X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興五輪東京●2021(秋に開催を!) / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2021/3/21  1:14

おちょやんのテルヲようやく死んだね  文化国家(Kulturstaat)
 おちょやんの父のテルヲようやく死にましたね、浪花千栄子さんの話だそうですけど、浪花千栄子さんというと、二十四の瞳の飯屋のおかみさんですね。

 名女優だそうですけど、名脇役という他はあまり印象はありません。

 高峰秀子さんは義母に悩まされたけど、浪花千栄子さんは父に悩まされたのですね。

 ああいう、借金をした時だけ娘に近づいてくる、弟もどうしようもないし、父子家庭は父がしっかりしていないと大変ですね。

 しかし、なぜ人によっては裏でコソコソやっていれば、うまくいくと思い込むのでしょうね。

 それでうまくいった試しはないのに、おそらく若い頃にそれでうまくいった経験があるのでしょうね。

 それで同じ失敗を繰り返す。

 最後に人助けをしたので、おそらく彼は極楽往生できるであろう、蜘蛛の糸のような話で終わりました。

 本当に極楽往生できたのでしょうか?

 私はやはり地獄ゆきだと思いますけど、嘘つきまくったからなあ。

 トータス松本の演技はくどすぎましたけど、歌手だけあって声はやはりよい。

 ラジオドラマなら最高の演技だったと思います。

 テレビだとどうかなあ、小さい娘を追い出してニヤニヤしていたいやらしさ、やはり嫌悪感しか感じませんでした。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪! / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2021/3/13  22:57

45年後という作品も面白かった(ドラえもん プラス)  文化国家(Kulturstaat)
 「ドラえもん プラス」の5巻の「45年後……」という作品も、はじめて読みました。

 これは50代半ばになったのび太くんです。

 ネタばらし少ししますと、息子のノビスケくんが結婚したため、昔をなつかしがって来たようです。

 ドラえもんは未来ののび太くんとも一定のつきあいがあるらしく、45年後ののび太くんのたっての頼みを断りきれなかったようです。

 のび太くんのパパとママはかなり元気を失っているらしく、涙ぐんで母の顔を見るのび太くん、のび太くんがいかに親思いで優しい人間なのか、よくわかります。

 最近、のび太くんは漫画とはいえその勝利者ぶりに、嫉妬が集まっています。

 ドラえもんがはじまった時は、日本の未来がここまで暗いとは考えられなかった。

 ドラえもんを見ると、明るかった昭和の日本が思い出されてしまうのですよね。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪! / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2021/3/13  9:52

ドラえもん「いたわりロボット」の話は身につまされるなあ  文化国家(Kulturstaat)
 昔買っていた漫画がなくなってしまったので、最近電子図書で買い直している、先日ドラえもんを購入し、ドラえもん45巻に収録されなかった話を集めた、ドラえもんプラスを読んでいた。

 多くが知っている話だったが、5巻にあった「いたわりロボット」は知らない話だった。

 失敗を続けるのび太くんに、優しいお姉さんのようないたわりロボットをドラえもんが出し、のび太くんは慰められる。

 ところがのび太くんはだんだんそのロボットに依存するようになる。

 心配したドラえもんは未来テレビを出して、いたわりロボットに依存し負け犬となってホームレスとなってしまったのび太くんを映す。

 のび太くんは「こんな幸せは嫌だ」とその未来を拒否する。

 そういう話だ。

 のび太くんは大事なところできちんとした良識を見せている、未来ののび太くんはどういう仕事をしているかわからないが、結婚する時はまだだらしなかったのび太くんも、歳をとるにつれてどんどん立派になっていっている。

 原作者の藤本弘さんも若い頃はスポーツとかできなかったそうで、「のび太くんは私だ」という趣旨のことを言っていたらしい。

 のび太くんにはどういう才能があって成功したのでしょうね。

 私も体が小さくて頭も普通だったので、両親からはあまり期待されていなかったと思います。 

 それなのに小学校の水泳で学校の代表になったことをはじめとして、なぜか成果をあげてくる、不思議だったようです。

 運がよかっただけですけど、父は私の知らない自分の母の実家の人達を思い出し、「たしかに自分の子だよ」と思っていたそうです。

 会ったことがないのに不思議なことでした。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪! / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2020/12/2  3:32

長塚節生家に行ってきた  文化国家(Kulturstaat)
 11月29日(日)に長塚節生家に行ってきた。
 所用はすませたものの何か落ち着かず、前から行きたかったところなので訪ねました。

 春に来た時はCOVID対策で休館しており、春が終わってようやく開館したと聞いたので夏に行ったが、平日だったので門だけ見て帰りました。

 そしてようやく冬になって見たというところです。

 ただ家の中は修理中で見れません。

 長塚節は小説「土」の作者であり、短歌でも名を残している。

 その「土」は日本映画史上最高傑作と言われる、内田吐夢の「土」の原作でもある。
 戦後は「土」を意識し、東映のマキノ光雄と今井正監督のコンビで「米」が作られている。
 「米」もまた今井正監督の最高傑作と言われている。

 「米」の舞台は主に茨城です。

 小説、短歌、映画の原作で大きな足跡を残した文人、若くして亡くなりましたが茨城を代表する人です。

 そして常総市では、郷土の誇りとして今も尊敬されています。

 門の中の写真もありますが、遠慮して門前から。

 豪農だったそうですけど、珍しい植物も多く植えられているそうで、ひじょうに趣味のよい家でした。

(長塚節生家)
クリックすると元のサイズで表示します

注 今井正監督は「ひめゆりの塔」で有名な映画演出家です。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.With COVID-19 / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2020/9/28  23:16

弘道館とか見てきましたよ  文化国家(Kulturstaat)
 気を取り直して、かねてから見たかった徳川ミュージアムと弘道館を見てきました。

 今日は月曜日で夏季休暇だったのですが、朝少しだけどうしても片付けないといけない仕事があったので、少し行って始業時間前に撤退してきました。

 疲れており体調も悪かったので午前中はぐったりしていたのですが、目が覚めたら体調が悪くない、しかも外は久しぶりの晴れ、調べてみたら徳川ミュージアムも弘道館も休みではない、「行ってみるか」と思いました。

 運転しだすとやはりちょっと調子が悪い、しかし運転しているうちに元気を取り戻し徳川ミュージアムに到着しました。

 愛知の徳川美術館と同じように考えてはいけないよとネットにありましたが、それは感じました。

 佐竹氏を引き継いだとはいえ、35万石の水戸家と62万石の尾張家では財力がまったく違う、尾張家は豊かな木曽山林なども持っており、東海地方の幕府なのである。

 水戸家は水戸光圀がはじめた大日本史の編纂事業を中心に、漢学と史学を発展させた。

 編纂事業のための蔵書も整えた。

 豊かさでは尾張や紀伊に対抗できないので、学問で勝負したわけである。

 そして幕末では水戸学を広めるため、弘道館も作った。

 徳川ミュージアムの後に弘道館にも行った。

 そして最後に佐竹氏が絶頂期に勧請した水戸八幡宮を見てきた。

 日枝神社や神田明神くらいの広さで、よい雰囲気でした。

 元気な神主さんがいて、参拝者みなに「こんにちは」と声をかけくるので、ちょっと恥ずかしかったです。

 休憩所にある祭りの写真がなかなかよかった。

 親族の病気からの回復を祈りました。

 水戸城趾は学校が多いので、平日ということもありとにかく生徒さんが目立ちました。

 午前中少し早く出たら小学生だらけでたまらななかったので、今日は生徒さんに気をつけて運転することになりました。

 偕楽園はもう少し足がよくなってきてからと思っています。

 
(弘道館)
クリックすると元のサイズで表示します

(弘道館の孔子廟 門が閉じられていました)
クリックすると元のサイズで表示します

(徳川ミュージアム 水戸家の別邸の跡だそうです)
クリックすると元のサイズで表示します

(徳川ミュージアム内の茶室 水戸藩でも茶道は盛んだったそうです)
クリックすると元のサイズで表示します

(水戸八幡宮)
クリックすると元のサイズで表示します

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.With COVID-19 / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 文化 芸術 美学


AutoPage最新お知らせ