バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2008/9/27

お墓参りに久々と  食い物の話とか

本当に長らくお墓参りをしてなかった外道な花男である。まあ言い訳をすれば色々出来なくないが、いずれにしろそんなもんは外道の上塗りである。

とりあえず引っ越して、お墓も近くなった。と言う事で本日は妹と二人でお墓参りに。妹の旦那さんは本日出勤だそうで・・・お疲れ様です。

まあお墓参りの様子を報告してもしょうがないので・・・食ったもの。

お昼は藤沢市は六会の「mamma pasta」と言うところで。
クリックすると元のサイズで表示します
2人用のランチのセットにハンバーグを追加→2人前で3千円ちょいって感じだったかな?
イタリアンなファミレスな雰囲気だったが、結構美味かった。



お墓参り→祖父の実家へ挨拶の後、所用がありこちらもすっかり足の遠のいた花男達の実家へ。両親が亡くなってから本当に近寄る機会が減ったな・・・



んで妹の旦那さん本日は仕事の後、職場の歓送迎会で遅いらしいと。んじゃ晩飯食いに行くかと。
クリックすると元のサイズで表示します
妹が「横須賀で一番美味い焼肉屋」と妙に自信たっぷりに言い切る「大津苑」へ行った。

焼いた肉系
クリックすると元のサイズで表示します
タン塩、上カルビ、中落ち牛タンとホルモンの味噌漬け、ハラミ。

生系
クリックすると元のサイズで表示します
チャンジャ、特選ロースの握りずし、ハツの刺身、タントロの刺身。


んでデザート
クリックすると元のサイズで表示します
杏仁プリン(黒蜜がけ)。


横須賀で一番かどうかは判断のしようが無いが、美味かったのは確か。特に秀逸だったのはやっぱタン、んでロースの握りずし、で抜群だった杏仁プリン。味噌漬け系は・・・かなり味の強い味噌が花男的には苦手だったが・・・二人で1万8千チョイと結構高級ではあったが、結構な賑わいで花男達が帰る頃には待ち客も結構居た。

そして7時ごろ店を出て帰路に着く。途中「小泉純一郎渋滞」に40分ほど捕まったりしながら、妹を金沢文庫駅まで送った後大和方面へ舵を取り、9時チョイ過ぎに帰宅。

そんな感じで。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ