バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/5/1

ごはん処 おおもり家  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
最近、栃木街道沿いに出来た飯屋。どんななのか謎だったので夕飯に行って来た。中へ入るといわゆる「カフェテリア方式」で主菜やら小鉢やらを色々取って行く感じ。ほとんどセルフサービスで、メニューは和食系が中心。こんなのを取った。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

唐揚げ、月見とろろ、出汁巻き玉子に味噌汁と大盛りごはん。後、塩ジャケを選んでいたのだが、冷えてたので「少し待ってもらえれば焼き立てを持っていくけど・・・」とおばちゃんに言われたのでそうしてもらった。大盛りでも米足りなくて、もういっぱい大盛りごはん頼んで・・・調度1000円くらいだったかな?普通はもう少し安上がりな気はする。味は普通に食える。社食や学食でも良くあるスタイルだが、そういうところに比べれば美味い方じゃ無いかなと思う(うちはカフェテリア式じゃ無いけどね・・・でも結構美味いよ)。外食の華やかさは無いが、安く色々選べて独身一人暮らしの「常食」としては良いのではないかと思う。でも家族連れが結構多かったのが不思議。家族で外食って花男が子供の頃はめったにあることじゃなかった分、ちょっと華やいだ気分になったものだが(それがたとえラーメンであっても)、これはなんか普段の食卓だよなあ・・・まあ「家族で外食」の価値観も意味も違ってきてるんだろうけど。

今日は暑かった・・・明日は午後から整体なので、それまでまったりする予定だったが・・・「この暑さで多少は中禅寺湖水温上がったんじゃ・・・」等と良くない考えが頭に浮かんでしまった。毎回そういう「ダメポジティブシンキング」で玉砕するのだが、何度痛い目にあっても本能が学習できない。これまでの経験からすればそう上手く行く訳が無いのに・・・・なんか「ダメ本能」が「釣れるぞ!!行かなきゃ後悔するぞ!!」と毎度の事だが雄叫びを上げるのだ。と言う事でまだ「考え中」だけどそろそろ仮眠モードに入ろうかな・・・とか。

2006/5/1


クリックすると元のサイズで表示します
うーん・・・正直良く判らなかった。と言うか意味は無いんだろうなと思う。細かい複線とかギャグとか細部は色々と面白かったりもした。京野ことみが脱いでいたのは驚いた。でもまあ、そのために見るほどの裸ではなかった・・・かな・・・服着てるときの方が素敵っぽい。あ、岸本加代子はナイス。その他役者陣は良かった。

2006/5/1

「All The Woo In The World」 by Bernie Worrell 1978  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱP-FUNKは良い。特にこの頃の作品は何聴いても良い。でこのバーニーさんはキーボーディストで、クリントン、ブーチーに次ぐ重要人物の一人。でもって腕っこきでFUNK系にとどまらず、節操無いほど色んなところでプレイしてます。こないだは、奥田民夫のアルバムでまでクレジットを見る事になって、ちょっと「おお〜!!」と思ったりした。

っつう事で色々出来ちゃうので、すべてのプレイがFUNKって感じじゃなく適材適所できっちりやってます。でもFUNKやってる時がやっぱ最高だと思う。15年くらい前かなあ、確か横浜のどっかへブーチーのライブを観に行った時、バーニーさんもキーボードで同行していて、ソロコーナーがあってグチュグチュ、ズブズ、ブブリブリのFUNKキーボードはマジ失禁物で最高っした。ソロの最後、お互い汗まみれなブーチーと「ぶちゅーっ」キスしてたな。見た目にも濃かった。

で、このアルバムです。まるまるP-FUNKサウンドだけど、それぞれのプレイヤーのプレイを際立たせようって事でか、結構ソリッドな仕上がりにはなってる。ソリッドに感じるのはリズム隊のせいもあるかな?全篇でロドニー・”スキート”・カーティスのベースが非常にタイト。タイロン・ランプキンのドラムも無駄が無くて良い。

一番好きな曲は「Happy To Have (Happiness On Our Side)」。浮遊感たっぷりの叙情派Funkとでも言えば良いのか?ほんとおに、すっげえ気持ちよい。7分41秒は短すぎだと感じるくらい・・・もっとずうっと・・・永遠に・・・いや・・やっぱ永遠はいやだけど・・・ともかくっ!!もっともっと長い時間浸って居たいと思っちゃう気持ちよさなのだ!!!バーニーのピアノが本当に良いね、ロドニーのベースもなんか凄い、冒頭のマイケルハンプトンのメランコリックなギターソロも染みる。各々の演奏もカッコイイし、各楽器のアンサンブルがなんかバッチリですげえよ!!程よいJAZZの香り。それで居てきっちり「P」。軽く抜けた感じのボーカルも良い。「あい〜っ!!」とか言っちゃってもなんかメランコリックで良いぞ!!

最高だあああっ!!

他の曲も12分41秒に及ぶ、ズブズブの超P-FUNKナンバー「Insurance Man For Funk」を筆頭に、ちょっと泥臭い感じもヘビーさに程よいスパイスとなってる「Woo Together」、かなりジュニー・モリスン(調度P-FUNKに合流した頃かな?)ちっくな「I’ll Be With You」、冒頭からフレッドウェズリーのトロンボーンがむせび泣く「P」なバラード「Hold On」、ポップながら如何にもP印なヘビーFUNKの「Muck Thrust」と名FUNKぞろい!!

「Happy・・」一曲のためだけに買っても損は無いのに、他の曲もそりゃもうすっげえFUNKぞろいでお買い得な(今・・売ってるのか?)内容となってます。特にP好きな人で未だ聴いてない人は、速攻で聴くと良い。



2006/5/1

「めるしー」続報  食い物の話とか

こないだのお菓子屋、今日満福行く途中に通りすがると、既に空いてるっぽかったので帰りにまた寄った。こんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

菓子の他、有機農法っぽい野菜やら、なんか高そうな玉子やら売ってる。他、飲み食いできるカフェコーナーっつうのもあるらしいが(物理的にはあってそこでみんなまったり座ってた。休憩コーナーに毛が生えた程度。)、サービス開始が5月8日に延期になってた。菓子はシュークリームとプリンのみ。シュークリームは一個105円、プリンはちっちゃいマグカップみたいな容器つき225円だったかな?まあ高くは無い。で買って帰る。

クリックすると元のサイズで表示します
味は普通でした。すっごく普通。決して特筆するほど美味くは無い。コンビニで入手可なレベル。でも、まあ安いし。遠くからわざわざ行くことは無いが、通りすがったら寄っても良いかもと言う感じの店と見た。

この記事何故か二重投稿に・・・片方削除しました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ