バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/3/14

「Jackson Sisters」 by Jackson Sisters 1976  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
このアルバム収録のダンスクラシックス「Miracles」を最初に聴いたのは20年近く前・・・多分87年とか88年だったかな?「Funkってなんすか?」っつう花男の無邪気な質問に対してとある先輩が編集してくれたカセットテープがあった。収録されていたアーティストはJB’s、Radio、CHIC、Kool & The Gang、Sly and The Family Stone、Graham Central Station、LTD、Fatback、Mandrill、Ripple、大橋純子(アルバムRainbow 収録の“Feel So Bad”、超カッコイイ!!)・・・そんな中にこのJackson Sistersの「Miracles」も入っていた。レアグルーブの編集版に入っていたらしく、その時はもうレコ屋とかでは入手不能だった。で、なんか良いなあって思ってた。聴いた当時はあのマイケルさん達んとこの「Jacksons」となんか関係があるのかと思ってたが、全く関係ないらしいと知ったのは実は数年後。だって一番盛り上がる所のボーカル、最初ガキの頃のマイケルさんだと思ってたし・・・・

で、このアルバムがCD化されたのが1996年。「おおっ!!遂に出たんだ!!」っつう事で即効GETしたっけ。中ではやっぱ「Miracles」が抜群にカッコイイ。なにやら「ぶーんびゃーん」言ってる所に切り込んでくる複数のギターカッティングと決めまくりのブラス隊がひっじょおーに気持ちよい。で、各ボーカルは要は「基本は子供」。マイケルさんもそうだし、まあ物まねっちゃあそうなんだけどフィンガーファイブのアキラ、フォルダーの男の子・・・ああいう方向へ歌の上手い小僧のボーカルって気持ち良い(こいつらは女の子達だけど・・・)。ちょっと舌足らずな感じまで含めてナイスです。

後は、キャンディーズか筒美京平かっつう(まあキャンディーズや筒美京平の楽曲がこの頃の洋楽ぱちってるんだけど・・・)、アレンジが素敵な「Boy, You’re Dynamite」 とか、しっとりおしゃれな「Shake Her Loose」あたりも結構良いかな。他の曲もまあ別に嫌いってことは無いけど・・・やっぱ「Miracles」を繰り返し聴くっつう機会が多いかな。この曲のシングルCDでもあればそれで十分なんだけど・・・まあ、無いから、興味ある人はアルバムで聴いてみて頂戴。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ