バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2005/11/23

クレージーシングルス ハナ肇とクレージーキャッツ  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

「ぜにのないやつあ俺んとこへこいっ!!俺も無いけど心配すんな♪」
青島幸雄はやっぱり凄い・・・このフレーズに続いて「見〜ろよお青い空〜白い雲〜♪」と植木さんの声で歌われてしまうと、本当に「そのうちなんとかなるだろう!!」って気分になってくる。

大滝詠一好きの先輩が居て、その大滝詠一がクレージーのファンでその先輩もはまって、その影響で聴くようになった。確かに大滝詠一の「イエローサブマリン音頭」「レッツ音頭アゲイン」あたりはかなりクレージーへのオマージュ色が強い。

クレージーは三人の天才に支えられていたと。植木等、青島幸雄、そして主だった有名曲の作編曲を手がけた萩原哲晶らしい。確かに曲も良いし、アレンジ=効果音っぽい各楽器の音の使い方とか、「これしかないだろ!!」ってほど見事。そういえば、以前に萩原哲晶が同じく作編曲を手がけたと言う「エイトマン」のテーマを同じ先輩が聴かせててくれたことがある。「これで植木さんが歌ってたらまるっきりクレージーだろ?」って嬉しそうに聞かせてくれたっけ・・・いやまさにそんな感じでした。

いずれにせよ、青島幸雄の歌詞と萩原哲晶の曲と音使い、その上に植木さんの強烈なパワーが乗っかって・・・相乗効果の果てにクレージーの音楽は爆発する!!すげええええ!!

この「クレージーシングルス」はCD2枚組みに全シングル42曲を収録し、かつ全シングルジャケットのミニチュア版が付くと言う豪華な内容。萩原健太による各曲ごとの解説も良い。そして作品としては青島ー萩原ラインの物が素晴らしい。最初に引用した「だまって俺について来い」、ハナ肇、谷啓の歌唱も良い味出してる「ホンダラ行進曲」、植木さんじゃなきゃ絶対この切り返しは出来ない「ハイそれまでヨ」等など・・・特にDISC1の22曲はどれも本当に名曲ぞろいです。一家に一枚クレージーっつう事で未聴の方は是非!!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ