バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2008/4/23

そういえば電車がらみで・・・・  分類なし

携帯紛失ネタのせいですっかり書くの忘れてた。

大したことではないが日記だから幾つか書いとこう。

栃木県民には無用の長物だった「PASMO」って奴を今日始めて入手→使用した。いやあ、こりゃ便利だ。大分昔から香港には「オクトパス」ってこれと同じようなのがあって「すげえなあ、便利そうだなあ・・・」と思ってはいた。そのうち日本でもsuicaが出来・・・パスネットがPASMOになり相互使用が可能になり・・・ずっと無縁の栃木県民だったが、いざ使って見るとホントに便利だ>遅ればせ。

ビバ便利。

帰路の半蔵門線ではこれまた栃木県民には無縁の満員電車のつらさを実感。花男のこれまでの通学・通勤生活は

小学校→徒歩
中学校→一駅電車
高校→二駅電車
大学→徒歩
会社→車通勤

だったので、今更電車通勤は出来ねえなと思い会社からのチャリ圏内に住処を構えたのは正解だった。

そんな満員電車の中、同行した業務協力してくれてる会社の人と色々話をしていたのだが、見知らぬリーマン(花男と同じか少し下)が「つり革空きましたよ」と声をかけて来た。「どうもありがとうございます」と言うと

「いやあ、さっきの話題懐かしいなあと思いまして・・・」

と・・・それをきっかけにと意を決して声を書けて来た模様。その話題と言うのはギターに関してのものだったのだが・・・・その人が降りた後、その同行してくれた人が言ってたのだが

「いや、あの人ギターの話題になったあたりから『ぬ〜』っと首をこっちに伸ばして聞き入ってたんですよ」

とのこと。うむ・・・・日々の通勤生活での憩いを求めての行動だろうか?

「いやあ、高校の途中からバイクと自転車に入れ込んじゃって、そっちに金が回らなくなったんですが、本当に懐かしいなあと思いまして・・・」

なんつう事を言っていた・・・・お互い微妙に・・・と言うかかなり遠慮があってしかるべく、その後盛り上がりまくると言うことも特に無かった訳だが・・・まあ一期一会と言う奴か。ちょっと変わった感じの人ではあったが、そう言う事もたまにはあっても良いか。

そういや「アメリカの白人」はこう言う一期一会なコミニュケーションには長けてるよなとかも思出だした。みんながみんなと言うことも無いが、たまたま居合わせた人にそんな感じで声をかけられると言う機会は日本よりは遥かに多かった。

まあだからアメリカ人が偉いということでは全然なく、照れ屋で防衛意識の強い・・・「何がっつう事も無いけど邪魔しちゃ悪いよな」とまず考える日本人にはそれなりの味があるのだ。稀少感があってこその「一期一会」っつう話もある。

何が言いたいのかといえば特に何も言いたいわけではなく・・・・何のまとまりも無く、起こった出来事を徒然と書いてみただけなのであった。

寝よ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ