バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/7/31

リコール?  分類なし

「お客様へ『重要』なお知らせ」っつうのが届いた。どうやら現在使用中の洗濯機(乾燥機一体型)がリコール対象機種らしい。電気屋経由でメーカからその連絡が来たのだ。「乾燥機運転中に発煙・発火し火災に至る恐れがあることが判明してます・・・・」だと?!「点検修理がお済みになるまでご使用ならないように・・・」だと?!ただし、その後読み進んで行くと全部っつう訳じゃなく、ある「製造範囲」での不具合らしく「製造番号を確認ください」とあった。

しかし・・・設置環境は極めてぎりぎり、製造番号の表示場所なんぞ、壁際に隠れてわかりゃしない。足の状況も状況だしゴリゴリ移動してなんてやってられない。隙間は、微妙にある。じゃあ隙間に手鏡入れて・・・なんて事も思ったが、残念ながらそんな洒落た物は無い。

そこで「あ、そう言えば!!」と思い出したのがこれ↓
クリックすると元のサイズで表示します
目薬買った時ついて来た、"鏡付き"ケース。おおっ!!こんな所で初めて役に立った!!

で、製造番号をチェック。どうやら対象の番号から外れている模様。サービスセンターに念のため連絡を入れると「そのまま使用してください」との事だったのでまあ一安心。んで持って「お客様にお送りした、『お知らせ』に記載されたシリアルNoを教えてください」と言うので回答した。まあ事態が事態だけに、一応そこまでの確認→消し込み作業もやってるんだなあ(しかし「販売」の段階でのトレーサビリティーまではさすがに取れていない事が判明)。

ちなみに花男がこの洗濯機を買ったのは、去年の3月だからもう16ヶ月以上前だ。で、その製造番号は、リコール対象の一番後の番号からさらに2万ほど後・・・・あれ??なんだ??

二年近く前にはもう不具合に気づいていて対策は打ったがリコールは今頃・・・なんて訳はさすがに無いだろうから、部品のロット不具合が何らかのきっかけで最近判ったとか・・・そう言う事なんだろうなあ。不具合に関する説明として「ヒーター配線の接続端子部に不具合が一部生じ・・・」とある。詳細は不明だが、下手すりゃ一個数円の部品の不具合だな(配策の可能性も高いが)・・・製造番号範囲から推測して対象台数は約5万台、点検修理の人件費一台5000円として2億5千万円かあ・・・数十万円とかの売り上げで、2億5千万円の求償を受けてる部品メーカが居るかも知れないと思うとなんか人事じゃない・・・実は花男も明日は我が身な感じのメーカの社員だったりする。単価・・・安いんだよね・・・


ちなみに今乗ってる車もどうやらリコール「対象車種」ではあるんだよね・・・こないだディーラから電話があったので「その件かな・・・」と思ったら「最近お車の調子はどうですか?サービスはどうですか?無料洗車利用されてますか?」みたいな電話だったので・・・微妙に対象時期の製造では無いのか??

2006/7/31

病院行った  分類なし

「一週間後に来て」と言われてたのでとりあえず行った。おおっ?触診もしねえのか?色々状況だけ聞いて以下のコメント。

1."出来るだけ"安静に。
2.そろそろ風呂は入って良いけど、長湯はNG。
3.ストレッチは最低2週間経ってから。
4.で、様子見てまたしばらくしたら来てください。

で診察終了・・・・あれ?そんだけ?流してしまったが・・・しばらくって何時?おそらく、なんか悪化でもしない限りもういかんな・・・で松葉杖も、ついて歩くより、爪先立ちでビッコ引いて歩った方が楽と気づき、返却。

午後から出勤・・・・の前に昼飯食いに満福へ。今日のチャーシュー麺の風貌はこんな感じ。↓
クリックすると元のサイズで表示します
まあ・・・いつも通りな訳だ。味の方もいつも通り。やっぱ美味い。ただこの一週間、結構粗食だったので、やや胃がびっくり。

で半日出勤後、健康な左足の方がかなり張ってきた。気をつけないとまたヤバイな・・・しかも明日は会社の忘暑会だったりする訳で・・・・大丈夫か自分?

夕飯はトースト2枚と充実野菜で軽めにしました。自制が大事。

2006/7/30


うーん・・・まあ昔だったら「Japanシリーズ」な地方大会だし・・・・

武蔵VsクラウベはK-1っぽかった。

2006/7/30

オペラッタ狸御殿  映画とかドラマとか

クリックすると元のサイズで表示します
狸のお姫様と人間の王子様のラブストーリー?オダギリジョーが気になって購入。ミュージカルです。監督が鈴木清順で、音楽は大島ミチルって人と白井良明。

ストーリーは・・・男版白雪姫な感じで始まり・・・うん、どうでも良い気がする・・・・

非常に美しくて楽しい映画でした。とても良いです。薬師丸ひろ子にはまた歌ってもらいたい。

2006/7/30

シムソンズ  映画とかドラマとか

クリックすると元のサイズで表示します
もう大分昔の事の気がするけど・・今年の頭のトリノオリンピック、あんまり熱心に見てなかったけど、たまたま見たカーリングは面白かった。でこの映画、トリノにも一部元メンバーが出てた「シムソンズ」って言うソルトレイク五輪に出たカーリングチームの結成ストーリーらしい。

舞台は「ホタテとタマネギの街」北海道常呂町。なんもやることが無く将来もぱっとしないなあなんて思ってた主人公=女子高校生。ふとしたきっかけで友達誘ってカーリングチーム始める・・・って言うそんな話。「実話」とあるけど、その辺は怪しい。

感想は・・・若いです。青春です。勢いです。すっきりさわやかです。楽しかったです。うん、そんな感じ。結構楽しめました。

2006/7/30

サバカレーを食らう  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
ゴロっとでかいサバの身が二切れほど。後は普通にレトルトちっくなカレー。食らう。


・・・・サバでカレー


決して相性は良くないと思われ・・・・食えないほど不味くは無いが、サバがそこに居る事に対してちょっと不愉快になる。別々の道を歩んだ方が正解。

まだあるんだよね・・・イワシカレーも・・・

2006/7/29

食料調達  食い物の話とか

昼頃、とりあえずスーパーに行って見る事にした。車の所まで来て、メガネを忘れた事に気づく。松葉杖つきながらひーこらマンションの郵便受けのあたりまで戻ると、見覚えのある人が、右往左往している。会社の人が差し入れに来てくれたらしい。どの部屋かわからず、困っていた所だと。そーいや郵便受け、名前表示して無いもんな。

でこんなの貰った
クリックすると元のサイズで表示します
・・・・俺って・・・どう言うイメージなんだろう?

いや、ありがとうございました。嬉しいです。

不在中あんなことやらこんな事があったと言うリーマントークをひとしきり。その後仕切りなおしでスーパーへ向かう。前回、ローソンへ行った時の反省を踏まえ、リュックをしょって出発。

戦利品↓
クリックすると元のサイズで表示します
なかで、ちょっと気になってるのが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
なんか昔TVで見た記憶があったので買った。感想はそのうち。

やっぱ買い物ごときで妙に疲れるけど、無事終了。今回は階段の上り下りも試しにちょっとだけ。しんどかったけど何とかなるか?

で、遅めの昼飯はローストビーフとカレーパン、あと充実野菜をいただきました。

2006/7/28

タマネギが冷蔵庫にあった  食い物の話とか

おにぎりも尽き、素トーストにも飽きてきた。昨日後輩がまた「ジョニー」の差し入れをくれたが、ほんの少しでも食生活に変化をつけたい。日々筋肉がつながっていく実感もあり、右足爪先立ちなら大分歩行も可能になってきた。でも未だ段差は無理で外食も危険。

そんなおり冷蔵庫でタマネギを発見・・・・何時の?ブログをチェックすると3月にシチューを作っている。恐らくその時の残り。4ヶ月かあ。腐ってる感じは無い。切って断面を見ると真ん中がやや黄緑。低温下、けなげに発芽しようと頑張った形跡が見られる。まあ食えるだろう。これ使ってオープンサンドっぽくなんか作る事にした。

材料は
・4ヶ月物のタマネギ大一個
・ダブルソフト二枚
・雪印6Pチーズ2個(賞味期限ぎりぎり)
・コンビーフ一缶
・カイエンペッパーとガーリックパウダーを少々

塩分控えめで、温度やや低め(200℃)で7分ほどオーブントースターで焼く。
クリックすると元のサイズで表示します
と言う事で本日の昼飯。見た目は、タマネギの量がちょっと多い以外は割りと普通。


食らう。



・・・・・タマネギ辛っ!!



古いタマネギなめちゃいけない。しっかり火を通す料理でいただいたほうがよろしいようで・・・でも完食してくっきり目が覚めました。

2006/7/27


クリックすると元のサイズで表示します
邦題は「フライングハイ」。1980年の作品。2枚2000円シリーズでGET。

戦争中のトラウマでダメダメになった主人公。愛想つかされた彼女=スチュワーデスの乗るシカゴ行きの飛行機に飛び乗る。その飛行機には手術へ向かう少女やらラマ僧やら日本兵やら・・・そして食中毒勃発、なんと操縦士も全員やられる。で、機内に飛行機の操縦経験があるのは主人公のみ。さあどうする!!・・・・なんて言うストーリーはどうでも良いこと。

すべての設定やストーリーはギャグのネタフリに過ぎない。冒頭から終幕まで良くぞ詰めんこんだと言う程のギャグの連続。んで、全部アメリカン。今となっては寒いギャグも多数。元ネタ不明や当時の文化への知識不足、語学力不足で判らないギャグも多数。でもこんだけ詰め込んでりゃ幾つかは笑える訳で、それなりに楽しめました。

中では「オートマティック・パイロット」が最高↓
クリックすると元のサイズで表示します

2006/7/26

博士の愛した数式  映画とかドラマとか

クリックすると元のサイズで表示します

主人公は記憶が80分しか続かない。昔のことは覚えているけど、昨日の事は判らない。

DVD買うときこの設定を見て「メメント」を思い出した。時効警察でもそう言う設定の喫茶店のマスターが居た。じゃあ、本当にある病気なんだろうなあとか思いながら購入。

教壇に立つ数学教師の"√"。今日は学期最初の授業。子供の頃の思い出・・・不慮の事故で記憶が80分しか続かなくなった博士と、その家政婦をする事になった母、そんな二人との生活を通じて数学教師を志す事になった自分そんな話を生徒達に話し始める・・・そんな感じで映画はスタート。

全篇淡々と気持ち良かったです。うん、数学は美しいです。みんな良い人。みんな嬉しそう。そう、嬉しそうな積み上げがほのぼのと言う感じ。深津絵里も寺尾聡も吉岡秀隆も良いです。ちょっとだけ原作の小説読んでみたくなった。多分読まないけど・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ