バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/3/22

「Love Power Peace-Live at The Olympia, Paris 1971」  音楽の話とか

by JAMES BROWN 1992
クリックすると元のサイズで表示します
病み上がりにFunk。なんつったってJBである。Funkのお父ちゃんです。もちろん大好き。でもJB関連ってあまりにも大量に音源がありすぎて・・・網羅っつうのは実はしんどい。それに個人的には結構当たりはずれがあるというか、「JBなら何でも最高!!」と言う感じでもなかったりする。そりゃ何聴いてもそれなりにはカッコイイけど、やっぱ個人的な「ツボ」ってのがあって、はまったりはまらなかったり色々。そんな中で、このライブはもう最高!!もろにツボに入りました。「これって本当に最強Funkじゃない?」ってそんな感じなアルバムです。

71年のパリでのライブらしい。1時間ちょっと、もうグルーブの洪水!!やっぱバックにブーチー&キャットフィッシュのコリンズ兄弟が居るってのが吉なのか?ギターとベースがもう偉くカッコイイのは間違いない。もちろんブーチーも凄いんだけど、兄貴がまた良いね!!いやあ、キャットフィッシュ本当に最高!!フレッドウェズリー率いるブラス隊も良いです。ボビーバードもカッコいいなあ・・・・でもやっぱ御大JBが最高っす。

曲としては、いや、やっぱりもう全篇が最高で捨て曲(捨て演奏?)無しだけど、しいて言えばやっぱり「Ain’t it Funky Now」、「SEX MACHINE」、「Give It Up or Turnit A Loose」、「Super Bad」、「Soul Power」あたりのゴリゴリのFunkナンバーが最高だなあ。このアルバム出るまではJB聴いた中では「Jungle Groove」っていう編集版が一番好きだったけど、今はこれが一番好きかな。ともかく、熱〜くガンガンとグルーブしたい人、このアルバムなんかいかが?

2006/3/22

大変な事になっている部屋に横たわる愛器  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します
日曜日は風邪が治りきらぬ中、久々にスタジオで音を出してしたりした。かなり久しぶり。ただでさえブランクなんぞ無くても元々大したことも無い腕である・・・・普通のことが普通に出来ない。次までには・・・いや今年中には普通のことが普通に出来るようにはなろうと、心に小さく誓う(でも練習って昔から嫌いなんだよね・・・ギターいじってるのは好きなんだけど)。でも楽しかった。やっぱスタジオでおっきな音を出すと言うのは非常に気持ちが良い!!

しかしながら・・・と言うことで体調はその後すっかりまたボトムへ急降下、ようやくほぼ復帰した感じ。歳をとったら体はいたわりましょう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ