X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2019/7/15  23:17

大岡昇平の「花影」(集英社e文庫)を読んだ  読書人(4.23は本の日)
 昭和の古い小説である。
 大岡昇平先生というと、戦争体験にもとづく「生と死」を扱った戦争文学で有名だが、もともとフランス文学の翻訳、特にスタンダールの小説の紹介者として知られた人で、それの影響を受けた小説も書いているとは聞いていた。

 小金井市の中村研一記念美術館(現はけの森美術館)に行った折、そこの湧水の湧く庭で「武蔵野夫人」のインスピレーションを得たという話を聞き、そういった小説に興味を持っていた。

 その中で「花影」は傑作の一つと言われているとあったので、それで読むことにした。

 昭和に流行した銀座のホステスの恋愛物語である、だが最後に彼女は夜の世界に疲れ自死を選ぶ、戦争で生き残ったのに死ぬこともないのにと思ったが、それが「生と死」を見つめた大岡昇平の真骨頂なのだろう。

 「死のうと思うことと死ぬこととは違う」と、この小説では再三出てくる。

 戦争中に自決の道を選んだ人達と、生き延びようとした人達、その違いは経験からきていると感じた。

 そこが当時評価されたのかもしれない。

 私はこういう小説が苦手だ。

 女にふりまわされる、粋な有閑人ではないからだ。

 銀座は好きだが、映画を見たり本を読んだりするだけ、ホステスと遊ぶお金など持ったことがない。

 赤坂で客を送るホステスを見て、「きれいだな」と思ったこともある。

 朝に帰宅するホステスらしき女の子も見たことがあるけど、自分とは住む世界が違うと思った。

 この小説だと、当時はホステスではなく女給という言い方が普通で、和服がスタンダードだったということだ。

 銀座の古きよき時代を感じた。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / ブログをしよう!

0
タグ: 好文 読書 修養

2019/7/15  1:15

「大西郷遺訓(頭山満著 土曜社)」を読み終える  読書人(4.23は本の日)
 海音寺潮五郎先生の「新装版 西郷隆盛」に続き、同じ作家による「赤穂義士」を読み終えたので、西郷南洲遺訓に頭山満が講評をした土曜社の「大西郷遺訓」を読んだ。

 大正時代の本で講評の方が長い本で言葉遣いも穢いが、西郷隆盛に心酔した頭山満の少年のような心がよく出ていた。

 西郷南洲遺訓は簡単なことを書いてあるのだが、原文は謹厳な感じで文語調で難しい、いろいろ含蓄があり注釈がないと難しい。

 この本は文語を青少年でもわかりやすい口語にしてあり、実にわかりやすい好著だと感じた。

 海音寺潮五郎は西郷隆盛は陽明学の人ではないと言ったが、頭山満は西郷隆盛が大塩平八郎の書を愛し譲ってもらい持っていたことを、当時の人から聞いており、陽明学の影響は小さくないことを書いている。

 島津斉彬公は西郷隆盛のことを「独立の気象あり」と言い、ひじょうに才能のある大人物になる男と考えていたが、イデオロギーのとらわれない人だったのではないか?と思う。

 やはり大人物だったのだろうと思う。

 頭山満は戦前の右翼の大立者で、危険人物の印象が強いが、孫文と親交を結ぶなどひじょうに好人物である。

 炭鉱主でその資産を運動に当てていたと言うが、青少年向けの啓発書も書いていたことを知り、好かれた要因がわかるように感じた。

 頭山満のことばに触れること少なく、その怪人物ぶりばかり言われていて辟易していたが、なかなかの好人物だと思った。

 西郷南洲遺訓は「君子はかくあるべき」ということを言っている、葉隠と違い無理な忠節を求めることなく、きわめて自然である。

 こちらの方が親しみやすいし、よき君子になりたいものだと思った。

 こんなくたびれた中年になってもね、少し若返ったような気がしましたよ。

 ただこの本は量の割に少し高いですね、復刊に苦労したせいかもしれないが、長く残り多くの人に知られてほしい本だと思いました。

※驚いた、ebookjapanだと2060円なのに、紙だと文庫で859円でソフトカバーで1028円、kindleだと816円だ・・・ebookjapan価格を間違えたか?

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / 復興日本!

0
タグ: 好文 読書 修養


AutoPage最新お知らせ