バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/3/30

「Mother's Milk」 by RED HOT CHILI PEPPERS 1989  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
もう10年ぐらい前、誰だったか黒人アーティストのインタビューで「最近の大半の白人のガキどもはFunkを発明したのはRed Hot Chili Peppersだとおもってやがるんだぜ!?」なんつう事を言っていた。ある日突然、あっと言う間に大ブレークして(その一方で、どうしてFish Boneは日本でしか受けなかったのか・・・)、最近もはや大御所なレッチリ。

そりゃあ個人的にはFishBoneの方が好きだけど、レッチリも十分大好きだった。この手の連中の中ではFishBoneの次ぐらいに大好きだった。いや、今でも新譜が出れば聴くけど微妙に過去形なのは・・・・そうそう、もうすぐまた新譜も出るらしいなあ。で・・・安定感とか完成度とか・・・やっぱ今の方が高いんだよね、きっと。「最近のレッチリが最高!!」って言う人が居てもそれはそれで判る気がする。しかし新譜が出て聴く度に、カッコイイなと思いつつもどこか寂しい気分になるのは・・・自分だけ?どうしても馬鹿で、はちゃめちゃで、ガキで、おちんちんなレッチリがいとおしいのだ・・・でつうわけで、初期〜中初期(って言うのかな?)あたりが良い。アルバムで言うとクリントンのプロデュースしてた「Freaky Styley」とかも好きだけど、やんちゃながらもちょっと完成度が上がった頃、この「母乳」が一番好きです。

Funkをベースにしながらも粘りより切れで勝負ってところが白人さん的? だから多くのロックファンに受け入れられたのだろうなあ。エッジの効いたサウンドでシャープに迫ってくる。Fleaのベースはやっぱり良い。切れがあって抜けが良いが適度に太い。ギターも気持ちよいなあ。死んじゃったヒレル・スローバックには申し訳ないけど、このアルバムからジョン・フルシアンテがギターで参加していて、こん時は相当若かったけど達者度はヒレルさんよりずっと高い(ヒレルのギターも嫌いじゃない。このアルバムでもライブでのジミのカバー「Fire」で一曲だけヒレルのギターも聴けます)。いや、かなりのかなり達者さんです。アンソニーは馬鹿で良い。ドラムのチャドもここから参加。良いです。

曲の方は全篇勢いがあって良いです。FishBoneやら色々な曲のサンプリングも途中コラージュされる、オープニングの「Good Time Boys」からガンガン来てます。一番好きなのは結構泣きのメロでポップな「Knock Me Down」かな。でもルーズなグルーブにザクザク言ってるギターが気持ちよい「Sexy Mexican Maid」も相当良いです。「Higher Ground」も捨てがたいなあ・・・ああ、FishBoneの時になぜか書いたけど、何故か一曲だけFishがドラム叩いてる「Taste of The Pain」も良いです(ドラムはこの曲が一番好きな・・・おいらはやはりFishBoneファン・・・)。まあつまりもう全曲が良いわけですが。

と言うことで、まさに成長しまくってた頃の若いレッチリ、当時の勢いをひしひしと感じられる傑作ではなかろうかと、そう思うしだいです。えーと・・・・新譜多分買います・・・・

2006/3/30

謙吾????  格闘技見ちゃった話とか

あのパンクラスに居た謙吾?ドスカラスJrに負けた謙吾?K-1のラスベガス大会のトーナメントに出るらしいが・・・どうなのよ?

SINOBUって・・・花戸忍???MAX出るらしいが・・・試合は見たこと無いが強いらしい。でも・・・階級大分下じゃなかったか?

やっぱK-1って不思議だ。と独り言。

そうか今週末は武士道か。どうせ地上波放送まで見れない。近藤と今成とニンジャに頑張ってもらいたい。あ、相手は「・・・」だけど美野輪も頑張れ。いかに湧かすか?

2006/3/30

今日は新横浜方面へ出張  食い物の話とか

現在のBGMはPRINCEの新譜。まだ3曲目だけど、やっぱさすがですね。なかなかカッコよいです。

朝飯は宇都宮駅でサンドイッチ。関西弁の老人会風の団体でごった返す中、ホームで新幹線待ちながら食らう。
クリックすると元のサイズで表示します
はずれが多かった新幹線改札入った所の売店のサンドイッチだが、この「パストラミビーフ&エッグサンド」は結構食えた。

用事を済ませ、昼飯は新横浜駅側の・・・店名忘れたが「なんちゃら水産」って所。入るや否やレジの横にイカが居る。
クリックすると元のサイズで表示します

店内の雰囲気はこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
暗くて良くわからんなあ・・・席の周りにいけすが張り巡らされ、魚が泳いでおりました。

で、美味そうだなと思った煮アナゴ丼をいただく。945円なり。
クリックすると元のサイズで表示します

うーん、味は普通かなあ・・・不味くは無かった。温泉玉子の黄身と刻み海苔の風味の組み合わせが良かった。でもアナゴのインパクトが低かったのがちょっと期待はずれ。と、微妙な気分の中、会社へともどるのだった。

2006/3/29

最近わかったこと  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
「イチゴを美味しく食べるためにコンデンスミルクがある」のではなく「コンデンスミルクを美味しく食べるためにイチゴがある」のだと言うこと。

2006/3/28

「THE POTATO 5・・・・  音楽の話とか

FEATURING FLOYD LLOYD SEIVERIGHT MEET LAUREL AITKEN」 by POTATO 5 1987
アルバムタイトル長すぎ!!
クリックすると元のサイズで表示します
うん、気持ちよい。いなたさが良い。実はよく知らんのですよね、この人たち。スカっつうのに興味があってジャケ買いしたのは発売当時だから・・・19年前。この人たち次のアルバムは変な打ち込みっぽいの取り入れたりしていまいちだったけど、このアルバムは非常に気持ち良いです。その後ちょろちょろ他の人たちのも聴くも、スカにはあまりはまらなかったけどこれは今聴いてもなんか良い。

イギリスの人たちらしい(ボーカルの二人はジャマイカの人らしい)。でも、スペシャルズとかマッドネスとかスカベースのカッコよさげなパンクさん達とは違って、なんかあくまでいなたく普通にスカをチャカチャカやってます。カッコ良いかカッコ悪いかで分けたらカッコ悪い部類に入る。緊張感のかけらも無い。演奏もなんかたるくって・・・でもそこがま気持ち良いしかわいい。ひじょーに癒されます。

好きなのはやっぱ「Mad about you」だなあ。かわいい。一曲目の「Tear Up」もほうけた挙句、突き抜けた様な明るさが気持ちよい。当時ロンドンではなんかその手のクラブで盛り上がったとかなんとか・・・でも個人的には小学校の校庭のジャングルジムの天辺に仰向けに横たわり、青空にちょっと雲の浮かんだ空に吸い込まれそうになりながら聴きたい音楽。みなさん是非一度ぼうっとふぬけて聴いてみませんか?

2006/3/27

ひさしぶりのガスト  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

一人じゃ絶対行かないが、久々に入った。期待以上の味では絶対に無いが、期待を大きく下回ることも無い安心感。そこには特別な幸せは無いが大きな絶望も無い・・・ファミレスごときで何を大げさな事言ってるんだ、俺?

チェーンの強み、マニュアルの勝利。今日のもまあそこそこ美味かった。

2006/3/26

「SPELL」 by 吉田美奈子 1997  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
「夢で逢えたら(“夢でもし〜逢え〜たら〜♪”ちゅうやつね)」のオリジナルの人って言ったら通りが良いのかな?ちょっと怖い姉御風な感じの吉田さんです。こないだ出たブラスをフィーチャーしたやつも良かったし、このアルバムの前に出た(ひょっとしたら・・多分前の前かも・・)”Extreme Beauty”も濃い内容のアルバムだったし、デビュー当時のも好きだし、80年頭くらいのグリグリのジャパニーズFunkな時期の曲も良い。で、そんな中で一番「カッコイイ」と思ったのはこのアルバム。

いや、やっぱ吉田さんのボーカルは凄いね!!で、声的には花男の声フェチ基準から言うと間違いなくはずれなんだけど・・・もうこの人のボーカルは本当に圧倒的でここまでやられちゃうと「すげえ・・・」としか言い様が無いのだった。もうひれ伏して聴いてます。で、それが気持ち悪いどころか凄く気持ち良いんだよね・・・俺・・Mか?いや、例えば花男は酢豚が見るのもいやなくらい嫌いなんだけど、「この世のものとは思えないくらい本当に美味い酢豚」っつうのが仮にあって、それを食ったとしたらこういう気分になるのかな・・・などと訳のわからない事を思ったりもする。

で、このアルバムですがとんでもなく緻密で重厚なサウンドと、これまたとんでもなく上手いボーカルががっぷり四つの超傑作。正直体調の悪い時に聴くと”胃もたれ”するくらい濃厚。個人的にはやっぱがっつりヘビーなFunkナンバーが好き。サビが印象的な「Radiance」、ちょっとメランコリックな「Crow」、もうほとんどいっちゃってる超低重心Funk「GOTHAM GOTHICK」、じっくり歌い上げるボーカルが印象的な「Shadow Winter」・・・どれも素晴らしい。めっさクオリティー高いです。Funkなんだけど、ちゃんと”日本”な所も好感度高いです。

がっつり、濃厚な奴いっちゃいたい気分の方、どう?

2006/3/26

麺6連食、ラーメン3連食  食い物の話とか

満福でチャーシュー麺。やはり週に1回は食わないと。たまに味がばらつくのだが、本日のロットはやや鰹が強め。しかし、どうばらつこうが本当に美味い!!

一昨日、昨日と休みだったので「何で?」と聞いたら娘さんの結婚式だったそうで。たわいも無い話を色々。「今日は客が来ないねえ〜」なんてオヤジさん言ってた。"流れ"から行けば入るはずの日だったのらしいのだが、いまいちだと。そば屋の方の入りも悪いらしい。客が一杯になるのはいやだがつぶれてしまうのはもっといやなので、みんな食いに行ってね。産業道路沿い鹿沼インターそば。宇都宮から鹿沼に向かう方向に走って左手で、「名物そば」とセットで敷地内に立ってるラーメン屋。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


帰りがけに本屋による。便所を借りる。
クリックすると元のサイズで表示します
そうか、やっぱり便座の蓋はしめるのが正しいのか。男の子的にはあけっぱなしが合理的かつ自然なんだけどなあ。蓋は臭くてどうしようも無い時用についているものだとばっかり・・・・

まだ眠い

2006/3/26

きょうはひさしぶりにつりにいってきました  釣りの話とか

クリックすると元のサイズで表示します
ひとでがいっぴきつれました

・・・・寝る

2006/3/25

「Moon In Scorpio」 by  The Family Stand 1991  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
前二作はクラブ系のサウンドだったのに、何を思ったか急に当時流行のブラックロックサウンドを引っさげてのファミリースタンドのサードアルバム。これが、結構ポップでヘビーでなかなかカッコ良いのですわ。どうも馬鹿っぽく無いのが好き嫌いの分かれ目かな?

でもこのアルバムを取り上げたのは、一曲(2トラック)すっげえカッコイイ曲があるから。そいつは「New World Order」とリプライズっぽく出てくる「In the Midist of Revolution」だ(基本的におんなじ曲)。ぶっといグルーブにヘビーなギター、それに答えるボーカル陣の気合の入ったシャウト、そして切れの良いブラス隊、いやもう判りやすくカッコイイ!!フェイドインでメインリフの繰り返しだけ持ってきてギターソロ炸裂しまくりの「In The・・・」の方も鳥肌もの。この、えらくかっこいいギターは誰かと思ったら、Living Colorのヴァーノン・リードさん。いやあヴァーノンさん凄いな。Living Colorも笑えないので(?)あまり聴かないんだけど、たまに聴くとかっこいいもんなあ・・・

他の曲もポップで良い。中にはちょい一頃のプリンスっぽかったりもするのもあり。どのトラックも演奏はかなり達者だし曲は丁寧に作られている。当時の他のブラックロック陣と比べて馬鹿度とかごちゃ混ぜ感は低い。その分やや黒目のアメリカンポップスと言う感じで笑っちゃうカッコよさは無いけどこれはこれで気持ちよい。まあ個人的には「New World・・・」一曲に出会えただけでも収穫ありだったので◎です。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ