X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2007/6/30  19:02

米AOLが新マーケティング最高責任者をAT&Tより起用!  進歩主義(progressive)
 今検索しておりましたら、ヤフーの記事にあたりまして、6月15日(金)の経済記事で、米AOLが新マーケティング最高責任者として、AT&Tより、ジョン・バーバンク氏(43歳)を起用することを発表しましたとありました。
 先日の私の馬鹿らしい記事が通じたわけはないから、誰もが考えることが一緒ということなのでしょう。
 御存知のとおりAT&Tは、電話の発明者ベルが作った旧ベル社の中核企業です。
 xDSLに強い会社は、旧ベル社の別企業の方がアメリカ西部で強いような話も聞きますが、AT&Tより役員を迎えることにより、旧ベル社グループ全体と、その件の話もやりやすくなると思います。
 AT&Tは、何と言っても旧ベル社グループの本流なのですから!
 AOLのこの人事は、共和党のインターネット政策とも合致していると思います。

 米AOLはポータルサイト事業に力を入れておりますが、正直申し上げてそれだけでは苦しく、やはりISP事業者としての側面を残しておくべきだと思います。その最大の理由はセキュリティやスパム対策です。
 やはりきちんとしたISP事業者に所属していることで、安定したインターネット環境と、安全対策、コンテンツを得れることは、変え難い安心感があります。
 それはISP事業者でなければ得られません。
 今後、インターネット社会が発展するにつれ、その安全への役割はますます重要になってくると思います。
 新役員氏がAOLの企業価値を上げ、日本AOLの会員に安心感を与えてくれれば、これほどありがたいことはないと思います。
 会員である手前、よりよいサービスを求め、所属しているISP事業の発展を願うのは当然のことです。
 アップル社が、日本のイー・モバイルのような事業をやりだしたそうですが、米AOLがAT&Tから役員を迎え、ブロードバンド市場、モバイル市場に乗り遅れないことを期待したいと思います。
 ヤフーのソフトバンクモバイルも勢いを取り戻しているので、今後モバイル市場が熱くなると思います。
 私は以前旺文社が研究するとプレスリリースしていた、モバイルを使用して教育産業の発展に期待したいと思います。でも旺文社は今企業活力が今一つかな?
 
 (Yahoo経済記事 6月15日(金)より。)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000017-dwj-biz

 (イー・モバイル)
 http://emobile.jp/

 (ソフトバンクモバイル)
 http://mb.softbank.jp/mb/

 
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ