X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2018/4/30  19:07

遠藤周作の「王の挽歌」を読み終える  読書人(4.23は本の日)
 遠藤周作の「王の挽歌」は、キリシタン大名として知られる大友宗麟について書かれた歴史小説です。
 NHK大河で西郷隆盛のことを描いていますが、ふと・・・そういえば幕末のことで薩摩、肥前、長州などには関心があったが、九州きっての名家であった大友氏については・・・大内家の宿敵以外はあまり知らないなと思ったのです。

 大友二階崩れ(赤神諒著 日本経済新聞社)、宗麟の海(安部龍太郎著 NHK出版)、王の挽歌(遠藤周作著 新潮社)の順で次々と読みました。

 他の地域ではわりとすんなり受け入れられたキリスト教ですが、大友家は九州きっての名家で神道や仏教を守護する立場にあった。その当主がキリスト教徒になることには問題があったのでしょう。

 一方で九州探題にまでなった大友宗麟がキリスト教を保護することで、九州ではキリスト教が広がりました。
 その影響力はやはりすごいものがあったと感じます。

 ただやはり・・・大友宗麟は仏教に留まるべきだったと思います。

 ただ「宗麟の海」でひじょうに面白いことを勉強させていただきました。

 耳川の戦いで大友は島津に大敗するわけですが、その理由の一つに鉄砲をあげていたことです。

 大友も毛利と死闘を続けていた時は最新の鉄砲を懸命に集めていましたが、島津と戦う時にはいささか旧式になっていました。島津はポルトガルからマスケット銃を集め、それを種子島で量産していた。

 島津は鉄砲になくてはならない天然硫黄が豊富にあり、それをポルトガルなどに売りその金を使い鉄砲を量産していたわけです。

 大友も尾平鉱山という銀山と、温泉があるので天然硫黄をこちらでも産出し軍資金にしていたわけですけど。

 軍備への熱心さに差があったのかもしれません。

 島津は室町時代まではひじょうに地味な守護大名でしたが、安土桃山時代の途中で急に力をつけだしました。それは隼人族以来の武勇の伝統もありましたが、種子島の鉄砲に原因があることを知りました。

 そういえば明治維新でも薩摩はイギリスの新型銃を手に入れ、幕府軍を圧倒しています。

 逆に西南戦争では政府軍の銃が薩摩軍の銃より優れており、それが政府軍の勝利へと結びつきました。

 薩摩にとって種子島の銃は命綱だったわけです。

 これはあまりにも意外でした。

 大友は耳川の戦いでまずい作戦もあったものの、マスケット銃の威力を知らず大敗したわけです。

 おそらく龍造寺隆信も同じであったでしょう。

 慎重な大友宗麟なら直感で危険を察知しミスをしなかったでしょうけど、キリスト教による心の救いを求め現世への関心を失っていては、島津義久には勝てなかったわけです。

 ただ日本においてキリスト教の堅信を残した大友宗麟は、日本において明治維新以降柔軟にキリスト教文化を受け入れた基盤になったとは思います。

 茶人としても優れていた宗麟の日本文化への貢献は大と言えるでしょう。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.人づくり革命! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: 好文 読書 修養


AutoPage最新お知らせ