X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLダイアリーで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に首都機能移転を♪ / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化発展。X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (来々2030年)札幌五輪。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「環境都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成30年標語)「今日の汗 明日の笑顔の 架け橋に」X
X(人間開発は基礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2018/10/15  23:19

たしかに平安貴族の日記はすばらしいよね  文化国家
 藤原定家の日記の明月記、九条兼実の玉葉が残されていなければ、平安末期の歴史が書けない。

 女流文学者の日記もまた多くの記録を残している。

 枕草子や方丈記なども元は日記なのかもしれない、後日日記を読み返し「ああこれはよいな」と思ったところを、随筆の形にして再構成したのではないだろうか?

 日記に記録を残すことは、それが個人的なことであってもよい記録となる。

 私のブログも数年前まで紙にしていたが、どこかでまとめて紙の形でまとめ残していきたい。

 蔵書もきちんと整理して、静かにすごせる形をつくりたい。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2018/10/15  21:38

日本は日記王国!文を書けるのは貴重な才能です!  文化国家
 私は自分の浅学非才をいつも嘆くのだが、ネットを見るとプロとまでは言わないが、何て才能のある人が大勢いるのだろうと思う。

 ふと、自分が長年に渡り文を書き続けていたることを思った。

 多くの人が、毎日のように文を書くことなどできないと言っている。
 
 雑誌などに投稿するコラムニストや、ジャーナリストでも難しいというのだ。

 新聞記者などは毎日のように文を書いていると思うが、新聞社に入社してしばらくはできなかったと思う。

 やはり取材をし、記事を書く訓練を積んでできるようになるのだと思う。

 私は高校生の頃に日記をはじめた。

 国語が苦手だったので、少しでも文が上手になりたいと思ったのだ。

 そして気がついたら毎日文を書くことが苦でなくなっていた。

 角川の御堂関白記という本の前文の説明にあったが、日本では世界でも稀なほど日記が豊富にある国なのだそうである。

 支那や西洋でもこれほど豊富にはない。

 理由は日本は支那のように正史を作る記録官がおらず、日本書紀など正史があっても途切れてしまい続かなかった。

 かわりに記録となったのが貴族や武士の日記である。

 貴族はそこに宮中の儀式を記録し、有職故実を伝えていった。

 かに星雲が出現した超新星の爆発も、支那では正史に記録されているが日本では貴族の日記に記録されている。

 日記というのは新聞ができるまでは、唯一の記録であったのだ。

 そうして見ると「文を書ける」というのは、貴重な才能なのだと思う。

 日本はブログ王国と言われるが、日記王国であったことを考えればそれも当然なのだ。

 そしてアメリカがブログ王国なのもまた、合衆国が日記王国であるせいなのだ。

 私も日記にもう少し記録をきちんと残していきたいと思った。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2018/9/16  4:26

私のしごと館にかかわったことで私の個人のイメージは悪くなったかもね(笑)  文化国家
 私のしごと館にかかわったことで、私の個人のイメージは悪くなったかもしれません。
 ですがそれは、けいはんな学研都市という国家事業をまったく理解できていないからくることで、私としてはどうしようもありません。
 あの仕事の価値は今のけいはんな学研都市の繁栄が証明していることであり、最後まであきらめずにやってよかったと思います。

 しかし婚活とかをする時に、どうしても自分の仕事が言いづらいというのがありました。
 自分の勤務する法人名を言うと、よい顔をされない悲しさがありました。

 またつきあいとか人を避けるようになりました。
 つきあいを深めると、どうしても私のしごと館の話になるからです。
 巧みに話していても、ストレスはかかるからです。

 けいはんな学研都市の繁栄を見れば、もっと胸を張ってよいことです。

 関東の人も最近はけいはんな学研都市を知る人も増えてきました。

 最近は流れがかわってきた気がします。

 大阪万博の誘致にけいはんな学研都市が協力するそうです。

 平城遷都1300年祭でけいはんな学研都市の宣伝はできたと思いますけど、もし大阪万博に合わせてけいはんな学研都市で何かイベントが開かれるのなら、ぜひ協力させていただきたいです。

 といってもバナー広告やブログ記事でしかできないのですけどね。

 個人でできることはこれが限界です。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2018/9/16  3:13

美濃コンペという象徴  文化国家
 東濃研究学園都市には、国際陶磁器フェスティバル(美濃コンペ)というすばらしい象徴があります。

 これは陶磁器の国際芸術祭であり、先に行われた時は中田英寿さんが総合プロデューサーをやられました。
 なかなかよかったので、いずれもう一度やっていただきたいと思います。

 中田英寿さんが選んだ、関守石を象ったの松本優樹さんの関守という作品よかったです。
 
 私のしごと館も、準備段階ではしごとフェスティバルというイベントがありました。
 しかし、私のしごと館ができるまでのつなぎとして予算がついていたそうで、開館後にできませんでした。
 美濃コンペは3年ごとのトリエンナーレですが、当時はそういうイベントも少なかったとはいえ、2年ごとのビエンナーレか3年ごとのトリエンナーレにすれば、けいはんな学研都市を代表するイベントになったかもしれません。

 私は職業総合情報拠点の準備を終えたところで転勤し、あとは司書がいない状態で準備が進んでしまいました。
 仕上げまでやっていれば、もう少し面白いことができたかもしれません。

 でもあれが限界、上が「もう十分だよ」ということで転勤させていただけたのですから、いろいろあっても足るを知るところなのだと思います。

 ですけど・・・最後まで相談に与っていたのならともかく、転勤後のことについて責任を追及されても困る。

 とにかく完成プランができたところで終わりだったのですから。

 病み上がりだったし、これ以上やらせると危ないと思ってくれたのかな。

 たしかに・・・内臓病が治って1年少しすぎた程度だったし、あれ以上するとどこかで倒れてしまったかもしれません。

 しごとフェスティバル、機会があれば復活してほしいですね。 

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2018/7/31  18:55

それでも木下恵介監督は巨匠です!  文化国家
 木下恵介監督についてはいろいろ言われますが、偉大な映画監督であり巨匠であったと思います。 
 若い頃は女性を主人公にした映画を多く撮り、テレビの世界に移り映画に復帰したあとは一転男性を主人公にした硬派の作品を多く撮りました。
 テレビドラマの世界でも多くの優れた作品を残し、草創期の日本のテレビドラマを支えました。

 黒澤明監督の作品はすばらしいと思いますが、私は木下恵介監督の作品の方が好きです。

 理想美を追求する人で、現実のドロドロした人間を好まない、美しい人と生き方が何よりも好き。

 作品の放つメッセージには不滅のものがあります。

 今あのようなヒューマニズムを訴える作品が少なくなり、逆に悲しさを感じています。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 文化 芸術 美学


AutoPage最新お知らせ