X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2019/7/20  12:48

「銃と十字架」(遠藤周作 小学館)を読み終えた  読書人(4.23は本の日)
 追突事故に遭ったのは昨年の8月1日である、あの頃私は遠藤周作の小説を次々と読んでいた。
 ところが交通事故に遭ってしまったので、その後あまり読まなかった。

 交通事故のリハビリは12月までやり、首などの痛みは残るもののスキーができるまでに回復しました。
 しかし3月に入り再びひどくなり、3月31日に禅昌寺に行った折についに左足がまったく動かなくなってしまいました。
 その後も左足の痺れが不定期にきました。
 ようやく最近よくなり、今外回りそれなりに頑張っています。
 しかしいつ元に戻るのかわからず、憂うつな状態です。

 話はそれましたが、この小説はペドロ岐部(きべ)という神父の伝記です。
 キリシタン大名有馬晴信の島原にあった「有馬神学校」というところで学び、キリスト教迫害で海外の逃れ、最終的にはローマまで行きそこで神父の資格をとり、日本に戻りキリスト教を布教したが、仙台藩領で潜んでいるところを見つかり、江戸に送られ穴吊るしに遭い殉教した人である。

 豊後の大友宗麟に仕える国人岐部氏の人で、兄弟だったようだが途中から一人になった。

 何というか堅信ということを感じたが、キリスト教徒でない私にはその堅信の意味がわからなかった。

 すでに日本での布教には失敗しているのに、ポルトガルやスペインの手先となり日本に潜入し死刑となり、今さら何の意味があったのだろうと思う。

 キリスト教と西洋の植民地主義とは関係ないと言う、しかし彼らはたしかに連携し、残酷な植民地統治をしていたのだ。

 それは歴史的事実であり、覆すことはできない。

 しかし日本のキリスト教はたしかに純粋なところがあった。
 それは日本の宗教思想と結びつき、カトリックでもプロテスタントでもない独特のキリスト教を作り上げた。

 宗教は純粋な信者がいてはじめて成り立つ、面白いことに日本の仏教徒はキリスト教の迫害を幕府に強く求めていない。

 日本のキリスト教は「権力の敵」ということで、世俗の権力者から徹底的に迫害されたのだ。

 このあたりは日本の特殊なところだと思う。

 「一人の純粋なキリスト教神父がいた」この小説はそういう話だと思う。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / ブログをしよう!

0
タグ: 好文 読書 修養

2019/7/19  20:12

京都アニメーションの「氷菓」と「聲の形」もよかった  文化国家
 「氷菓」に関することは、こちらに書いた方がよいですね。
 岐阜に来て「氷菓」を見て、飛騨高山への関心が出るとともに、大地主の娘だった祖母への気持ち、そして「全部過去になる前に見つけに行こう」というOPの歌詞から、もう一度祖母について考えてみようと思いました。

 それが亡くなったばかりの、父への慰霊になると思いました。

 そして飛騨市が舞台の「君の名は。」(こちらは京都アニメーションではありませんけど)に続いて公開された、大垣市が舞台の「聲の形」・・・岐阜県が舞台の作品群に力づけられました。

 祖父母の故郷には外まわりの時に偶然行っただけ、ただ祖母について十分いろいろなことを考えられたと感じています。

 けいはんな学研都市の木津川市の方が、孫が見つからないと嘆いていましたが、けいはんな学研都市にも近いようなところで、準備当時に京都の大学でアニメやマンガに力を入れるところがあって、ひじょうに活気がありました。

 京都アニメーションも2003年頃からデジタル技術を活かして発展、まさにけいはんな学研都市の発展とも一致していました。

 京都アニメーションは、京都だけでないく日本の誇りです。

 これは「美しい文化へのテロ」です。

 テロに対しては「団結せよ!立ち上がれ!」としか言いようがありません。

 なもあみだぶつ。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / ブログをしよう!

0
タグ: 文化 芸術 美学

2019/7/19  2:32

令和元年最初の投票をしました  日記(I love one day)
 7月18日(木)参院選の投票をしてきました。
 台風5号の影響で、岐阜では激しい雨が降っており、土岐市役所の大きな屋根を滝のように水が下っていっていました。

 車の外に出れないので、しばらく黙想しどこに投票するか考えました。

 結局、一つの方向性で決めきれませんでした。

 難しかったです。

 感覚で決めるしかないかもしれません。

 ただ令和元年の最初の投票は、いろいろ印象に残ると思います。

 令和記念で投票するのも一つの考え方ではないでしょうか?

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / ブログをしよう!

0
タグ: 労農 連合 福祉国家

2019/7/18  21:35

塩粥の食べ過ぎかな?血圧が上がってしまった  心気体(フィットネス)
 今日の健康診断で、血圧が急に上がってしまい驚きました。
 若い時と比べると上がっていますが、それは若い時が120以下で低すぎたので、130前後で落ち着いていました。
 それが急に140台まで上がってしまったのです。

 たぶんなのですが、塩粥の食べ過ぎだと思います。

 私は主食のお米を食べる時は朝粥にしているのですが、だいたい味噌で味つけしてそれに野菜などを入れて食べていました。

 西洋風にすることもありますが、やはり和風の味噌粥が好みでした。

 ところが味付けに飽きてしまい、春頃から塩粥が気に入ってよく食べていました。

 ところが、何か体調が異変を感じており、最近減らしていたところだったのです。

 疲労もあるとは思いますが、素直に上がってしまったようです。

 他に今年の冬から交通事故の後遺症の左足のしびれが悪化し、休日に遠出もしないしウォーキングもほとんどできない、健康体操は続けていましたが、休日にほとんど動けなかったため、体調に出たのかもしれません。

 平日は気力で動いていましたが、休日は動けなかったのです。

 ともあれ異常事態なので、多少は自愛をしないといけないと思います。

 岐阜に来て、せっかくよくなってきていたのですから。

 やはり今は体調が悪いので、8月に健康診断をすべきだったな。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / ブログをしよう!

0

2019/7/15  23:17

大岡昇平の「花影」(集英社e文庫)を読んだ  読書人(4.23は本の日)
 昭和の古い小説である。
 大岡昇平先生というと、戦争体験にもとづく「生と死」を扱った戦争文学で有名だが、もともとフランス文学の翻訳、特にスタンダールの小説の紹介者として知られた人で、それの影響を受けた小説も書いているとは聞いていた。

 小金井市の中村研一記念美術館(現はけの森美術館)に行った折、そこの湧水の湧く庭で「武蔵野夫人」のインスピレーションを得たという話を聞き、そういった小説に興味を持っていた。

 その中で「花影」は傑作の一つと言われているとあったので、それで読むことにした。

 昭和に流行した銀座のホステスの恋愛物語である、だが最後に彼女は夜の世界に疲れ自死を選ぶ、戦争で生き残ったのに死ぬこともないのにと思ったが、それが「生と死」を見つめた大岡昇平の真骨頂なのだろう。

 「死のうと思うことと死ぬこととは違う」と、この小説では再三出てくる。

 戦争中に自決の道を選んだ人達と、生き延びようとした人達、その違いは経験からきていると感じた。

 そこが当時評価されたのかもしれない。

 私はこういう小説が苦手だ。

 女にふりまわされる、粋な有閑人ではないからだ。

 銀座は好きだが、映画を見たり本を読んだりするだけ、ホステスと遊ぶお金など持ったことがない。

 赤坂で客を送るホステスを見て、「きれいだな」と思ったこともある。

 朝に帰宅するホステスらしき女の子も見たことがあるけど、自分とは住む世界が違うと思った。

 この小説だと、当時はホステスではなく女給という言い方が普通で、和服がスタンダードだったということだ。

 銀座の古きよき時代を感じた。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.能開・生産性セミナー募集中! / ブログをしよう!

0
タグ: 好文 読書 修養


AutoPage最新お知らせ