X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興五輪東京●2021(秋に開催を!) / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2021/1/30  23:59

近所でボヤがあったようだ  日記(I love one day)
 1月30日(土)の午前の9時前後かな、近所でボヤがありました。
 野次馬で行くのは被害者宅に悪いし、わりと上品な住宅街なので、そのような雰囲気もない。

 消防車が近くに来て住宅街に入っていったが、火事の臭いはせずボヤだと思う。

 しばらくして救急車が来たようだったので、怪我人がでたのだろう。

 数日前に雨が降ったが、おとといから北風の強風が吹き火災の危険性がある状況だった。

 近くに火災で死亡者が出たところがあるところがあるのは言ったとおり、不幸なことが起きず本当によかった。

 しかし嫌な気持ちになりました。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪! / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 日記 文学 Journal

2021/1/30  22:47

ペストを広めたのはユダヤ人だと言われ、COVIDを広めたのは飲食店だと言われる  仁義(Jingi)
 中世に「ペストを広めたのはユダヤ人」と言われ、ユダヤ人は迫害され虐殺もされた。

 衛生状態の悪いユダヤ人街がペストの温床になった可能性もあるが、ユダヤ人も被害者だったことは言うまでもない。

 そして今は「COVIDを広めたのは飲食店」だと言われている。

 こういうスケープゴートは感染症が広まると作り出される、他の小売店を無視して飲食店のみをターゲットにしたところに、「飲食店をスケープゴートにしよう」という魂胆が見え見えなのだ。

 大切なのは「飲食店も被害者」だということだ。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪! / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0

2021/1/30  6:18

COVID疲れがたまり、金曜日の夜から土曜日の朝にかけてが一番落ち着くようになった  日記(I love one day)
 COVID疲れがたまってきたあたりから、金曜日の夜から土曜日の朝が一番うれしい時間になった。

 感染の危険性がなくストレスを感じず、疲れを取ることができます。

 本当、どこかでゆっくりしてきたい。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪! / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 日記 文芸 Journal

2021/1/30  5:45

「道理」が守られないと苦しいよね  仁義(Jingi)
 あの時は体が急に動かなくなったので、うつ病になったのかと思い、お医者様に行って軽い薬を処方していただき、とにかく体が動かないのでしばらく休もうと思い診断書も書いていただいたが、そこに落とし穴があったんです。

 体が動かない原因は「眠れる臓器」の異常だったんです。
 無理を重ねて、異常なストレスがたまり続けた結果でした。
 父の病気との関連性も疑われ、検査と経過観察になりました。

 あの時に学んだのは、精神が原因な病気は少なく、よくよく調べれば必ず体のどこかに異常が見つかるということでした。

 ストレスがたまった原因ですけど。

 結局、昭和時代というのは「道理」があまり守られない時代だったのですよ。

 結局、その問題が解決したのは平成の後半になってからと聴き、ひじょうに驚きました。

 あの時、他の人から「私達は問題もおこさず真面目に働いてきているのに、なぜ問題を起こしている人の方が得をし、よい思いができるのですか?」と聞かれました。

 そして「でも私は他にできることもあるし、ここで問題を起こして少しでも得をしなければ困るということもありません。でもおかしいとは感じます。」と言われました。

 創業初期であれば、多少問題のある人がいるのもいたしかたありませんが、だんだん「道理」によってうまくいくようにしないといけません。

 戦後にできたものに「侵すべからず伝統」なんてありません。

 それは創業者の精神でもないでしょう。

 IT革命がやってきて、時代が大きく変わる中で不退転の決意でいろいろした。

 そしてそれは今になってみれば正しいと感じる。

 妨害をしていた方が、うまくいって「私がやりました」と言って、得をしていたと思うと腹立たしいですね。

 妨害以外の何をしたのだろう?(微苦笑) 

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.復興五輪! / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0


AutoPage最新お知らせ