バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2009/2/25

鮭缶でいいや・・・  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

と・・・・本来なら「・・・でいいや」じゃなくて「・・・がいいな」となるくらいには鮭缶が好きなのだが。花男内缶詰ランキングでは相当上位に食い込む。

ぱっと思いつく順に並べると・・・一位が(ニュー)コンビーフ、二位が最近食ってないが、ノザキのウインナーソーセージの缶詰、んで鮭缶は堂々の三位に入賞。次がツナ缶か、ほていのやきとりか・・・

鮭缶に話を戻せば、子供のころから中骨が好きだった。中骨のみの缶詰ってのもあったが、あれはさすがにトゥーマッチで・・・やっぱ肉と中骨のバランス込みで「鮭缶の中の中骨」と言うのはスペシャルなのだ。

そして残った汁をあったかいごはんにぶっ掛けて食らう・・・・そう、それこそが幸せ・・・



あ・・・そうか・・・米が無いから「鮭缶でいいや・・・」なんだ・・・・



ちなみに第二位のウィンナーソーセージの缶詰はこんなやつ
クリックすると元のサイズで表示します
思いつきで、二位に上げてみときながら、おそらく10年近く食ってない・・・
そのうち久々食ってみるか。



週末に仕事をがっつり持ち越すことを覚悟して、本日も9時過ぎでガス欠→帰宅。何か位相が狂っている気がする。どこかですっと位相が合えばもうちょい落ち着くはずである。

とりあえずはマガジン・サンデー読んで風呂入って寝よう。
タグ: 鮭缶



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ