X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2019/8/1  1:21

けいはんな学研都市の形はきちんとしている  文化国家(Kulturstaat)
 けいはんな学研都市の中心は、けいはんなプラザ、国立国会図書館、KICKの3つです。
 そしてけいはんな記念公園があります。

 けいはんな学研都市は国の事業なので、京都府の施設であるけいはんなプラザ、KICKにも国費はきちんと入っていると思う。

 それが続く限りは安心だと思う。

 それに対しここの東濃研究学園都市は、岐阜県が情熱をなくしてしまい、別に消えたわけでもなく、今でも首都機能移転候補地としてひじょうに大切にされているのに、何か狭い岐阜県内の事情を重視している感じです。

 首都機能移転は夢物語だが、三大都市圏の一つとして研究学園都市はいる、関東の筑波、関西のけいはんなのように。

 今でも岐阜県がきちんと音頭を取れば、国家機関の移転は可能なのだ。

 独立行政法人の大半は研究機関なのですから。

 結局、国から予算を引き出すためにやっていただけで、ブームが終われば用はないという感じです。

 東濃研究学園都市構想は1984年に岐阜県が打ち出し、1993年に事業が本格化した。

 岐阜県民が支持してきた事業です。

 長期的に見て、放棄してよいものとは思えません。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2019/7/29  21:09

今なら「関西にキャリア教育の拠点を整備する」で大丈夫でしょう  文化国家(Kulturstaat)
 私のしごと館は当時は「職業総合情報拠点」ということで整備されたが、今残っていれば、「関西のキャリア教育の拠点」として整備されていたのではないか?

 当時はキャリア教育ということばもあまり言わなかったし、やるべきことは見えていたが、どう表現するかわからなかった。

 だがいずれ子供の多い時代は終わり、少子化と人口減少、低成長時代が長く続くことは予想できた。
 その中で少数精鋭の良質な労働力を確保することは、きわめて重要だった。
 それにキャリア教育がどのぐらい役に立つか議論はあるところだが、その研究拠点と仕事に関連する展示物の収集と展示、体験シミュレーションの提供、そして職業情報の発信というのは、そう批判されることではないだろう。

 頭のよい人は人口減少で悩むドイツの状況を見て、そしてドイツが産業博物館を利用した教育を行い、一定の成果を上げていることにヒントを得たのだ。

 だけど、当時はあまりにもあいまいすぎた。

 やりたいことは見えているのに、説明する適切なことばがなかった。

 それと今なら地方分権で国家機関の地方設置は批判されないが、当時は「衰退が続く関西にそんなものを作ってもしょうがない」という声が大半だった。

 私が関東人であるだけに、虚しかったですね。

 だから大阪都構想が出た時に、関西の誇りを回復できると考えたのだ。

 いろいろな意味で残念でしたね。

 壊すことは簡単だが、再び作ることは大変だ。

 いろいろな意味で残念でした。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2019/7/29  3:04

「私のしごと館」は早すぎた!  文化国家(Kulturstaat)
 けいはんな学研都市にあった「私のしごと館」について、そのネーミングで公募で決まった原案は「しごと館」と「仕事館」でした。
 それではあまりにも簡単すぎるということで、検討した結果「私の」をつけると親しみやすくてよいのではないか?ということになりました。
 名案だったと思います。
 実際に呼ぶ時には「しごとかん」と言われますから、個性を出すためのものでした。
 しかしできたあと、とってつけたような批判でしたが、何かと批判されましたね。
 結果としては「しごと館」か「仕事館」でよかったのかもしれません。
 「私の」というのは「アイデンティティを確立するところ」という考え方があったと思います。
 まだ時代が早すぎたのかもしれません。
 今なら、それなりに理解されるのではないでしょうか?
 京都府が新しいインキュベーション施設として、けいはんな学研都市の中核施設として運営してくださっているのでよかったと思います。
 その運営を応援していくしかありません。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.生産性革命! / 能開・生産性セミナー募集中!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2019/7/19  20:12

京都アニメーションの「氷菓」と「聲の形」もよかった  文化国家(Kulturstaat)
 「氷菓」に関することは、こちらに書いた方がよいですね。
 岐阜に来て「氷菓」を見て、飛騨高山への関心が出るとともに、大地主の娘だった祖母への気持ち、そして「全部過去になる前に見つけに行こう」というOPの歌詞から、もう一度祖母について考えてみようと思いました。

 それが亡くなったばかりの、父への慰霊になると思いました。

 そして飛騨市が舞台の「君の名は。」(こちらは京都アニメーションではありませんけど)に続いて公開された、大垣市が舞台の「聲の形」・・・岐阜県が舞台の作品群に力づけられました。

 祖父母の故郷には外まわりの時に偶然行っただけ、ただ祖母について十分いろいろなことを考えられたと感じています。

 けいはんな学研都市の木津川市の方が、孫が見つからないと嘆いていましたが、けいはんな学研都市にも近いようなところで、準備当時に京都の大学でアニメやマンガに力を入れるところがあって、ひじょうに活気がありました。

 京都アニメーションも2003年頃からデジタル技術を活かして発展、まさにけいはんな学研都市の発展とも一致していました。

 京都アニメーションは、京都だけでないく日本の誇りです。

 これは「美しい文化へのテロ」です。

 テロに対しては「団結せよ!立ち上がれ!」としか言いようがありません。

 なもあみだぶつ。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / ブログをしよう!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2019/7/7  4:48

新しい世界遺産ができるたびに腹が立つ  文化国家(Kulturstaat)
 関西の仁徳天皇陵や、応神天皇陵が世界遺産になったのは、うれしいのかうれしくないのか、ユネスコには世界遺産を守れる力がなく、シリアのパルミラを見ればわかるように、戦争がおこれば真っ先に破壊の対象となります。

 ですので世界遺産に指定されるのは、迷惑なところもあるのです。

 腹が立つのは鎌倉の武家文化を一切評価しないことです。
 当時の南宋から直輸入された禅文化を持ち、元を撃退した鎌倉幕府の本拠地、世界遺産にならないため景観の破壊が進み、よろしくない状態になっています。

 ただ、当事者の鎌倉市が一番不熱心で、書類上のミスも多く、仕方ないので神奈川県が全面支援してやっと重い腰を上げたような感じでした。

 京都・奈良が世界遺産でなければ別にかまいません。

 石清水八幡宮に行った時に、世界遺産と堂々書いてあり世界遺産であるがゆえに改修などの予算も潤沢につく。

 鶴岡八幡宮の方がよいと思うのに、世界遺産であるかないかで差が大きく出てしまう。

 鎌倉市の「めんどくさい」という態度は、理解しがたいです。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 文化 芸術 美学


AutoPage最新お知らせ