X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2006/4/10  6:19

「日本は社会主義国」の虚構・・・  修養(エッセイ)
 数年前から日本のことを「世界でもっとも成功した社会主義国」という説が紹介され、当時の日本の「一億総中流」といわれる経済政策が世界に賛美された時代がありました。
 今、それがかえって仇となり、宗教的熱狂をもってその経済政策の成果を壊滅させようとしているように思えます。
 しかし、日本のやってきた政策は本当に社会主義なのでしょうか?
 数年前、経済史を勉強しながらそのような疑問を持ちました。
 その理由は、社会主義発生以前から国家の力を最大限活かした政策は行われ、貧困対策も長い間行われてきたからです。
 「社会政策は自由主義国ではやらない」ものでないことは「国富論」を見ても明らかです。
 それは「社会主義的政策」ではなく「国家主義的政策」というべきものだと思いました。
 国家主義的政策の歴史は、絶対王制にさかのぼりこちらも歴史が古いのです。
 日本は国家主義的政策を伝統的にとり、それに社会主義の長所を取り入れてきただけだと理解します。
 中国も韓国も強力な行政国家であり、その政策は国家主義的なものです。
 国家主義は「愛国心」をその根本とします。
 ファシズムに見られる通り誤った方向に愛国心を使うと、とんでもないことになりますが、アジアのライバルが国家主義的政策で追い上げてくる以上、それに対抗しなければ
ならないことは事実だと思います。
 港湾ではすでに追い抜かれております。
 民主主義は選択肢を常に多く用意するので誤った方向に向かいづらい、過去の歴史が示しているように民主主義は弱いようで強い、国家権力を有効な方向にむければ、アジアのライバルに勝てると思います。
 「国家権力を民主的に運用し活性化する」・・・港湾においても勝負はそれにつきると思います。
 中国や韓国はその政策の強引さのゆえに、ミスも多いのです。
 それを有効につけない日本側に問題がある気がします。
 もはや中国や韓国はライバルです。
 その現実に目をそむけるべきではありません。
 友好を貿易のためにも大切にしながら、競争に勝ち抜きましょう!

 ひとこと
 囲碁の富士通杯韓国勢九連覇中、日中共同でなんとか阻止しよう!
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ