バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2005/11/6

カニとジャンプ  釣りの話とか

クリックすると元のサイズで表示します

那珂湊港にて。昨日未明、寒くなり人も減っているだろうと夜釣りへ行った。人が多いのは苦手なのだ。見知らぬ隣の人と話したりするのは嫌いじゃないんだけどね。釣りに限らず、飯食うにしても、買い物でも、その場その場で自分の「空間」が確保できないと窮屈でそこに居たくなくなってしまうのだ。人ごみ大っ嫌い。

これはヒラツメガニかな?夜中の2時〜人が増えだす6時半頃までやってこのカニのほかはアナゴ、ゴンズイ、ちびイシモチx3と・・・散々な釣果。茨城にゴンズイがいる入ることを初めて知ったのがちっちゃな成果?明るくなったらポツポツとはアイナメでもつれるんだろうけどなあ・・・茨城の堤防って人が多い割りに釣れないイメージ強いです。それにしてもお祭りするぐらい真横にがんがん割り込んでくる他の釣り人たちの気持ちが分からない。あきらめてよそ行くにも他も混んでるんだろうけど。

カニはいまいち身が詰まってなかったです。やっぱワタリガニ系ではガザミが一番美味しいなあ。

2005/11/6

沼津方面へ岸釣り旅行  釣りの話とか

画像は無し。

10/29〜30、横浜で勤務中の会社の先輩と釣りに行こうってんで沼津へ。
鹿沼インターから車を走らせること約3時間、朝の2時半頃沼津インターへ着。
狩野側河口で先に到着していた先輩と落ち合う。さっきまで人が多かったらしいが現在はまばら(午前3時)。満潮からの下げはじめで時合いは良いはずらしい。狙いはシーバス!!

フローティングミノーを軸にシンキング、バイブレーション、メタルジグとひたすら手を変え品を変え、ポイントも移動し竿を振り続ける。

が・・・あたりも無い。

朝まづめ到来である。沼津港側に場所を固定し釣り続ける。先輩はまだまじめにやっている。こちらはやや飽きてきた。ちょっと遊んでやろうと飛ばしサビキにメタルジグを直結した仕掛けに変更した。数投後・・・あ・・・なんか来た。25cmメッキである。サビキに食った。

その後も同じ仕掛けに何度か追っているのは見えたが、しばらくするとまた何の気配も無くなる。またしても飽きてしまった。で・・・クーラーの中に以前の使い残しのオキアミがあったことを思い出し、そのままの仕掛けのサビキにオキアミを付け投げっぱなしにする。しばらくすると魚信があり、子アナゴとササノハベラをGET。その後もあたりは続くがそんな釣りをしていてもしょうがない。まじめにルアーを投げ続ける先輩には反応無く、移動する事に。

その日宿泊予定の宿の方面に向かう途中竿が出せそうなポイントを色々物色するも何処も人で一杯。旅館のまん前の小さな突堤に竿を出すスペースを発見し釣りをする事にした(九連小突堤と言うらしい)。浅場で、水も澄んでいてあんまり釣れる気はしないがまったり、のんびりした釣りが出来そうだ。先輩は餌木で、花男は小物釣りの仕掛けで釣り始める。先輩がアオリ一本、自分がカワハギ他小物をちょろちょろ上げる。しかしすぐに雨が降ってきて・・・この日は早めに旅館に入ってまったり。

宿泊は「民宿ますや」。安くて飯もボリュームあって、味も宜しくなかなか良い。先輩は明け方3時ごろ抜け出し狩野川へ向かったが・・・・花男は朝食まで爆睡。朝食もなかなか。卓上で豆乳に「にがり」うって自分で仕上げるおぼろ豆腐がナイス。狩野川はまたしても不発だった様で・・・

翌日同突堤で再び竿を出す。先輩は相変わらず餌木でアオリ狙い。花男はトラウトロッドに5gのスプーン、さらにそこに短めの「はぜ釣り」用の仕掛けを直結しアオイソつけてスローリトリーブと言う・・・邪道な釣りで望む事にした。じきに先輩がアオリを上げる。自分の釣りを全うして結果を出す人は偉い。そうするとそれを見た周りの釣り人がいっせいに餌木をやり始める。往々にして二匹目のどじょうはいないのである・・・気持ちは痛いほどよく判る。俺もよくやる。

花男は周りが餌木一色となる中ある意味「自分の釣り」を貫き(めんどくさかっただけ・・・)、前述の仕掛けで小魚と戯れていた。餌取りが多いがカワハギやイシダイの幼魚等コンスタントに上がり、なかなか楽しい。中には27cmのメゴチ、同じく泣き尺のキュウセンなど、今まで出会ったことも無いサイズの大型B級魚(C級魚か?)も混じり、駿河湾の豊かさを、恐らく間違っているだろう形で感じていたりした。すると・・・急に竿が重くなる。根掛りか?と思ったが、一応根より上をリトリーブしていたつもりだし・・・・それに微妙に動く。海草か何かかとも思ったが微妙には「生物反応」がある。すると・・・なんとマダコである。1Kgだろうか?スプーンに「はぜ釣り仕掛け直結」で釣れるものなのか?どう考えてもあがらないサイズで、隣のおっちゃんにタモ入れしてもらう。イイダコはチョコチョコとキスの外道で釣ったことがあったが・・・こんなところでこんな釣り方で人生初のマダコGETであった。

タコは堤防で塩つけて地面でゴリゴリぬめりを取った後、さっとゆでていただきました。非常に美味だった!!その日の夕方狩野川河口でシーバスにリベンジトライもこちらは不発。東名と首都高の工事渋滞にやられながら帰路に着くのでした。

長いけど読み応え無い・・・まあ日記だから。

2005/11/6

物置部屋スナップ  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで・・・

CDやらマンガやら楽器やらごった返す。整理整頓は嫌い。
好きなものを思いつくまま順不同で羅列してみる。

好きな音楽:Funk系で特にP-FUNK、スライも大好き、いまだにFishbone、プリンス、岡村ちゃん、矢野顕子、最近中島美嘉の声が好き、ボニーピンクも声が好き、川越美和はホントに良い声だった、古井戸、ユッスーンドゥール、ポリス、MAZE、ジミヘン、ジャミロクワイ、ビブラストーン、ギルスコットヘロン、ロニーリストンスミス、デビューした頃のミシェルンデゲオチェロ、アンビシャスラバーズ(アートリンゼイ)、ポップグループ、初期のコステロ、サイモン&ガーファンクル、The Whoの初期、一頃ビートルズも・・・・きりが無い。その他色々節操無く。でも結構それぞれは浅く、落ち着きの無い性格が災い・・・

好きな漫画:ピアノの森の復活が嬉しい。おっとり捜査=小手川ゆあはすばらしい。天使な小生意気&道四郎でござる。SHAKARIKIby曽田正人。吉田秋男も好き。その他最近物では空手小公小日向海流、BECKあたりが良い。後現実離れしたバキも良いなあ。

あと、A○女優ではいまだに川島和津美が一番・・・

2005/11/6

タケノコメバル  釣りの話とか

クリックすると元のサイズで表示します

20cmくらい。10月に長期勤続休暇を取り東北地方太平洋側を旅行していた最中に福島県松川浦にて。小さな公園のヘチでブラクリにてGET。側にいた野良猫がせがむので一度はくれてやったが、いざとなるとその猫、魚の動きに何度もビビッて逃げやがるので取り上げてリリース。

次に同サイズのアイナメ釣り上げた時、「今度こそ大丈夫だから食わせろ!!」とまたうるさくまとわり付くネコ。しょうがなく、くれてやるとまたびびってるのだが・・・今度は取り上げようとするとがんばって魚に食らい付く。そして取り上げられないようにおそるおそる遠くまで魚を転がして行き・・・そのうち何とか食い始めた様子。しかし海辺の野良猫がこんなに魚にビビるなんて・・・・魚市場も近く、普段は死んだ魚しか与えられて無いのか?

その他東北旅行中、ジェット天秤にキス仕掛け青いその餌での投げ釣りに40cmのサバがかかりびびった。その後2時間程度の実釣で30cm程度のサバがかかったり、15〜25cmの小ぶりアイナメもぽつぽつ釣れてなかなか楽しかった。

それにしても、やっぱり人が働いてるときの釣りは気持ちが良い。釣果にかかわらずにやっぱ良い。



2005/11/6

ラーメン満福  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

宇都宮市のラーメン屋のチャーシュー麺。
東北道の鹿沼インター側。

ここの良い所その1
空いている



いや、美味いんですよ、それでも。基本は和風アッサリなん
だけど、コクも忘れてらっしゃらない!!あぶりチャーシュー
もナイス!!麺も麺の味がしっかりして非常に美味しい!!

開店から5年目くらい?最初入ったときは鴨かなんかの出汁が
くどかったのでずっと行ってなかったんだけど、あるとき久々
に入ってみたらすごく美味くなっててそれ以来ほとんど毎週通
ってるので・・・これまで何杯食ったんだろうなあ。

実は二年ほど海外生活を余儀なくされ通えなかった時期があり、
帰国後二年ぶりに食ったときには、あまりの懐かしさと美味さに
笑い出してしまった。

難点は開店時間が昼の11時から3時までと言う点。花男は毎週末
通ってます。普通盛でボリューム満点。大盛りは辞めた方が良い。


麺が延びる
</font></font></font>

みなさん一度是非あるね

2005/11/6

松島にて  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

伊達政宗記念館で面白かったもの・・・伊達政宗関係ないじゃん!!
あ、石川啄木と太宰治の蝋人形ね。その他東海林太郎のも良かった。


その他オルゴールミュージアムにも行った。こっちは軽く感動。
解説付の大型オルゴールの自動演奏、そりゃあすげえぜ!!

クリックすると元のサイズで表示します

帰りにそこで出してるCD買おうと思ったんだけど、試聴するとやっぱ
生の感動は無い・・・残念。みんな一度は行って見ると良いと思うの
だがいかがなもんだろうか?

牛タンもおいしゅうございました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ