X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが復活しますように。X
X(挑戦!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興五輪TOKYO●2021! / (2025年)大阪●関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(令和2年標語)「君らしく 君の歩幅で 一歩ずつ」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2020/11/11  3:32

光は怨霊の出すものではありませんから  日記(I love one day)
 部屋の照明を最大にしても同じことは起こりません。
 その部屋に人がいて明るくしていたとは思えない、本当に周辺が暗いのにその窓だけぼうっと光っている感じだったんです。

 ただ光は怨霊の出すものではなく、むしろ神仏と結びついているものです。

 阿弥陀様は「光の仏」とも言いますから。

 むしろ周辺の邪気を払っておられたのではないか?

 春からずっとひどかったが、最近は怪奇現象も収まってきている。

 科学的に説明できないこともないが、確率が低く、ポルターガイスト現象と言ってよいと思う。

 だが光が来たということは、これでだんだんまともになっていくのではないか?

 ただ今日感じた寒気は異常でしたけど。

 おそらくここは、問題物件だったのでしょうね。

 あの不動産業者、人が入らないような物件を優先して案内していましたから、おかしかったですよ。

 お隣の美しい庭がなければ、絶対選ばなかったでしょう。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.With COVID-19 / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 日記 記録 記憶

2020/11/11  0:57

やっぱり変だよ昨日の夜明け前の風景  日記(I love one day)
 日付が変わったので昨日になりますが、やはり今朝の風景は変です。
 帰宅して窓から見たのですが、私の部屋の灯りを反射していた窓、そんなに光を反射していません。
 その部屋の灯りがついていた気配はありませんでした。
 
 「他の家の灯りのせいかな?」と思い、真夜中になってまた見たのですが、やはりその窓はほとんど私の部屋の灯りを反射していませんでした。

 疲労で幻でも見たのでしょうか?

 違和感の感じる風景というのは、他の窓がほとんど光を反射していないのに、その部屋の窓だけ、まるで闇に浮き上がるように光を反射していたからです。

 あれもまたこの部屋の怪奇現象の一つでしょう。

 加門七海さんの「203号室」という小説を夏に読んだ。
 元はイギリスの小説らしくて、それは「幽霊の出る古城」を題材にしたようですが、それを日本で「あるアパートの部屋」に置き換えた話でした。

 古城からアパートの部屋というのも大胆な舞台転換ですし、イギリスではハムレットに見られる通り、幽霊は必ずしも悪く言われません。

 ネタバレを少ししますと、あるアパートの部屋が正体不明の異界につながっているいうものでしたが、その異界の正体があいまいでよくわからない小説でした。

 私の場合は霊能力者とかお祓いとかは信じないので、祈って神仏に守っていただくだけですけどね。

 やはり引越そうかな?不気味すぎる。

【PR】1.持続可能な開発(SD) / 戸締り用心火の用心
2.Liberty Bell〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.With COVID-19 / 能開・生産性セミナー相談受付中!

0
タグ: 日記 記録 記憶


AutoPage最新お知らせ