バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2008/4/19

「room girl」 by meg 2003  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します
花男の周りの一部でちょっと前からPerfumeが熱いらしい。世間でも結構露出が増えている。昨日もタワレコでガンガンかかっていた。なるほど、まあこれはこれで気持ち良いかも知れ無い。

そのPerfume効果もあるのか・・・meg→MEGと名前を改め、Perfume同様「中田ヤスタカ」プロデュースで出した「BEAM」と言うアルバムは結構売れているらしい。花男は同じプロデュースのミニアルバム「aquaberry」は買っていて「悪くは無いな・・・」と言う感じだった。「BEAM」の方は手が出かけたが結局購入見送り中。

そもそもmegを最初に聴いたのは岡村ちゃんの「イケナイコトカイ」をカバーしてたシングルを発見したのがきっかけ。2002年のこと。カップリングの「傘としずく」も沁みる感じでかなり良かった。「生声」に結構はまった事もあって前述の「aquaberry」は多少肩透かしな感じだったりもしたのだ。

このアルバムはその時期のものらしいが、その後渡米した花男は昨日まで現物を目にする機会が無かった→で昨日タワレコで発見し購入。



良い



全然こっちの方が良いっ!!声もサウンドも相当好きっ!!

自作曲の「傘としずく」や「Key」でベースが甘ったるい声をねじ上げて搾り出す様な感じが・・・・たまらん・・・・声フェチなもんで・・・

ハウスな岡村ちゃんとの共演な「スキャンティー ブルース」、ほんのちょっとラテンジャズ風味な「ルーム ガール」辺りは相当カッコイイ。軽快なポップチューン「GROOVE TUBE」も良し。いやあマジでカッコイイ。

このアルバムから5年→実は結構なお年頃となったMEG(28歳か?)。念のためBEAMも聴いてみようかな・・・・生声率どのくらいなんだろ・・・・



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ