バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2007/2/19

「下妻物語 完」 by 嶽本野ばら  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

今日の出張で読んでたのはこれ。下妻物語の続編にして完結編。「今度は殺人事件!!」なミステリーな展開は実はどうでもよく・・・

バッタモンにはリクエストがあるがパクリは許せない。心を猿にして言う。パリコレ上等!!


最高です。読み始めると「あの世界」がすぐによみがえってくる。ロリータファッションにもロココにも全く興味はなく、洋服づくりは良く判らんが、前回は刺繍、今回はネグリジェ作成でのなんか、スピード感と興奮が実は好きだったり・・・・爆笑とプチ感動の連続。

あ、前作から読んだ方が絶対良いです・・・と言うか、これだけ読んでも多分迷子になる。

2007/2/19

さくらんぼ東根in山形県へ行った  食い物の話とか

今日は出張、バスでへろへろ宇都宮駅へ行く。バスなので基本的に余裕目に行く。前回=西荻窪出張の時の事もあり、さらに余裕見る。よって結果として結構余裕が出来る。吉野家で朝飯食う。
クリックすると元のサイズで表示します
朝からしょうが焼き定食。安い肉なら素材の味をいかさなければ良い。ごはんが進むとことん甘辛生姜な濃い目の味付け。嫌いじゃない。でも朝から食うのはどうかと・・・

いつもの新幹線のお供
クリックすると元のサイズで表示します
定番のお〜いお茶の濃い味に加えもう1本。若武者茶の焙煎濃茶、ちょっと独特。何度か飲んだら好きになるかも。ジャンプ、スピリッツ、小説と読みながら・・・2時間半の旅北国への旅。途中米沢あたりは雪景色も、なんか春っぽい。
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱ暖冬なんだなあ。一度くらい仕事じゃなく訪れたい。

で12時チョイ過ぎ、さくらんぼ東根へ付く。所々雪は残るが、やっぱあんま寒くねえな。駅のそばの「東亭」って所で昼飯。前回の訪問時、気づかず入れなかった店。
クリックすると元のサイズで表示します
駅前とは言え、贅沢に土地を使った風情のある作り。冷たい鶏そばを頼む。
クリックすると元のサイズで表示します
赤いのは後からかけた一味唐辛子。コリコリの鶏肉がナイス。麺もそばだけど、なんかぷりぷりなのもこの感じに合ってる。美味いです。暖かい鶏そばも食いたいし、冷たいらーめんとか気になるメニューも。そば屋だけど普通のラーメン、チャーシュー麺もあったり・・・この店のラーメンならやや興味あるな。割りと最近出来tらしい。駅前にぱっとした食い物屋が無い駅だったのでちょっと嬉しい。

しかし、そばも10分もあれば食い終わるもの・・・待ち合わせまで30分ほど時間があり。外や構内ベンチで待つのは寒いし、駅構内にある図書館は閉館中。ってことで駅の喫茶コーナーでお茶をする。
クリックすると元のサイズで表示します
普通です。

客へ行き、4時間に及ぶ打ち合わせを終えふらふらになり帰路へ。帰りの新幹線のお供にと売店見ると・・・選択肢少なっ!!
クリックすると元のサイズで表示します
選択肢はこの2種類とポカリのみでした。ひさびさ飲んだ烏龍茶、こんなに薬っぽい味だったっけ・・・・

「お前馬鹿!烏龍茶はアサヒだろっ!!」

って言う、日本の烏龍茶のブランド如きに熱くなるいんちき中国人の先輩が居た事を思い出した(今日飲んだのはサントリー)。今は会社を辞め、人づてに聞いた話だと、年商うん億のしゃちょさんらしいです。すげえ人だったんだな・・・・等と思いをめぐらしつつ、小説読みながら新幹線に揺られる。宇都宮に着いたのは8時過ぎ。しかし・・・当然花男は「喫煙車」に乗ったわけだが・・・つばさの喫煙車、はんぱ無いです。目が痛くなって、かつ吐き気がするぐらい空気真っ白。毎日乗ってたらタバコが嫌いになるだろうか・・・とか言いながらそんな車両の中でもしっかりタバコは吸っていた訳で・・・

と言う事でなんか疲れてたのでジャンクフードな気分。夕飯はモス。
クリックすると元のサイズで表示します
チーズフォンドッグ、チキンバーガー、スパイシーモスチーズバーガーそしてバニラシャイクのMサイズ。〆て1200円!!大人食い・・・と言うかメタボ食いだな。

こないだマックでひさびさ食った時は「うげっ・・・」って思ったが、やっぱモスは美味いなあ。たまには良い。シャイクが硬くて、やっつけるのにそこそこ肺活量が必要な感じなのも懐かしくて良い。かれこれ出合って20年・・・ひさびさにテリヤキバーガーもチキンテリヤキバーガーも食いたかったが・・・・

そして家に帰ると・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
再び洗濯機のリコールの案内。半年前のリコールで対象漏れがあったとか、確かになんかニュースで耳にはした記憶があったが・・・・しかし今回の製造ナンバー範囲からも花男の家のは対象外。前回ナンバーは報告済みのはずだが、その辺のトレーサビリティーはきっちり取れて無いらしい・・・メーカ勤務の身としては微妙に「大変だろうなあ・・・」とか「そこまで徹底してトレーサビリティー取れねえ事もあるよなあ・・」とかも思ったりするのだが、いち消費者の気分としては。



「なめんなSANYO!!」



「乾燥およびスチーム洗浄運転コースはご使用をお控え・・・」するようなら、乾燥機一体型洗濯機なんか買うかっつうの!!

しかしこの手のリコール最近多いなあ・・・昔からあったけど今ほど騒ぎにならなかっただけ?まあ色んなもので機能も増えてるけど。それともコスト最重視で何かとマージンが減ってるのか・・・・まあ明日はわが身と言うこともありうるのでやや身を引き締め・・・られるのか?俺?

>メーカ勤務各位
頑張りましょうね、出来るだけ・・・・いや力の限り!!

2007/2/19

「UK BLACK」 by  CARON WHEELER  1990  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

いやあ、懐かしいです。SoulUSoul方面からいらっしゃったキャロンさん。そう、グラウンドビートって奴。出た当時は良く聴いた。今日はホントひさびさで聴きました。髪の毛は大変な事になってますが、歌ってるキャロンさん、可愛いです。

グランド・ビートって「地を這うような・・・」と一瞬思ってたけど、「grind」の過去分詞なんだよね・・・って前にも書いたような・・・いや、当時雑誌の解説読んで知りました。ちなみに「ground beef」は牛の挽肉で決して地牛ではありません。「地牛」ってなんかすげなあ・・・どう言う定義だよ!?いや駐在員の先輩で「こっちのスーパー行くと結構牛肉は質が良いよね!!物によっては『地牛』なんて言う表示があるんだよねえ〜」なんて言ってた人が居たもんで・・・面白いけど、直訳にも程がある。

このアルバムの中身の方は、冒頭の「UK Black」から延々と、中々お洒落で素敵でございます。「Livin' In The Light」は今聴いても良い曲だあ。クールであっさりながら、それで居てなんかドラマチックで・・・泣ける。花男の場合人と泣けるポイント違うらしいから他の人はどうかは知らんが・・・今日気づいたのは「Bule」の冒頭ってロニー・リストン・スミスからのサンプリングじゃん!!「No Regrets」「Never Lonly」「Kama Yo」はグリグリにカッコイイ。でも基本はクールなお洒落さん。他の曲もお洒落とポップのバランスが絶妙で宜しいですね。SoulUSoulと比べると(一枚目しか聴いて無いけど・・・)スカスカさもあそこまでじゃなく、程よい感じ。このくらいがポップで良いなあ〜って言うのが個人的な感想。

でやっぱ、ベストトラックはヒットした「Livin'・・・」だあね。とりあえずORIGINALバージョンとREMIXバージョンを繰り返し聴くのが気持ちが良いです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ