バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/3/18

岩崎良美の「赤と黒」を聴きながら  音楽の話とか

岩崎良美の曲がなぜか断片的に手元にある。で、掲題の曲は好きなので、たまにぼうっと聴く。名曲です。でも冷静に聴いてみると・・・この曲がアイドル歌手のデビュー曲だなんて・・・一体何処を目指していたのか?とか要らぬ疑問は沸いてくる。調度松田聖子が「裸足の季節」でデビューしたのと同時期で確か同じタイミングで「ザ・ベストテン」に出てたから・・・1980年か。

渋いギターが炸裂するイントロが終わったあと、少し抜けるような感じでふわーっと「あぁ〜♪」と言う岩崎良美の声が入る瞬間、吸い込まれそうな感じになる。やっぱこの歌唱力から言ってもアイドルのデビュー曲と言うくくりが間違ってるのかな。非常に気持ち良いのだが、アイドルに接するような、うきうきわくわく感とは断じて違う。

曲の方もえらく凝った構成。短いイントロの後サビから入り、ちょっと昔の歌謡曲風のしっとり「和」の感じのAメロとなる。やや軽やかになるBメロからまた一転またぐっとシックになるCメロへわたり終結感を出し、Bメロをモチーフにしたジャジーな間奏に流れ込み1コーラス目が終了。サビはまだまだ最初に出たっきり。で間奏あけ、短めのAメロ、で今度はベル薔薇チックなストリングスも伴いながらB→C→サビと、勿体つけてぐわーっと盛り上げて、やっと行くのがまたあのふわーっとした感じで・・・いや、読んでると良くわからないと思うけどすっごい構成で、アレンジがもう豪華で、曲もよくて、当たり前だけど演奏も凄く上手で見事なプロの作品・・・・でそんな曲に真っ向渡り合ってるのがアイドルデビューの少女と言うのが凄い。

しかし・・・数を売るのが目的の歌謡曲。どの層を狙ったらこうなるのか?個人的にはなぜかつぼに入り当時から大好きだったんだけど・・・当時この曲好きだったって言う若者はそうは居なかった気がする。凄い曲ではあるけど、例えば当時のロックやらニューミュージック的なカッコよさの基準から言えばむしろ「ダサい」方向にリッチに肉付けされてる気がするし(個々の演奏抜き取ればフュージョンチックにカッコよかったりはするけど)・・・冒頭の通りアイドルに対する「うきうきわくわく感」も無い。狙いは大人か?ロリコンオヤジ狙いだったのか?いや・・・そんな事もないだろうし・・・

その後の「涼風」とか「I THINK SO」とかの方がもうちょっと「ニューミュージックよりのアイドル」って感じで方向性がはっきりしてる気がする。するとあの「赤と黒」は何かの気の迷いだったのか・・・それとも目指していた方向があまりに高尚過ぎて方向転換したのか?

他の作品では個人的には尾崎亜美作品でちょっと"エモーションズ"な「ごめんねダーリン」が好き。「タッチ」とかはあんま好きじゃないんだけど・・・結構他にも良い曲あったりする。歌うまいし。そのうちCD買おうかなとかたまに思うけど現在までの所購入にはいたらず。


えー、当時若者で「赤と黒」好きだったよと言う人いたら、何がコメントくれると嬉しいです。

2006/3/18

SURVIVE STYLE 5  映画とかドラマとか

クリックすると元のサイズで表示します

熱にうなされながら見た。基本的にはストリーは無い?健康な時に見てもそう感じたんじゃないかな。テーマとかそう言ったものがあるんだとしたら良くわかりません。

絵は綺麗。細かい所も色々よかった。何度殺しても生き返ってくる美人妻の橋本麗香が良い。他にもゲイなシーンで必ずかかる、岡村ちゃんと電気グルーブの曲が非常に効果的だったりとか、小泉今日子のプライドの高さと対照的なイタイ笑い方とか・・・色々。殺し屋は・・・スナッチにも出てたやつだなあ。値切れば1万でもアフターケアまできっちりこなすプロ(元々の100万円っつう設定も微妙に安い)。阿部寛のやな奴っぷりも殺されっぷりも良いし、その後の不幸と対照的に仲の良い馬鹿家族っぷりが幸せそうな、催眠術師のショー会場へ向かうドライブシーンとかもナイス。

一番好きなのはラストシーン。浅野忠信の落ち行く先にスーツ姿らしき物体が突っ込んで来る所で「なるほど」と納得のハッピーエンド?ポジティブシンキングの勝利。大好きなCAKEの「I Will Survive」がかぶってきてなお最高。岸部一徳ナイス。


2006/3/18

風邪をひいたら  食い物の話とか

アイスクリームと果物を大量に食う事にしている。今日も大量に食った。

そしてそれでもパワーが上がってこない時はクリームシチュー。
クリックすると元のサイズで表示します
一人暮らしではありえない量のクリームシチュー・・・一人分だけ作っても美味くないんだよね。これをおかずとしてや汁物としてでは無く、主食としてひたすら食らう。大体ここまでやると、風邪ひく前より体重はかなり増加するのだった。それにしても写真は美味そうじゃねえなあ・・・

2006/3/18

煙草がまじい  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します

発熱・頭痛・嘔吐・堰・下痢にて二日ほど寝込む・・・先週からおかしかったのがどうやら継続していて、ここに来て再爆発したらしい。この、体調の不調とかが、一週間がかりでじわじわ来る感じが年寄りっぽくってやだなあ・・・

で、まだ身体はだるいが、とりあえず下痢と堰以外は大体治った感じ。食欲も復活しラーメンも食った(味はいまいち分からなかった・・・)。となれば、煙草も吸いたくなる。しかし煙草は不味かった。それでもまた吸いたくなる。不味くてまたすぐ消す。でまた吸いたく・・・・サルだ。

明日はずっと前からの約束で、神奈川方面までお出かけ・・・・体調は不完全だが義理は欠きたくない感じ。何より自分が楽しみにしていた事だし。

週明けの事はあけてから考えよう。だめんなったらまたその時だな。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ