X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2018/12/9  1:12

辻邦生さんの「春の戴冠」を読み終えました  読書人(4.23は本の日)
 日付が変わって辻邦生さんの「春の戴冠」ついに読み終えました。
 全4巻のロシアの長編小説にも匹敵する大作です。
 内容はイタリア・ルネサンスの絵画の巨匠、ボッティチェリ(サンドロ)を親友の古典学者フェデリコが回想し、コシモ、ロレンツォ、ジュリアーニをはじめとするメディチ家の人々、そしてカッターオネ夫人やその娘のシモネッタ・・・「メディチの春」を支えた人を中心に、その栄光と衰退を描いた作品です。
 サヴォナローナ・ジロラモについても、春の終わりを描くかのように書かれていました。

 1巻がなかなか読み終わらず、新潮社のボッティチェリの画集を買い見ながら読み出してから勢いがつきました。

 1巻の読了が11月26日で読み終えたのが12月9日ですから、いかに勢いがついたかわかります。

 平日は疲れていてあまり進まなかったので、自分でもびっくりしています。
 
 私はあまり辻邦生さんには関心がなかったのですが、北杜夫さんと旧制松本高校の同窓生だったそうであり、著書で何回かふれられていたので関心を持ち、それで読む気になったしだいです。

 北杜夫さんが少年漫画家のようであるならば、辻邦生さんは少女漫画家のような作風の方です。
 北杜夫さんのような力強さはないですけど、とにかくエレガントな小説を書かれます。
 「春の戴冠」の前に初期の作品の「廻廊にて」、「夏の砦」を読んでから進みました。
 この初期作品はロシア系の女性画家、北欧のタペストリーに魅せられた日本人の女性タペストリー作家が描かれています。
 同じように親しい人が回想する形で書かれています。

 なぜイタリアで文化の頂点に立っていたフィレンツェが、一人のドミニコ派修道士にすぎないサヴォナローナ・ジロラモに騙されたのか、以前魔女狩りに関する本を読んで、魔女狩りが理性による科学の発展により克服されたことを読みました。

 フィレンツェはたしかに、学問と芸術では世界の頂点に立っていた。
 しかしまだまだ科学の発展は十分ではなく、人々は多くの迷信に支配されていた。
 そのせいではないか?
 理性の光は、迷信の暗黒に弱いものだとあらためて思った。

 この作品は伝統ある文芸誌の「新潮」に長期掲載されたそうですが、巻を進めるにつれてわざとらしいもってまわった言い方がなくなり、無駄を削ぎ落としたような洗練された文になっていくことに、微笑ましいものを感じた。
 文芸ファンが感想を述べる中で文が磨かれていったでしょう。

 私は小説家と漫画家を比べる時、絵を描けるぶん漫画家の方がすごいのではないか?と考えがちでした。
 しかし文で表現をする才能と、絵で表現する才能はまったく別なのだそうです。
 そして人の思想や感情を表現するのは、文の方が優れている。

 文ばっかりのこのブログも無価値ではないと思いました。

 交通事故後遠出ができないので、休日は家で本を読むことが増え異常な量を購入しています。

 まるで中毒のようで、収まってほしいと思っています。

(修正)
 同級生というより同窓生と書いた方が正確なようです。
 すみません。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

1
タグ: 好文 読書 修養

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ