X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2019/10/20  1:03

岩明均の「風子のいる店」の好きなセリフ  文化国家(Kulturstaat)
 スプラッタ作品で有名な岩明均さんですが、もともとはヒューマンな作風の人でスプラッタは添え物でした。

 師匠が上村一夫ですので、人間の異常を描こうとはしていたと思いますが、出世するまではそれを抑えていました。

 私が岩明均さんの作品で唯一嫌いな作品が「寄生獣」です。

 一番好きな作品は「七夕の国」です。

 ライフワークの「ヒストリエ」が名作になるのかはわかりませんが、「レイリ」はすばらしい作品でした。

 そして若き頃に出世のきっかけになったのが、「風子のいる店」です。

 電子化されていないのが残念な作品です。

 町田や相模大野あたりの風景が多く使われており、東京の郊外のとある喫茶店に、美しいが吃音に悩む少女がアルバイトをすることから物語が展開します。

 喫茶店の常連の男子大学生は、和光大学でしたね。

 たしかに退屈なのですが、岩明均さんの哲学が一番語られている作品だと思います。

 作品の最後で、風子は天才的な陸上長距離の才能を持つ男子生徒に好意を抱かれます。

 彼の才能を開かせようとする高校教師がいて、彼がやる気にならない男子生徒に愕然とし、思わず語ったセリフ、「なぜやる気にならん、誰でも持てる才能ではないんだぞ」と、正確ではないかもしれませんが、そのようなセリフがありました。

 彼は最終的にボクシングと出会い、それに熱中し才能を発揮しだしたところで物語は終わるのですけど、作者が自分自身に言い聞かせている気がしました。   
 私も吃音ですが、それについてはあまり共感を持てませんでした。

 先天と後天の違いがあったからです。

 彼女恐かったですよね、あまりにも整いすぎてて癖がない、お嬢様という感じでしたが真に萌えてる感じでした。

 ああいう女の子は怒らせると怖い。

 私には才能と呼べるものはないけど、努力しなければ小さな才能も光ることはない。

 小学校の時に暴力塾に行って体を壊してから、病弱な反骨少年であり、今もあまり変わっていないように感じます。

 才能があるなどと言われると、努力しないへそ曲がりでした。

 しかしあの作品に出会ってから、少し生き方が変わったようには感じます。

 岩明均さんは今や大御所、光る才能を磨き努力をし続けた結果だと思います。

 私には光る才能などありませんけど、何か今少しでも光るものがあるのなら、この作品のおかげかもしれません。

 あの作品は喫茶店にかかっている絵から話が広がったり、ユニークな作品でした。

 ああいう個人経営の喫茶店もめっきり少なくなりました。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 文化 漫画 岩明均

2019/10/6  15:35

当時はあまりよく知らなかったけど、関西電力の芦原義重名誉会長は偉い人だったと思いますよ  文化国家(Kulturstaat)
 けいはんな学研都市のことをしていた時は若すぎて、関西経済界のことはあまりよく知らなかったけど、住友グループのことに関心を持って、別子銅山のこととかに関心を持っていました。

 関西電力のことには関心がなかったですね。

 その後雑誌の記事で、関西電力会長が90歳をすぎてお元気と聞いて驚きました。

 けいはんな学研都市を提案した京大総長の奥田東先生も90歳すぎまで生きられ、ミレニアム直前までお元気だったと聞いていたので、関西にはすごい人がいるなあと思っていました。

 関西は善悪はともかくリーダーとなるべき人がいて、その人を中心にすべてが動きます。

 そういう人がいると、小人には入る余地がないのです。

 だから当時はまだまともに動いていたと思いますが、今回の関西電力の不祥事を見て何とも言えない気持ちなんです。

 そしてあのようなことは、氷山の一角だとも思いますので。

 ただ芦原義重名誉会長や奥田東先生が長生きされ、けいはんな学研都市もようやく晩年に何とかなった。

 ミレニアムの頃の私の微力な仕事も、無意味ではないと思いました。

 芦原義重名誉会長が亡くなられたのが2003年7月12日、奥田東先生が亡くなられたのが1999年4月28日だそうです。

 別に知り合いでも何でもありませんけど、私がけいはんな学研都市のしごとをしたのが2000年から2002年3月のミレニアムの頃です。

 ただの偶然ですけど、何となく不思議な因縁を感じます。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2019/8/28  3:50

私は八幡大菩薩が阿弥陀様だと信じていますけどね  文化国家(Kulturstaat)
 行基様、多くの人が「神仏一体」を信じてきた。
 私は八幡大菩薩を阿弥陀様と考える、素朴な神仏一体を信じていますよ。
 伊勢神宮は特別な神仏一体はないと思いますが、やはり毛利元就の日輪に念仏を唱える習慣や、四天王寺の夕日に念仏を唱えたかつての習慣は、やはり日輪を阿弥陀様の象徴と考えることであったとは確信できました。
 津観音の阿弥陀様を写真で見て、いつか見に行ければと思います。

 もともと八幡宮で神仏習合が進んだのは、東大寺が守護神として八幡さまを招いたことが理由だと言われます。

 東大寺の勢力と共に八幡宮は全国に建立され、大勢力となりました。

 鎌倉幕府は東大寺の熱心な保護者であり、奈良大仏の再建に力を注ぎました。

 やはり阿弥陀様は男性的であり、八幡様のイメージが強いですね。

 昔の人は、伊勢は大日如来、八幡は阿弥陀如来、春日は釈迦如来と素朴に信じていたようです。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 文化 神仏 八幡

2019/8/27  2:13

天照皇大神の本地は阿弥陀如来という考え方もあった  文化国家(Kulturstaat)
 本地垂迹説はけっこういいかげんで、神仏は一体であるという考え方から、仏様をあてはめていったものである。

 神道は素朴な神話しかなく、神仏一体となることで力を維持したのである。

 阿弥陀如来は八幡大菩薩の本地として考えられているが、他にもいろいろな神々と習合している。

 阿弥陀如来は仏典で「諸仏の王」とされており、阿弥陀如来にさえ祈ればすべての仏様に祈るのと同じことと考えられていて、日本では絶大な人気を得たからだ。

 ところが伊勢神宮の神様については、大日如来か観世音菩薩を書かれていることが多く、「はて?」と思っていた。

 戦国時代の毛利元就は太陽に向かい念仏を唱えた。
 また大坂の四天王寺では、夕日に向け念仏を唱える行があった。
 それを見ると阿弥陀様の化身は太陽だと考えていたことがわかる。
 
 してみると天照皇大神の本地は阿弥陀様だと考えていたのではないか?

 ところがなかなかその証拠がなかったのです。

 そう考えていたら、何のことはない三重県の津市に証拠があった。

 津市に津観音という寺があり、そこの本尊は観音様ともう一つ国府阿弥陀如来があり、伊勢神宮の本地として人気を集めたのだそうです。

 「国府(こう)の阿弥陀如来」として知られていたそうです。

 見ると女神様の本地のふさわしく、女性的な雰囲気の阿弥陀様です。

 まあでも結局、真言宗は本尊の大日如来を本地と見なし、天台宗は本尊とすることが多い観世音菩薩を本地とした。
 そして浄土宗は阿弥陀如来を本地と見なした。

 そういうことなのでしょうね。

 津観音は真言宗だそうですけど。

 まあ機会があったら見に行きましょう。

 もともとは奈良時代の行基様が、仏教への信仰を深める中で、「神仏一体」の考え方にいたり神仏習合へと進みました。

 神仏分離にはなっても、日本の伝統的な思想と言えるでありましょう。 

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2019/8/21  2:35

昔の支那の文人は詩や文を書いて自己修養をした  文化国家(Kulturstaat)
 思えば、昔の支那の文人は詩や文を書いて自己修養していました。
 私がブログをしてきているのも、無意識でそれに倣ったのかもしれません。
 たしかに自己修養にはなっていると思う、それがわからない人は文化を理解できない人だと思う。
 そう、ネットは文化なのだ。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 文化 芸術 美学


AutoPage最新お知らせ