バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2008/1/30

グラタンと生ハムサラダをセブンにて  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

どちらも美味し。

腹六部目くらいが良いだろうと、健康上。



温泉で大分調子が良かった首と肩だが、仕事開始と共に悪化の仕方が加速してきた感。どうも仕事の姿勢が首に良くない模様。職を変っても勤務時の姿勢は変らんな・・・・なんか策を講じねば。




本日ボスは出張で不在だったのだが、今度は小ボスが「ちょっと良いかな・・・」と。また部屋へ篭もる。この小ボスと言うのは公式な組織上は花男の上司にあたるのだが、仕事の話はほとんどした事が無いと言う・・・弱冠ゆがんだ組織ゆえの複雑な関係にある人。

特徴は目をつぶって頷きながら喋る。ボスが「はぐれ刑事」とすれば彼は「刑事コロンボ」だろうか?ちょっと違うな・・・良い人ではあるのだが"少しだけ"「言語明瞭、意味不明」な所がある。どうも表現が小難しいのだ。小一時間話をしたが・・・・何を言われたんだっけ?

いや、まあ色々気にかけてくれてる様な事を言ってたはずなので感謝しよう。

なんか入れ替わり立ち代り。まあこれで当面ニューキャストの登場は無いだろう。




で・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

栗食う。

腹六部目作戦失敗

2008/1/29

「おかしな二人」  井上夢人  活字もすっげえたまには読むぞ

1回途中で手が滑って上げちまった・・・
クリックすると元のサイズで表示します

夏頃買ってずっと放置プレイ中だった・・・・

ミステリィ作家岡嶋二人→井上&徳山の二人組み、知り合ったきっかけから袂を分かつまでを「井上目線」で語った自叙伝的なもの。

つまらなくは無い。でもなんと言うか・・・・心洗われるお話ではない。

前半「盛の部」、ずぶの素人が江戸川乱歩賞を取るあたりまでのストーリーは、落ちたり這い上がったりの中で何かが構築されていくような痛快感がある。

ただ後半の「衰の部」は離婚してゆく夫婦を見ているような・・・・しかも当事者の片方からだけ語れる感じ・・・まあラストに排泄物出し切った様な微妙な快感とおセンチな涼しさはある。

解説者が「『衰の部』は恋愛小説みたいだった」と井上本人にのたまったらしいが、言い得て妙。テーマが恋愛なら昼メロ決定。三角関係が無いのが残念?

好きか嫌いかで言うと作品は少し好き、作者はかなり嫌い・・・と言うか仲良くなれないタイプ・・・そんな感じ。

2008/1/29

パン食う  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
久々食うと美味い、ベルナール@アピタのパン。豚肉包とダブルチーズフォンデュパンは絶品。


朝最初にボスが声をかけてきて、1時間半ほど会議室に篭る。延々と引き止め・・・主として情に訴える型。全く無いのは寂しいし、多少はあるだろうと思っていたが・・・・結構粘り腰→来週仕切りなおしで再度「引き止め面談」したいと・・・

このボスは藤田まことよりずっと「はぐれ刑事 純情派」が似合う様な人物だと思う。藤田まことには全然似てないし、実は花男は「はぐれ・・・」見たことは無いのだが・・・つまり人情派と言うか・・・「人間力と雰囲気と野獣の感」で乗り切るタイプ。面談中も寂しいような、悲しいような・・・なんとも絶妙な表情を見せた。何%の本意と何%の演技からかもし出された表情なのかは花男ごとき若輩中年には判断はつかない。いや・・・本意を効果的に見せるのも演技だとすれば、それは全くの演技かも知れないけど、なんとも・・・これまでの深い人生に裏打ちされた様な絶妙な表情で・・・


「この人の年齢に達した時、自分はこの表情が出せるだろうか?」


とちょっとだけ思った。


でも辞めるんだけどね。



2008/1/28

今週のセブンイレブン  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

「カニのクリームフィットチーネ」既に味を覚えていない。と言う事は、劇的に美味くはなかったがそれなりにちゃんとした味だったんだろう。多分人って・・・不味さ→嫌なこと程記憶に残る、そういう不便な脳の構造になっている。それを「学習」と呼ぶには不快感・・・・胸の奥の「酸っぱい感じ」を味わう機会が多すぎる→総時間長すぎ。

まあ何もパスタごときでそんな所まで思いを馳せる必要も無い(適当な事書いただけ)。

本日、うちの部署ボス軍団すべて出張→居ないんじゃしょうがないので「辞意」をメールで彼らに送信。さて、明日どう出る?

本当は全然今日じゃなくてもう少し先にしようと思っていたのだが・・・・何故か知らないうちにメールを打っていた・・・と言う状況に近い。なんか「このタイミングじゃねえよな・・・」とか思いながらも止められない自分がもう一人・・・・ドッペルゲンガー?



そういうことってあるよね


象さんのポットならそう言ってくれるに違いない

前にも同じ事書いたような・・・

2008/1/27

始まった事は何時か終わるのだ  食い物の話とか

大連休が去っていく・・・・

会社行きたくねえなあ・・・

「X-DAY」が定まれば、噛み締めるように、名残惜しむように今の会社に通勤する事が感慨深くなるのだろうか?

少なくとも今日現在ではやっぱ休みの方が圧倒的に良い。

そんな連休最終日、お昼は西川田カンセキ栃木街道挟んで向かいの「FIELD」へ
クリックすると元のサイズで表示します
ペペロナータ大盛り=1155円。しっかりした→クリーミーな中、結構塩分きっちりな味付けが嬉しい。美味かったです。

その足でブックオフに寄ると「文庫本3冊500円」なセール中。12冊ほど買い込んだ
クリックすると元のサイズで表示します

で西遊記見たり、本読んだり、TV観たり・・・で夕飯は最寄の中華屋。そう言えば何度か行った二番目に近い中華屋=北京飯店がつぶれてるっぽいな・・・・

豚バラ肉の焼肉定食=900円
クリックすると元のサイズで表示します
取り立てて美味くは無いが、食えなくは無い。娯楽としては成立せずとも餌としては十分・・・・こう言う食事が生涯の食の中で大半を占めるんだろうな。

そして、残り少なくなってしまった大連休の「しっぽ」を今からもうしばし噛み締めよう。

2008/1/27


クリックすると元のサイズで表示します

え・・と・・・嫌いじゃ無いです・・・これはこれで。

でもTVドラマで充分だったかな。

それぞれの流れは・・・

堺正章→本木雅弘→唐沢寿明→香取慎吾

夏目雅子→宮沢りえ→牧瀬里穂→深津絵里

西田敏行→左とん平→河原さぶ→小倉久寛→伊藤淳史

岸部シロー→嶋田久作→柄本明→内村光良

ゴダイゴ→B'z→infix→MONKEY MAJIK


と言う感じか。

特番でやった、もっくんの奴はもう薄っすらとした記憶しか無い。「B'zかよ!?」って少し思った(でもあの曲少し好き・・・)。

唐沢シリーズは見てなかったな・・・主題歌思い浮かばないもんな・・・

今回のシリーズはたまにTVで見てた。

で、「昭和シリーズ」とは比べっこ無しっつう事で。

薄いけど、なんも無いけど、判りやすく痛快活劇って事で。

香取慎吾も深津絵里もMONKEY MAJIKのあの曲も好きだし。

と言う事で冒頭の感想。

2008/1/27

始まりの三部作 by 中村航 を読了  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

下記三作

「リレキショ」
姉ちゃんに拾われ、弟=半沢良になる。んで"履歴書"と"リレキショ"を書く・・・

「夏休み」
夏に家出した義理の友達=吉田君。妻&吉田君妻が後追い家出で草津で立場が逆転し・・・

「ぐるぐるまわるすべり台」
大学を辞める。"王子"の名前バンドメンボ。ヘルタースケルターを聴いたら何をする?

それぞれそんなお話・・・か?

何で「始まりの三部作」なのか実は読見終わっても、最初よく判らなかった。単純に作者が最初にしたためていた三作って事かなとか・・・「いやでも・・・はじまりはじまり・・・ああなんとなく『始まり』かも・・・」てな感じで自分的に納得したのが読了2時間後。あってるかどうかはともかくとして。

全般的に割と淡々とでもちゃんと。

山崎さんナイスです。「ゴーゴーウルシバラ(桜咲く編)」聴きたい。

マウンティングする姉、盗んだバイクで走り出す吉田君、ちくわが好きな尾崎さん・・・他も愛すべきキャラクターがいっぱい。

お話の内容も虚構の世界ならこの位素敵で良い。自分の身の回りの現実もデフォルメすれば・・・・いや無いな。

面白かったです。

2008/1/27

ドラマ「SP」最終回を見て  映画とかドラマとか




"つづく"ってなんだよ!?


いや、4月5日のスペシャル楽しみにしてます。

シナリオ本欲しい。でも応募はしない・・・・

2008/1/26

チャーシュー麺→とんかつ  食い物の話とか

お昼は満福
クリックすると元のサイズで表示します
明らかにいつもとスープの色が違う・・・何があった?
味のほうは基本は一緒で濃厚に・・・・個人的には濃厚過ぎ。
これもロットの違いか?

後何回食えるか判らない満福のチャーシュー麺。出来るだけ「当たり」を引きたい。

夕飯は久々「とん美」へ。ここも後何回・・・・そう思うとこれからは「宇都宮カウントダウン生活」な心構えが必要だ(土壇場でポシャったりして・・・)

そんな訳で、多少でもまともな画像をとデジカメ持参。ロースかつ定食1300円をオーダー

やっぱ、まずここで美味いのは
クリックすると元のサイズで表示します
自家製(多分)の漬物。中々の逸品。最近中々美味い白菜の漬物を食う機会が無い。
まあこれに醤油をちょろっと、唐辛子どばっとで食うので「ホントに味が判るのか?」と言う突っ込みはありそうだが、その条件下でも明らかに味が違うのだ。

で、とんかつ
クリックすると元のサイズで表示します

衣はサクッと中はジューシー
クリックすると元のサイズで表示します

ライスお代わり自由も嬉しく、満腹になった後は
クリックすると元のサイズで表示します
デザート(フルーツ=パイナップルの選択可)。

やっぱたまには良い。

と言う事で、ペース的には事によるとラストになるかも知れない「とん美のロースかつ定食」を味わう。宇都宮に居るうちにラ・ルッコラのアッフォガードも行っときたいな。

まあまだまだ先はあるけど、なんとなくカウントダウンを意識し始めた、とある土曜日の花男だった。

2008/1/25

手羽とカツ丼  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

手羽美味し。

味盛、カツ丼は今ひとつ・・・
これにコーヒーついて700円と値段はナイスです。
それにまあ便利だし良し。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ