X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2010/1/30  2:21

まず事実関係をつかむべきです!  心氣体(fitness)
 朝青龍関の件は状況がわからないので、まだ何とも言いかねるところがあります。ですが横綱の個人マネージャーも嘘をついたわけではないと思います。
 事件は朝の4時頃ということなのでまだ真っ暗のはずです。
 横綱も離婚後家庭があるわけではないので、精神的に不安定なのか別の理由があるのかわかりませんが、随分飲んでしまったということでしょう。
 本当に知り合いなのかはわかりませんが、飲食店店員の方とすれ違って相手が横綱にぶつかったのかトラブルとなり、もみ合いとなったのか転んだのかわかりませんが相手が鼻の骨を骨折したということです。
 真っ暗で揉み合いになったので、あくまで「結果としてそうなった」というだけにすぎません。
 真っ暗の中でトラブルになると、相手がどのような凶器を持ち出すのかわかりませんので強い自己防衛になる可能性があります。
 別に時津風部屋の事件と違い殺人を犯したとかいうわけではなく、あくまで個人的なトラブルにすぎないのであまり事を荒立てる必要はないと思います。


 それにしてもこの手の民事上のトラブルに、なぜ元東京地検公安部長が出てきるのでしょうか?詳細は知りませんが公安部であれば外国人監視の仕事もあります。喧嘩の場合は現行犯逮捕でないと難しいと思いますが?
 相手にも非があるかもしれないのに、「これなら逮捕できますよ」ということを安易の言うことも危険と感じます。
 横綱はモンゴルのスパイ扱いでしょうか?

 ともあれ横綱が現行犯逮捕されるような暴行をしたわけではなく、結局は酔っ払いの喧嘩の類のようですし、ふざけていてそうなったような話もありますので、あくまで民事上のトラブルということで「協会の名を傷つけないよう誠実に処理すること!」でよいのではないでしょうか?

 元公安部とか出てきますとね、例の雨宮処凛(あまみやかりん)さんのわざとぶつかっていって不法逮捕したようなこともありましたし、「これなら逮捕できますよ」なんてマスコミで言われると本当に「何の話ですか?」と心配になってしまうのです。

 逮捕の予断を与える人権侵害の可能性が高いと感じます!

 真っ暗の中での喧嘩がいかに怖いかわかりますよね?
 現行犯逮捕されるようなことはおこしていないので、あくまで民事上のトラブルとして穏便に取り扱ってほしいと思います。
 ただ横綱も30近いのですから、そろそろ父君のような風格が出てきてほしいとは思います。
 横綱の26回目の優勝を期待していますよ!



【PR】1.「開国・開港Y150」が残した七つの力の種 : 「共生力」「共感力」「想像力」「創造力」「交流力」「横浜力」「市民力」
2.平成22年(2010年)は国民読書年です。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


AutoPage最新お知らせ