X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。teacupが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 10月10日の「体育の日」復活を! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和3年標語)「やりがいを 見つけた君に エールの輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(早く65歳定年制を)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2021/9/17  21:13

私は商工業中心の考え方ですよ  混合経済(mixed economy)
 私もポール・スウィージーの本は断片的にしか読んでいない、私が大学生の時は晩年で、冷戦終結が見える中でかなり頑迷になっていた。

 ただあの人がヒルファーディングやレーニンに反対し、国の強さは産業によるという産業資本論を展開していていたことは知っていた。

 日本では金融資本論ばかりでうんざりしていたので、何て新鮮なんだろうと思った。

 もちろん産業だけでなく、商品を売る商人の存在も欠かせない。

 商工業いうことばがあるが、商工業を中心に私は考えている。

 農業などもあるし、金融も無視するわけではないが、私は産業資本論なんです。

 産業資本論というのはあまり聞いたことがないでしょうけど、まああえていえばそういうことばも作れるということ、金融資本論がマルクス主義ではない。

 スウィージーは素直に、アメリカの産業、GM、GEなどの発展が覇権につながったことを考えていたのだろう。

 モルガンなどの金融もあるが、アメリカを支えていたのは産業であり、産業があっての金融だということ、それこそが唯物論ではないか?と考えていたと思う。

 産業資本論は唯物論としてはひじょうに妥当な考え方で、マルクスやエンゲルスも大英帝国の発展は産業によるものというのは当然の考え方だった。

 つまり産業資本論の方がマルクス主義の本流であり、金融資本論の方が亜流なのだ。

 産業資本論ということばがないことの方が不思議なんですよ。 

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.聖火はつながった / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 資本家 地主 労働者

2021/9/17  5:08

金融国家を目ざす人にとって商工業は価値がなかった  混合経済(mixed economy)
 国は商工業により栄えるもの、アメリカのポール・スウィージーは、他のマルクス主義者の金融が国を支配し世界を支配するという考え方を批判し、国が栄えるのは産業によるという、産業国家論のようなことを唱えた。

 それは実際そうで、商工業が栄えないで金融が栄えることはない。

 アメリカにしても自動車や鉄鋼に代わり、IT産業が栄えたから復活したのだ。

 ヒルファーディングやレーニンの金融資本論は面白いけど、金融を支えるのは何かということを理解できないと、妙ちくりんな支配論だけになってしまいますよ。

 私は産業資本論というか、商工業中心の考え方なのですよね。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.聖火はつながった / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 資本家 地主 労働者

2021/5/21  4:47

「機械・電気・電子」のポリテクセンター茨城  混合経済(mixed economy)
 今いるポリテクセンター茨城は、機械系と電気・電子系の能力開発をしています。

 茨城の主要産業が、日立市の日立製作所と鹿嶋市の日本製鉄に代表されるせいだと考えています。

 筑波研究学園都市の周辺に点在している工場団地を、関東のハイテク工業地帯とする狙いもあるでしょう。

 これまで「機械系と電気・電子系」と言っているのですが、個人的に「機械・電気・電子」と言ってみるのを試してみたいと思います。

 今は工作機械にIT技術が活用されているし、新しい機械学習の技術によりさらに今後は進んでいくでしょう。

 一体的に表現すれば「機械・電気・電子」はわかりやすいと思います。

 やってみるかな、あまりこちらにきて楽しいことも感動することもなく、体内から湧き上がる情熱はないのですけど、筑波研究学園都市周辺の通過した工場団地を見ると、「ハイテク化をすすめるべき昭和の工業地帯」のイメージも強い、新たな物流団地などもできているので、前の東濃研究学園都市や、けいはんな学研都市と同じく、ハイテク工業地帯をめざせばよいのでしょう。

 どうせなら面白いことをやりたいですからね。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪 / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 資本家 地主 労働者

2021/5/15  3:48

二代 茂木啓三郎さんは尊敬しています  混合経済(mixed economy)
 キッコーマンさんとは行革のからみで、私が私のしごと館の準備担当だったということで、難しい関係ではあると思います。

 私が横浜港湾カレッジにいた時に、日本経済新聞の私の履歴書を集めた本に図書室で出会い、その中に二代 茂木啓三郎の書いたものがありました。

 私は大学時代に歴史学派の経済学を学びましたが、茂木啓三郎さんも経済史が専門で、飯田勝次という名でキッコーマン食品に入り、労働争議の解決に優れた才能を発揮し、先代 茂木啓三郎の婿養子となり名前も継ぎました。

 社長となった後はキッコーマンの中興の祖となり、キッコーマンを国際企業に成長させ、大阪万博でもすばらしい展示をし、昭和天皇だったか、今の上皇様かちょっと記憶が曖昧なのですが、キッコーマンの展示を見ていただき、大変に名誉を感じた。

 晩年は「一隅を照らす」ということを大切にし、運動に積極的に協力したとありました。

 一隅を照らすというのは、醤油づくりが多くの一隅を照らす人によって支えられている、日本国もそういった人達により支えられている、人を大切にする人だったから、労働争議の解決できたのだろうと思いました。

 キリスト教でも「聖なる労働」という考え方がありますが、それを「一隅を照らす」というところに同一性を見出したのだろうと思いました。

 キッコーマンの人を大切にする社風は今も変わっていないし、それがある限り栄え続けると思います。

 岐阜の蟹薬師の門に「一隅を照らす」と大きく書いてあり、境内を歩きながらよく考えました。

 「一隅を照らす」がきちんと解れば、私も悟れるのかもしれません。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪 / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 資本家 地主 労働者

2020/11/15  23:20

筑波研究学園都市の開発は終わっている  混合経済(mixed economy)
 筑波研究学園都市の開発はすでに終わっている、開発が軌道に乗り今発展しているけいはんな学研都市、首都機能移転の議論が終わり、ある程度の施設を誘致して、今度はハイテク工業の誘致に力を注いでいた東濃研究学園都市とは違う、今は順調に成長するのを見守ればよいのだ。

 こうなるとあまりファイトも湧かない、嫌いではないものの、応援すべきことが何もないんじゃなという気持ちにもなります。

 いったい何をするべきなのか?というのを筑波山を見ながら考えてみても、あまり浮かばないのです。

 あえていえば次のAI産業の発展に尽くせるコースが、ポリテクセンター茨城にはあるので、それに力を尽くすというところでしょうか?

 ただそれは東濃にもけいはんなにも三多摩にもあるのであり、あまり特別な感じはしません。

 困っていないところに私がいてもという感じはします。
 
 ミレニアムの頃、筑波研究学園都市と同じ頃に開発ははじまったのに、まったくうまくいかず撤退する研究所さえ出始めていたけいはんな学研都市。

 リーマンショックで惨憺たる状況で、見ていて涙が出るような状況だった東濃研究学園都市。

 うまくいきだしたのを見て出てきたのと比べると、いったいここでは何をすればよいのだろう?と思います。

 行革の時に、研究都市は税金を使うばかりで税金を生み出さない、商工業にもっとその成果を還元し「税金を生み出す都市」へと転換すべきというのがありました。

 でも筑波においてはそう深刻な話とも思えません。

 ただ何か、「表面的にはうまくいっているのだけど」というのも感じるのです。

 それが何かはまだわからないのですけど。  

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.With COVID-19 / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 資本家 地主 労働者


AutoPage最新お知らせ