バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/3/4

PRIDE31の地上波放送を見た  格闘技見ちゃった話とか

まあ結果は先に知ってたけど。まあ割りと地味・・・だったかなあ・・・しゃーない。つらつら身勝手感想を書いてみる。

エイネモVsヴェウドム戦、ヒーゾVsゼンツォフ戦は完全カット。コールマンVsショウグン戦、ランペイジVsユン戦はダイジェスト。この4戦で既に予想はボロボロ。しかしランペイジVsユンが判定まで行くとは・・・ユンが強くなったのか?それともジャクソン気合が入ってなかったのか?ダイジェストのみからでは読み取れず。ショウグンやばい方向に腕が曲がってた・・・なんか下から良い感じに攻めてたのにねえ。怪我が長引かなければ良いが・・・コールマンの調子はあれじゃ全く不明。

田村Vsノゲイラ。十字で一本は予想通りも、田村なんも出来なかったね。これじゃノゲイラに「調整試合」言われてもしょうがない。これからどうするんだろうなあ・・・立ち振る舞いは雰囲気があって好きなんだけどね。それにしてもなんでこんな無茶マッチメイクするのか?

ジュシュVs中村。ジュシュのだぶだぶ感、多少改善された模様。そして圧勝。全く危なげなし。KOの予想だったけどスリーパーで一本でしたね。まあ、中村の無差別出場は無しでしょう。ジュシュはやっぱきっちり強い。無差別級GP(実質ヘビー級GPになるんだろうな・・・)での強豪との対決は楽しみ。

アリスターVsハリトーノフ。嬉しい番狂わせ!!ハリトーノフ何にも出来ず・・・と言うか投げられた時に肩を脱臼してたっぽい。まあアクシデントとは言え、お見事。運が太い。そしてPRIDEでは対ロシア人3連勝だな(アターエフ→ボブチャンチン→ハリトーノフ)。しかも全部KOか一本。無差別級GP出場確定?優勝はありえなくても、運の太さでもう一人くらい大物食いして欲しい。ヒョードル相手に対ロシア人4連勝・・・だったら凄いけどね。無いね・・・さすがに。

高坂Vsマリオ。じじい対決(あれ・・・田村の方がじじい?)は「世界のTK」の逆転KO勝ち。無差別級でれたら地味に頑張ってください。こちらも地味に応援します。

西島Vsハント。「動けるデブ」ハントもさすがに太りすぎじゃねえか?もう少し絞りましょう。いやあ、結構面白かった。でもPRIDEの試合じゃないよね、なんか。ハントある意味やり放題?寝技じゃすっかり練習・・・いや実験モードだし、ニードロップは狙うし、1ラウンド終了直前から先は、ほとんどノーガードできっちりどつきあいに付き合って最後はKO。殴られながら休んでる奴初めて見た。「西島良く頑張ったぞ!!」とは思うけど、確かにパンチとかたまに鋭かったけど、何発当たってもハントが倒れそうな気はしなかったし、それに他の奴がここまで持ち味出せるように付き合ってくれるのかっつったら・・・それに今回、PRIDEの展開としては一番自分の得意なフィールドで、結果ぼこぼこにされた訳だし。次はどうする?シウバなら付き合ってくれるか?でまた耐えた末にKO負けで「頑張ったぞ!!」って言われるのか?それともなんか大化けする裏技があるのか(無いよね・・・)?まあ、期待せずに待とう。そして一方のハントは・・・GPでは寝技でころっと負けそうな気もする・・・やっぱハント面白いから頑張って欲しいんだけど。

そんな感じでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ