バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/4/30

K-1ラスベガス見た  格闘技見ちゃった話とか

東原亜希の度々の突拍子無いコメントが○。また、その発言の直後、何度か藤原紀香が不機嫌っつうか、あきれた感じになってたのも○・・・・いや、大会の内容も結構面白かったです。なんか会場のせいか、試合内容もアメリカチックな気がした。

カラエフVsレコ。特に序盤はかみ合ってんのか、かみ合ってないのかは微妙だった。で結局倒しあいで、勝敗は付いたもののどちらも傷つかずな感じ。レコは素直にずっとK-1やってた方が良かったね、きっと。カラエフがイチローに似てると思うのは花男だけ(ひげのせいだけっつう話もあるが)

ホンマンVsプレデターの色物対決。もはやK-1の試合じゃない。うーん・・・試合ですらない?でもこれはこれで面白かった。ホンマン勝ったが主役はすっかりプレデター。プロレスラーらしく決めた?

GP予選の方。カーターウイリアムズ、なんかすっかり丸くなって・・・でもダイジェストで見る限り動けてたのであれで良いのか?途中棄権で残念。謙吾は相変わらずたたずまいは雰囲気ある。決勝とかも派手だったのでまあ良かった。

武蔵Vsシュルト。去年のGPの決勝トーナメントでは、シュルトに絶望的な強さを感じたけど、アーツに負け武蔵にも善戦される。ルール変更も大きいんだろうけど。でも、武蔵こっから明確な勝ちに持ってくのはしんどそうだなあ。勝つには泥仕合でジャッジ任せしかないのか?でも武蔵頑張れ。

と徒然と書いた。

2006/4/30


クリックすると元のサイズで表示します
邦題は「ハードロック・ハイジャック」。ハイジャックって飛行機だけじゃないのか?と、まあ、そんな事はどうでも良く980円で安かったので買ったのだが、これ見たことあったなあ。

チャズはぱっとしないメタルバンドのギター。うだつの上がらなさも頂点に達し、彼女に捨てられる。そんな折、バンドメンバー達と、自分たちの曲をラジオでオンエアさせようとラジオ局へ進入。ペッパーソース入りの本物そっくりの水鉄砲で脅しをかける。で、なんのかんのとタイミングを外し行きがかり上ラジオ局ジャックになってしまい、なんかあっという間に大騒ぎに・・・そんな話。

うん、馬鹿で良いです。みんな間抜けです。さんざ俺達は本物だとあじっといて最後に演奏される主人公達のオリジナルのダサ具合も良い。なんかアメリカな映画です。何も得るものは無いけど「ぼげえぇ〜っ」と見ててそれなりに楽しめます。てな感じでした。

2006/4/30

「鐡馬」 宇都宮のやきそば屋  食い物の話とか

宮の原球場そば。出張の時とか、タクシーで前を通るので気になっていた。今日は午後3時まで寝てたので・・・早めの夕飯と言うか、遅いランチと言うかそんな感じで5時ごろ行ってきた。店構えはこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

店内には"Easy Rider"のポスターやら、バイクのミニチュアやら、ツーリングの写真やら。なるほど、それで鐡馬="てつうま"なのか。唐揚げと肉入りやきそばを頼む。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

そして思ったより量が少なかったのでライスも後で追加した(ライスも小振りだった・・・)。〆て1100円。ランチタイムなら、やきそばは肉抜きになるが、さらに味噌汁がついて650円なのでずっとお徳。行くならランチが良い模様。

やきそばは、かなり強いコシの麺で面白い。味付けはかなりしっかり着いてる。花男は好きだな。かなり気に入った。唐揚げの方は揚げたてのサクサク感が嬉しいが、これまた味は強め(醤油と酸味としょうが)で衣が多めなのが好みの分かれるところ。個人的にはもう少し衣が薄くて味も弱い方が良い(豚肉ならこのくらいの味の方が良いけど)。ライスは量はかなり少なめだったけど、美味かった。炊き上がりの硬さとかがモロ好みな感じ。

小腹が空いた時や、昼飯軽めにしたいときに良さげです。

2006/4/30

今年の初中禅寺湖  釣りの話とか

結局行った。予定が違った事と言えば仮眠をとらなかった事。明け方から大崎付近で3時間弱竿を振る。20cmちょいのウグイ一匹のみ。ウグイ・・・お前らも未だ活性低いはずだろ?

他はあたりもなし。寝る。

2006/4/29

「Rhyme Time」 by Steve Williamson 1991  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

前にも書いたけど、JAZZには憧れはあるんだけど・・・どうもやっぱ良く判らない。憧れはあるので、たまに手を出す。恐らくJAZZ好きの人達から見ると見当違いな手順で手をだしてるんだろうな・・・とか、カッコイイとは思う事はあってもJAZZファンの人たちの言うような真髄ってのはきっと判っていないんだろうな・・・とか妙なコンプレックスがあるのが余計良くないのかも知れない。まあそれでもたまに手を出していれば、好きなアルバムがもあるのだ。このアルバムも凄く刺激的だった。

もう15年前かあ・・・FUNKどっぷりの頃、なんか変化球が刺激的っつうFunkを求めていて、調度これ聴く少し前にスティーブ・コールマン&ファイブエレメンツの「ブラック・サイエンス」っつうアルバムを聴いて、どうもお上品で冷たくって・・・なんかピンと来なくて(その大分後に聴いた初期のは良かったけど)、「やっぱ鬼門かなあ・・・」と思っていたときに出会ったのがこれ。同じM-Baseって言われるサウンドらしいんだけど、確かに近いんだけど、全然肉感的で刺激的に感じられた。変拍子っぽい刺激も気持ちよく「おお、俺JAZZいけるんじゃねえの?」と若気の至りで勘違いする元となったアルバム(これがきっかけでオーネット・コールマンにも手を出す気になったんだっけ)

中でも一番刺激的なトラックは「The Running Man」。スピード感あふれる5拍子のFunkがつんのめりながら、障害物を飛び越えながら走って逃げていく感じ・・・・そんな絵を連想させる。そして当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、各人の演奏が本当に凄い。JAZZの人達は本当に凄いなあ。

他の曲もすべて良いです。何曲かでカサンドラ・ウイルソンも渋いボーカル決めてます。もう素直にカッコイイアルバムだなあって・・・思う次第。

こないだTUTAYAの廃盤8割引きでこの人のその後のアルバムを偶然見かけ、「懐かしいなあ」と思い入手した。そっちは正直いまいちだった・・・でもこのアルバムは今聴いても刺激的です。

2006/4/29

容疑者 室井慎次  映画とかドラマとか

クリックすると元のサイズで表示します

「田中麗奈が一杯走ってました」










と・・・まあ他にも・・・うーん地味です。一連の「踊るシリーズ」を期待して観ると大分違う。どーだろ・・・つまらなくは無かったけど、特に面白くも無かった・・・・無理してまで観ることは無いけど、TVでやったら観ても良いんじゃない?と言う感じかなあ。

2006/4/29

連休初日をまったりと  食い物の話とか

昼過ぎまで爆睡し、1時ごろ満福へ行く。今日はなんとほぼ満席だ。年に何度かこういうことがある。カウンター席が一個空いてたのでそこへ座る。「今日は指定席が空いて無いね〜」などとおじさんに声をかけられチャーシュー麺をオーダー。

と、花男の隣で食ってるおっちゃん・・・と言ってもひょっとしたら同い年位なのかも知れないが、妙に気になる。雑誌を読みながら、ビールを片手にラーメン食っているのだが、「ずるっ!」と麺を一口すするとしばらく雑誌に没頭。そしてしばらくするとビールを「ぐびぐび」、そしてまたしばらく雑誌に没頭・・・・超スローペース。大体半分食い終わったくらいだが、このペースだとここまで30分位はかかってるんじゃないか?

それじゃ麺・・・のびねえか?

確かに食っている麺、微妙に太くなってる気がするし、すっかり麺にスープの色が染みている。のびのびのぐにゅぐにゅの麺が好きなんだろうか・・・どうも気になってしょうがないのでついチラチラ見てしまう。そのうちビールの大瓶が一本空いたらしく「ビールもう一本」とバイトの姉ちゃんに頼んでる。カウンターで食ってると言うことはきっと一人できてるんだろうなあ。この場所的に・・・歩いてこれる所に住んでる可能性は・・・多分低い。

飲酒運転?

いや・・・歩いてきてる可能性ゼロじゃ無いし・・・等と、まあ勝手な妄想なのだが、そんな余計な事が気になってしょうがない。

そうこうしてるうちに花男のチャーシュー麺が来る。いつもの安心の味。がっつり食らって勘定を済ませる。食い終わった頃には店内もやや空いてきてはいたが、それでも普段よりは回転良くお客さんが来てる模様。そして花男が店を去るときも、隣のおっちゃんのラーメンは来た時からほとんど減っていなかった・・・・

帰りがけ、「お菓子屋らしきものが出来ている」と言う会社の人の情報があったところによってみた。
クリックすると元のサイズで表示します
と言う店。かなり場所的には微妙な所なのだが、調度二日前の開店らしく非常に賑わっていた。で、おばちゃんの立ち話が聞こえてきた「なんか売れちゃってほとんど何にも売ってないのよね〜」。一応店内に入ってみると、うん。ショーケース空っぽ。で、洋菓子系は29日まではシュークリーム販売のみらしいのだが、

「現在一時間待ちになります・・・」

だと?そんなの無理。他を見渡すと・・・商品はほとんど無いが、焼き菓子の試食品が皿の上にちょろっとあった。つまむ。普通・・・まあ美味いのかな・・・良くわからない。なんでこんな人気なんだろう?

さらに店内を見渡すと伝説の(?)栃木街道沿いの中華料理屋「栄(現在は知人に場所譲って別の名前の中華料理屋がある。栄で犬肉食わしてもらった事があったなあ・・・)」の店長が駅東に作った飲茶の店「遼順茶楼」のポスターが。「TVチャンピオンの餃子の店」とある。おお、知らないうちにそんな事になってたのか。前に堂本光一がやってた日曜お昼の番組に出てたのは見たんだが(「資格ゲッター☆ピカイチ」とか結構好きだった)、きっと花男の米国逃亡中にTVチャンピオンに出たりしたのかも知れない。そういや帰国してから行く機会が無いな。しかしこの店とはどういう関係なのか?

ともかく、このお菓子屋は廃れた頃にまた来ようと言う事で早々に後にする。

家に戻り「容疑者室井慎次」を見たり「F-瑠璃」の11巻を読んだりしながらまったりする。夕飯は・・・「シュークリーム1時間待ち」と言うキーワードが頭に残っていたこともあり、「そうだ、おにぎり&シュークリームコースにしよう(すっかりコースに・・・)」とアピタへ向かう。そうお結び亭&TIO GLUTON。おお、前回気がつかなかったがチーズケーキ、ちゃんと売ってたんじゃん。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
おにぎりは前回とかぶらないように、また5種類。唐揚げが売り切れだったのが残念。フォンダンショコラは今回温めて食ったら、確かにそのまま食うより美味い。チーズケーキはスティック状、うん美味い。おにぎり5個、シュークリーム、コルネ、フォンダンショコラと・・・その時点で既に食いすぎなのでチーズケーキはさすがに2個で止め、残りは冷蔵庫へ。

これから仮眠とって中禅寺湖行こうかなと少しだけ考えてるが・・・どうしよ。まだ相当寒いよなあ・・・水冷たくてどうせ釣れないよなあ・・・と大抵このパターンは行く事になるのだが・・・ともかく考え中。

2006/4/28

午後からの出張は田端  食い物の話とか

なわけで、昼飯は宇都宮駅東で食おうと。「賓龍」っつうラーメン屋の前にたたずむ。「サイロン」って読むの?暖簾に書いてある文句が一寸気になる・・・
クリックすると元のサイズで表示します
本店が「サッポロススキノ」と言うことは味噌ラーメン系だろうか・・・で一寸だけ迷ったが結局入る事にした。そしたらやっぱ味噌ラーメンが売りっぽいが、一応醤油ラーメンもある。「そうか・・・やっぱ味噌が売りか・・・」と不安を感じながらも醤油ラーメン、それと半チャーハンを頼む。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
なるほど。味噌ラーメンの「味噌だれ」をそのまま醤油ラーメンに変えた様なラーメンだ。モチモチの中太ストレート麺はさぞかし味噌スープに合うだろう。家でも作れそうなシンプルな出汁のスープだが、さっと炒めたもやしの風味で結構広がる。これも味噌ラーメンにあわせたためか、ほとんど仕事のしてないまんま「豚肉!!」って感じのチャーシューが・・・ん?・・・悪く無い。あれ・・・意外に食える。「凄く美味い!!」とは思わないけど、まあまあいける。なんか記憶にある味。うーん・・・醤油タンメン?家で昔かあちゃんが作ってくれたラーメン?そんな感じ。

一方のチャーハンはカウンターから見えた厨房での手際の良さからは意外だったが、塩っけが均等に回りきって無くて、ところどころ偉いしょっぱかったり・・・・製造ロットが変われば改善される?後、ラーメンとは逆にもやしの風味がえぐさを演出して逆効果。こちらは食感とか、見た目は良かっただけに残念。塩っけが均等でもやし抜いたら結構美味い気がする(そういや「チャーハンもやし抜き」って注文してる人がいたなあ)

で、田端へ。待ち合わせに少し時間があったので「ドトールで茶しばこう」思ったら満席。マックへ入る。
クリックすると元のサイズで表示します
バニラシェイクMとホットコーヒーSとポテトS。シェイク、Mが200円でSは100円。「S2つとM1個とどっちが多いんですか?」と聞こうかなとも思ったが、それもなんだかなと言うことでMにした。田端で口にしたのはこれだけ。

仕事を済まし、宇都宮へ戻る。駅東の一寸気になっていた「とある」洋食屋へ。「とある」としたのは・・・・実は店名が良くわからないのだ。表の看板らしきものには「洋食酒菜Ren」とある。メニューの表書きには「Ajimitei」とあって「まさにここの」店内の写真が印刷されている。で、中開けるとランチメニューがありそこには再び「洋食酒菜Ren」。そして黒板に書かれたおすすめメニューには「Ren特製XXXX」等と書かれている。この時点は「『洋食酒菜Ren』が店名で『Ajimitei』が出資してる会社だったりするのかな・・・」等となんとなく納得しようと思っていた。

しかしてレシートを受け取ると
クリックすると元のサイズで表示します

わけわかんねえよ!!

まあ良い。で手作りハンバーグセットを頼みました。
クリックすると元のサイズで表示します
ハンバーグは、これ・・好きな人は好きなんだろうな。やっこい系。花男はもっと粗挽きで身が詰まった「肉!!」っつう感じで表面焦げてた方が好き。実は「アメリカの牛肉で」自分が作ったハンバーグより美味いハンバーグ最近食っていない(日本帰って来てから作ってないが・・・脂の少ないアメリカの牛ひき肉はハンバーグに最高)。後、これも個人的な好みだけど米はもっと硬く炊いてあった方が好きだな。でも付け合せのポテトサラダやら、スープやらの味はかなり美味かった。と言うことはきっとこの店美味いのだ。ライス大盛りも価格UP無しだし、「足りなかったら言ってくださいね」とお代わりまでさせてくれたし(柔らかいのだめじゃなかったのかよ!?)。予約が何件か入っていたようで、そこそこ人気もあるらしい。飲みに来るのも、貸切でパーティーとかも悪く無さそうだった。次の機会には別のもの食おう。気になるメニューいくつかあったし。

と、飯食って帰宅。今から「富豪刑事」見よう。そして「よっしゃGW」である。無計画に迎えてしまったが・・・

追記
最初の駅東のラーメン屋、どうやら「寶龍」で「ホウリュウ」らしい。総本店のHPに、FC店として宇都宮駅東店もあった。全国に結構な店舗数あるらしい。なるほど、完全なチェーン店な訳か。

2006/4/27

三島方面へ行った  食い物の話とか

今日も出張明日も出張。今週は多いな。で、もうすぐGWだ!!

と言う事で、宇都宮駅にて在来線のホームまで行ってそば食うほど時間は無かったが、「BECKERS」なら何とかなるかと朝飯食う。
クリックすると元のサイズで表示します
ホットドッグ。半分まだ寝ぼけながらぱくつく。食い続けながら「なんか味が足りないなあ」とかぼんやり思ってたら、食い終わったらこんな物が残ってた。
クリックすると元のサイズで表示します
ケチャップかけてねえじゃん、俺・・・・

とそんなこんなで三島へ向かう。三島で待ち合わせをしてそっから更に車で裾野の方までっつう寸法だったと着いてから知る。

で裾野近辺でディーラーさんやら色々と一緒にお昼。鶏肉系の店。テーブルに座ると「女性にも人気!!ジューシー唐揚げ」とちっこい黒板に書いてある。女性では無いが唐揚げには実は目が無い。胃袋すっかり唐揚げモードである。よし、心は決まった!!

するとディーラーさんが「ここのお勧めは『釜飯』なんですよ」と・・・・そんな事言われたら・・・・礼儀・・・自らの欲望・・・食いたいのは唐揚げ・・・でも・・・うーん・・・店員がオーダーを取りに来る。
さあ!!どーする!!

「私も釜飯で、お願いします・・」

弱い・・・いや・・・社会人をまっとうしたのだ・・・よな・・・
クリックすると元のサイズで表示します
いや、非常に美味しかったです。でも当分の間「ああ・・・あそこの唐揚げどんな味だったんだろう・・・」と言う未練は続くと思われる。

客へ行き、仕事を済ます。帰り三島駅で調度5時ごろ。小腹が空いたので新幹線ホームの立ち食いそばで「さくらえび天ぷらそば」を食らう。宇都宮駅の近辺でどうせ夕飯食っていくので、あえてここで我慢するのが普通の大人なんだろうけど・・・・今日のお昼の事もあるし、目に付いたら食っとかないと後悔する。

クリックすると元のサイズで表示します
麺と出汁は安っぽかったけど、さくらえび美味かったです。それに元来、花男は立ち食いそばの安っぽいのも嫌いじゃないし、空いた小腹も収まったしまあ納得。

そして夕飯は宇都宮駅東の「丸信ラーメン」へ二度目の来店。オーダーは前回同様あっさりチャーシュー麺と揚げ餃子。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

つくづく手打ちの縮れ平麺が残念だが、やっぱりこのスープは好きだ。しいて言えばこのスープにはネギの青い所は風味が強すぎる気がするので、白い所だけにしてくれると更に好きになる気がする。ちっこくて一杯入ってるチャーシューもやっぱ美味い。うん、やっぱトータルで好き。

揚げ餃子もやはり割と美味い。でも今日は、ホワイト餃子の代替品としては役不足かなと思った。やっぱなんか弱い。ホワイト餃子・・・次ぎ食えるのはいつだろう・・・

でもってただいま帰宅。連休前も後ひと頑張りだ・・・

2006/4/25

今日は山形へ行った  食い物の話とか

朝、タクシーで宇都宮駅へ向かう。通常20分、夜中や朝超早いと15分、ちょっと通勤始まって混み始めると25分〜30分弱ってっ感じの道程。道も混みめの時間帯、また何かあって新幹線間に合わないと山形方面行きは本数少ないので時間を余裕見てアレンジ。

しかし今日のタクシー・・・・裏道使いまくり。今まで何度もタクシーで駅まで行ったが、「こんな道まで通るか?」っつう初公開の裏道オンパレードである。そしてとりあえず飛ばす。まあ飛ばすこと。狭い道でもかっとんで行く。ちょい、タクシーの中でうとうとしようと思ったが、妙な緊張感で目はくっきり。10分ちょっとで着いちまった・・・・時間たっぷり。

と言う事で駅の下のカレースタンドで朝飯。朝の7:30からカレー。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

期間限定と言う言葉に負け、スタミナカレー・・・朝から食うにはヘビーすぎた。朝のこんな時間からカレー食ってる事もよくよく考えれば異常なのだが、せめて普通のカレーにしておけばよかった。やや「ゲボ」な感じ。朝飯には「豚ばら肉」は余計だった事だけは間違いない。

で、山形の「さくらんぼ東根」へ。新幹線で進むと(ほとんど寝てたけど・・・)、窓の外は残雪があったり、桜がちょうど満開だったり、やはり多少季節感が違う。お客さんも「つい先日雪が降ったんですよぉ〜」と嬉しそうに(?)言っていた。

そして、今日は久々に、何年ぶりかで山形で飯食った!!一度は食った方が身のためとお客さんに言われていた「肉そば」っつうのを食うために「一寸亭支店」へ行った。「肉そば」と「とりそば」があってとりそばのほうが200円高い(800円)。「どう違うんですか?」と聞くと、基本は一緒だけど「とりそば」の方が乗ってる野菜類の種類が多いんだと。で、「あったかいの」と「つめたいの」があって「つめたいの」の方がお勧めと言う事だったので、「つめたいとりそば」を頼む。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
うん、美味い。面白い。しっかりと腰があってかつしなやかなそば、強めの出汁そしてコリコリの食感の鶏肉が絶妙。しいて言えば長ネギ多すぎかな・・・シンプルな「肉そば」の方が良かったかも。「温かいのもきっと美味いね」と言うのが同席者全員の合意意見。鶏のコリコリ感は失われるかも知れないけど、この出汁とこの麺なら温かいのもいけること請け合い。

帰りは新幹線街の間軽く茶した。「さくらんぼ東根駅」の下の喫茶コーナーにて
クリックすると元のサイズで表示します
黒糖ロールケーキ・・・だったかな?結構美味かったけど、単品420円、セットで680円はやや割高。みやげ物コーナーと一緒になった店内には有名人の者と思われるサインが結構な数飾られてた。こんな所でサインしていくんだなあ〜。ほとんど解読出来ず(読めないか読めても知らない奴か・・・)。唯一、読めないサインの横に楷書でしっかり名前を再度書いてあった「陣内貴美子」はなんとなく。バトミントンの人だよね?

てな感じで、宇都宮に戻り・・・ただしあまり腹が減ってなかったので駅の方で食事はせず、家に戻り「ふぞろいのラッキーカルパス」の残りをぱくつく。そんな出張な日だった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ