに150円で
クリックすると元のサイズで表示します
カマンベールアイスも追加して、個室で落ち着いてランチを堪能出来る。これで950円ならかなりアリです。

隣からはジンギスカンの美味そうな匂いが・・・花男実は羊肉苦手でずっとジンギスカンも食ってなかったのだが、今年横浜の居酒屋で始めて食ってみたら臭みも気にならず結構美味い事が発覚。次の機会はジンギスカンか、はたまたアワビ&ホタテで攻めるか・・・また週末でもお世話になろう。


夕飯は一汁五穀
クリックすると元のサイズで表示します
鯵の一夜干し定食=1029円。上と比較するとこのメニューでこの値段は若干高いのかなと言う気はするが、まあ美味かったし。この脂の乗った大振りの鯵の開きを食うと、日本人に生まれて良かったとまたしても思う安い花男である。

薬に頼って見る事にした
クリックすると元のサイズで表示します
午後飲んでみたが、効いた様なそうでも無い様な・・・

まあ明日は仕事なので、しかも次週からは激動な予定なので群青でしかるべき。糧を得なければならぬ宿命からは当面(一生?)は抜けられぬ。何とか1日1回は爆笑したいな、ウィークデイも・・・

追記:そういえば今日から揚げ食って思い出した。から揚げが好きでたまに食いに言ってた市役所裏手の方の「中華かっちゃん」、数週間前行ったらつぶれたっぽい・・・悲喜こもごも。そういえば今週末洗濯忘れた。今からだと・・・最近一発で乾ききらないので、結構時間がかかるんだよな・・・とりあえず寝る前にセットして明日再乾燥と言うコースで行って見よう。

2008/11/24

「水の時計」 初野 晴  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

この人の「退出ゲーム」が割りと面白かったので、別の作品2作ほど入手したうちの一つ。

仲間割れをし、追い込まれている暴走族の幹部。そこな彼の元へやってきた「執事」の様な男。一千万円と引き換えに「少女」の願いをかなえて欲しいと。引き合わされたその少女は壮絶なまでの延命装置に繋がれていた。医学的には脳死状態にあると。しかし特殊な月明かりに照らされた時のみ特殊な機械を通じて話をする事が出来る。その少女の願いとは、自分の臓器を必要とする人達に分け与えてもらいたいと言う物だった・・・てな感じのお話。

そう、モチーフとなってるのはあの童話「幸福の王子」。マッチ売りの少女やフランダースの犬と並ぶ悲しい美話系のやつ。子供の頃結構好きだったな・・・そしてここでは、黄金の銅像王子が脳死少女で、王子の宝飾を必要とする人達に運ぶツバメが暴走族少年と言う設定に。まあそう言う事なので「悲しく美しい物語」と言う仕上がりになってます。美談ストレートじゃ斜に構えて「ケッ」てな感じになること請け合いだが、宝飾が臓器な事による切迫感と、そこにスパイスな感じでミステリィの要素をちりばめているので中々どうして良い感じ。面白かったです。

2008/11/24

「Getting in the mood」 by MANDRILL 1980  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

故あって思い出し、久々に聴く。大昔に先輩が作ってくれた「FUNK入門」と言うカセットテープに入っていたのが最初に聴いたきっかけ。確か20年ほど前の事。それから数ヶ月して新宿の「アーバンレコード」とか言う言う所で2800円とか2900円とかで写真の中古レコードを発見→購入した記憶。

70年代に結構骨太でゴリゴリなFUNKやってたマンドリル。でも80年のこのアルバムでは、FUNKと言うより当時の流行のデスコな感じもチラホラ。シンデレラハネムーンよろしくストリングが「キュルキュル」いってたりする曲も結構あったりする。B面入るとちょっと独自感出そうとしてる雰囲気もあり、最後の「COMING HOME」とかグッとテンポ落としてはねた感じが後のグラウンドビートに通じる物も・・・久々聴いて結構カッコいいなあとか思う。

とか言いながら結局は、かなりデスコな「When You Shake」がベストトラック。「キメッ!!」の連発がなんかたまりません。やっぱ良いです。好きです。次また聴くのは数年後かも知れないけど。

70年代のアルバムやベストはたまにCD見かけるけど・・・これはCD化されたりはきっとしないんだろうな・・・

追記:猪木ボンバイエの元曲アリボンバイエはこの人たちらしいけど、それの入ってるアルバム(サントラ)は未聴



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ