X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に首都機能移転を♪ / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化発展。X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「環境都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成30年標語)「今日の汗 明日の笑顔の 架け橋に」X
X(人間開発は基礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2019/3/18  2:52

憎悪を超えるために慈悲があるわけですが  自然(エッセイ)
 キリスト教だと愛、仏教だと慈悲になるわけですけど、憎悪を超えるために愛や慈悲があるわけですよね。

 実際ダメ親相手にうまくいっていることが多い。

 小さい頃にいろいろあっても、自分が同じことをしては同じレベルになってしまうので、同じことは決してやるまいと思っている人も多い。

 慈悲の気持ちで憎悪を超えていこうというのが、仏教の一つの教えではあるわけです。

 結局悟ることなく、地獄に行く人が多いのかもしれませんけど。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 自然 緑風 革命

2019/2/20  1:26

両親に感謝していないわけではないですよ  自然(エッセイ)
 歳をとってきて若い頃のことを思い出すと、やはりどうしても高校時代の暗さを思い出してしまうのです。

 だからと言って両親に感謝していないわけではないですよ、あの時は家が特別に苦しい時だったんです。

 高校時代に勉強しろとは全く言われなかったけど、部活動をするお金はそれなりに出してくれました。

 あんまり成績が落ちるので母が父に相談したところ、父は部活動を続けさせた方がよいと答えたそうです。

 このあたりが父の面白いところですが、よい例をいろいろ知っていたのでしょう。

 実際結果は悪くありませんでした。 

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: エッセイ 自然 未来

2019/2/16  8:36

中高生の頃に家にお金がなかった  自然(エッセイ)
 中高生の頃に家にお金がなかった。
 その理由もだいたい知っている、両親はしっかりした人だったが、長男の叔父の死が近づいてきており、祖父は病状を気遣いながら備えをしていた。

 その関係なのですが・・・ま・・・それは言わないでおきましょう。

 長男の甚六タイプの人でしたが、現役で亡くなったということもあり、若い社員が弔辞を読んでくれました。

 叔父のいた会社は困難な大プロジェクトを多く抱えており、若手社員たちが困難に動じていると、叔父がいつもニコニコ落ち着いて「大丈夫だ、大丈夫だ」と言ってくれる、動じない叔父の態度にどれだけ救われたかと語っていた。

 祖父のいた会社に叔父はいたのですが、今でも元気な会社です。

 私の大学については、両親は行かせてあげたかったと思う。

 私は高校に入ってから目的意識を失い空前の不調に陥った、大学に行く気持ちを強く持てば勉強ができるのではないか?と思ったのだと思う。

 母に何かを質問した記憶がある。

 その時自分が何を質問したのか記憶にない、ただ母が「横浜市大の推薦がとれたら大学に行かせてあーげる」と言ったのは覚えている。母も若かったので少しふざけたような感じだった。

 ただ回答した内容から見て、「何をすれば大学に行かせてくれるの?」という話だったと思う。

 期待した内容は「勉強さえしていれば考えてあげるよ」とか、「上位30番に入っていれば行かせてあげる」とか、目的意識が持てる回答を期待したが、すでに不調で高校の最初の1学期でひどい成績をとったばかりだったので、すでに横浜市大の推薦とか、他の推薦をとることもそれからだと難しかった。

 ひどい成績といっても中位ですよ。

 またおよそ不可能なことを言われた、それにあのふざけた自暴自棄のような答え方を見て、大学進学はほぼ絶望と考えた。

 たしか父に聞いても難しい顔をしてあっち行ってしまったと思う。

 高2の後半くらいでしたよね、父に行けると聞いた時は、半信半疑で聞いてた記憶がある。

 とにかくどちらにしても、体を丈夫にすることを考えていた。

 何度も同じようなことを書いてしまうが、体が丈夫でなくては就職も進学もできない、スポーツに熱中する高校時代は誤りではなかった。

 でもいまだ、高校できちんと勉強に取り組む私の姿を想像してしまうのです。

 でもあの状況で、やる気の出る人はたぶんいないでしょう。

 でも私は大学に行けたから運がよい、大学に行けない人がゴマンといた時代で、大学進学は1/3くらいでしたから。

 今の3倍くらいの若者がいたから、大変な時代でした。

 ミリオン入試とか言われていましたね。 

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: エッセイ 自然 未来

2019/1/14  12:02

主権の象徴としての憲法  自然(エッセイ)
 友人に教えていただいたのですが、ポーランドに5月3日憲法というのがあります。
 ポーランドの憲法記念日も、日本と同じ5月3日なんです。

 1791年スタニスワフ2世王が成文憲法案を議会に提出し、それが5月3日に議会で採択されたものです。

 直後にポーランド分割があったため、この憲法はポーランド人の主権回復闘争の象徴となったのです。

 「憲法は主権の象徴」です!

 それだから主権のない時代に作られた日本国憲法は、永遠に正統性を問われるわけです。

 昭和天皇と議会が認めても主権がなかったわけですし、直後の総選挙で自由党は惨敗し社会党政権が誕生しています。

 主権のある時代に作られた唯一の憲法が大日本帝国憲法です。

 日本の判例は大日本帝国憲法の時代からあるので、六法全書に掲載されないといけないわけです。

 改憲は主権回復をめざしたものなのですが、なかなか国民は実感を持てない。

 いっそのこと、「大日本帝国憲法と日本国憲法を融合させた憲法案」というコンセプトで、憲法学者に草案を作っていただくのがよいかもしれません。

 ヤッポランド ポーランド情報センター
http://japoland.pl/blog/%E6%86%B2%E6%B3%95%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%97%A5%EF%BC%885%E6%9C%883%E6%97%A5%EF%BC%89konstytucja-3maja/

ポーランドの憲法記念日(5月3日)

 偶然にも日本と同じく、5月3日はポーランドの憲法記念日です。ポーランド語ではŚwięto Narodowe Trzeciego Maja(シフィエント・ナロドヴェ・チシェチェゴ・マヤ)と言います。

 1791年スタニスワフ2世王が成文憲法案を議会に提出し、それが5月3日に議会で採択されました。これは成文国民憲法としてはヨーロッパで初のものであり、世界ではアメリカについで2番目です。

 しかしこの祝日もこの1年後の1792年にポーランド・ロシア戦争が起こり、その直後第2時ポーランド分割、1795年の第3時ポーランド分割のあと1918年にポーランドが独立してポーランド共和国となるまで、祝うことは出来ませんでした。1919年の4月24日、5月3日のこの祝日は議会で正式に国民の祝日と決定されました。第2次世界大戦後は1946年まで祝われていましたが、各都市で学生によるデモが行われていたために、その後社会主義政府によってこの日にマニフェストや集会を行うことが禁止されてしまいました。

 しかし1981年、戦後初めて政府はこの日に記念式典を開催。その後1990年4月6日に再び国民の祝日と認定されました。同年の5月3日の記念式典はワルシャワの王宮広場で行われ、ヤルゼルスキ大統領(当時)が出席しました。

 現在でもこの日には各地でパレードなど、様々なイベントが行われています。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: エッセイ 自然 未来

2019/1/13  23:34

大学3年の時にはじめて通学定期を買ってうれしかった  自然(エッセイ)
 やはり、高校を決めさせられる時に、母に言われた「交通費を使って高校に行きたいなんて図々しい、何様のつもりなわけ!」と言われたのが印象に残る。
 あの一言で、家にお金がどれだけないかわかったしまった。
 大学に行くのはあきらめたけど、高校卒業後何をするのか見えなかった。
 そして大学に行くのもあきらめきれなかった。
 大学1、2年は徒歩が大学のバスで通っていたが、3年になって家に帰りはじめて通学定期を購入した。
 今度は母も何も言わなかった。
 本当にうれしかった。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 日記 記録 記憶


AutoPage最新お知らせ