バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/11/12

「Man Power」 by Lalomie Washburn 1977  音楽の話とか

2万アクセスを突破し、音楽物の投稿が調度100個目。じゃあなんか特別な物を・・・と言うことでラロミーさんを取り上げる事にする。何処が特別かと言うと、未だに色々謎なのだ。

最初の出会いはこれ
クリックすると元のサイズで表示します
カサブランカのダンスクラッシックコンピの12インチ。89年か90年か・・・新宿のレコード屋で確か1500円くらいだったかな?何故これを買ったかと言うと、当時P-Funkの「真っ当な値段で手に入る音源」をあさりまくっていた頃で、カップリングがPARLETの「Play Me Trade Me」だったから。

そしたら一緒に入っていたラロミーさんの「Man Power」と言う曲が偉くカッコ良かった。正直PARLETが完全かすむ位。なんと言うか物凄く暴力的なFunkなのだが・・・クランチって言うのか程よくひずんだ二台のギターのカッティングがまぐわりあい、ベースはぶっとく時として暴れ、ドラムはひたすらシンプルにぶったたく、後ろでこっそりエレピがなんかフリーだし、ボーカルの姉ちゃんは偉く切符が良いし・・・



「ラロミー・ワッシュバーンって誰よ?」


となる。しかし、渋谷やら新宿やら下北やら・・・当時住んでいた千葉県野田市からちょくちょく遠征して探すも、全く見つからない。

そんなおり実家に帰省中、横須賀の「ラッキーレコード」と言う中古屋で偶然これを発見。
クリックすると元のサイズで表示します



・・・・えぐっ!!


裏ジャケはこんな
クリックすると元のサイズで表示します

参加ミュージシャンのクレジットを見ると、ワウワウ・ワトソン、マイケル・センベロ、リー・リトナー、ジョー・サンプル・・・・結構凄い。例の「Man Power」も収録。他の曲は悪くは無かったが・・・まあ普通。一曲浮いてカッコイイ感じ。


そしてこれ以降何年間か、ラロミーさんの名前を見かける事は無かった。

そして1996年。
クリックすると元のサイズで表示します
レコード屋でひっくり返りそうになった。しかも日本版。帯にはこんな文句が。

「アシッド・ジャズ・ブームの中核レーベルとして今も良質なイギリス・ソウルを贈りだしている『ブギー・バック・レコーズ』自信をもって贈るスタイリッシュ・シンガーがこのラロミーです。」

・・・・ん?別人?いや・・・声を聞く限り本人。まあ、「新人」とは書いてないが、なんとなくあのえぐいジャケのアルバムは無かった事になってる?まあ実際には多分、オタッキーなイギリス人でラロミーさんの曲好きな奴が居て、現役らしいと調べて、「復活させたれ!!」ってな感じでこのアルバムが出たんではなかろうか・・・などと想像は付く。

で、このアルバム、いかにも当時のイギリスなかんじです。ちょいもたるけど、フックは無いけど・・・だらーっと聴いてる分には、普通にカッコイイ。でも実はあんまり聴いてないな。

そして、これ以降またラロミーさんの名前を目にすることは無くなった。

と今日ググって見たら・・・結構一部で話題になってアルバムの値段上がったりしてたのね。えぐいアルバムが再発にもなってるらしい。

しかし一昨年に亡くなってるそうで・・・・
http://www.soulwalking.co.uk/Lalomie%20Washburn.html
合掌

それにしても、ずっと謎だと思ってたのに726件もHITだよ・・・インターネット恐るべし。

2006/11/12

本日の食  食い物の話とか

昼は最近出来たらしいステーキ屋「炎座グリル」っつう所へ行った。
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000063840.html

時間は2時、しかし待ち客が何組か。待つのは嫌いだが、移動するのもだるかった。店の中を覗くと空き席はある様なので、少し待つ。5分ほどで通される。なんかで読んだが、テーブルに着いてから待たされるより、テーブルに着くまでに待たされた方が、客が店に不満を感じにくいんだと。個人的にはどっちも同じくらい嫌。

炎座ステーキセットをレアで。
クリックすると元のサイズで表示します
そして本日のデザート。
クリックすると元のサイズで表示します
「本日のデザートなんですか?」と聞いたら元気良く「パンプキンプリンです!」と店員の姉ちゃんが答えていたが出てきたのはティラミス・・・・まあティラミスも好きだし。と言うか、デザートの注文をめぐっては他にも突っ込みどころのある対応が複数発生していたのだが・・・・さして面白くも無いので割愛。まあ開店早々のカオスな感じだったのだろう。

肉の方は肉。いかにも肉。サシ少なめで肉々しくて宜しいんじゃ無いでしょうか?霜降って無い肉のが美味いと思う。でも誰かのおごりなら霜降りたっぷりの高級和牛を食って見たいが・・・

そして花男が去った2時半ごろ、店内は未だにぎやか。家族連れが多いかな?日本の家族の週末のお昼の時間ってまちまちなんだなと、そんな事もおもひ、いとおかし。


夕飯は鍋
クリックすると元のサイズで表示します

とカレイの刺身
クリックすると元のサイズで表示します

カレイは大きいのも小さいのも強引に5枚卸しにして刺身に。骨とアナゴは一度あぶってから鍋の出汁に。

大きい方のカレイはどうやらイシガレイ(うろこ無し)。こいつどうも皮が臭いのだが、「はがしゃ大丈夫だろ」とベリベリはがして調理。しかし微妙に身に臭いがうつってしまった・・・釣れたて位ではがないといけないのかなあ・・・まあ、その臭みを除けばかなり美味。ちっちゃい方はうろこもあり、雰囲気はマガレイだが、皿に盛ってしまえばどれがそいつの身だかは、さすがに判別不能。

鍋もめでたくリセット。なんかの気の迷いで、次にまた鍋に手を出してしまうのは何時だろう・・・・・

2006/11/12

只今帰宅  釣りの話とか

結局行った那珂湊。いつもより少し遅めの4時釣り開始で、人が多くなってうんざりしだした9時過ぎまで。さすがに寒かった。そのせいか、暗いうちは人手もやや減ったが、明るくなると、相変わらずうじゃうじゃ人が湧いてくる・・・・そして、狭いスペースに割り込み、投げ竿3本も出された日にはやる気も無くすっつうもんだ。

釣果はこんな↓

クリックすると元のサイズで表示します

どいつも5時半〜6時半の1時間の間に釣れた。

大きい方のカレイが決して座布団級なのではなく・・・・小さい方がトランプサイズなだけ。「大きくなって帰って来いよ!!」とリリースしようとしたらすっかり飲み込んだ針が、脳天突き抜けてほぼご臨終・・・・よってお持ち帰り。

でかい方も30cmに届かず(27cm)。そして恒例の小アナゴも。あいかわらず釣果はぱっとしない。肩の痛み&左腕の痺れはさらに悪化した。そろそろシーズンオフかなあ・・・

今から一眠りしようかどうしようか考え中。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ