X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』による、セーフティネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2017/10/15  22:32

豊洲市場問題は藪の中  日記(I love one day)
 豊洲市場問題は、最期は事実上の最高責任者であった浜渦武雄元副知事に、都議会が責任をとらせる活動で決着した。
 しかし真相は最期まで藪の中で、どこかくすぶっている感じではある。

 小池百合子都知事はいくら金がかかっても、築地市場維持でいきたいと一時は考えたようだ。
 しかし老朽化した築地市場、東京五輪準備と一体化した豊洲の開発・・・いろいろな見地から不可能であることを自覚し、豊洲市場移転へ方向転換した。
 しかし決断に至る内部会議などの情報は不開示、すべてが藪の中へと消えた。
 嘘の情報公開をしてきた以上、誰かが責任をとらないといけなかったが、すべてが藪の中になった。

 ただ豊洲市場設計については理に適ったすばらしいものであり、設計者や労働者がすばらしい豊洲市場を作るために、心を込めて仕事をしたことはわかる。
 国民もそれがわかったから、最期は寛大な気持ちで許したのだ。

 しかしこういう決着があるのだろうか?と疑問は残る。

 それに最初の都庁の、「自分たちがいなければ、都の公共工事はすべてストップするぞ!」と言わんばかりの開き直りもすごかった。
 それらもすべて、権力者の庇護を受けているという気持ちがあるがゆえの開き直りだろう。
 そのような傲慢な精神の人達が、東京五輪準備にも携わり似たような精神構造で仕事をする。

 どんどん戦争へとのめり込んでいった昔の日本を思い出す、おそらく・・・さらなる大失敗をして総懺悔の状態にならないと、決して反省はしないのだろう。

 都議会が、浜渦武雄元副知事に偽証の責任をとらせたのはすばらしいことだった。
 神聖不可侵と考えられた人間に責任をとらせたことで、周辺にいる人達にも「自分たちも安全ではない」と自覚させることができた。
 どのぐらい責任をを感じているのかは不明だが、長い目で見れば必ず大きな効果をもたらすことだろう。

 それがいつなのかはまったくわからないが。

 ただ真剣に仕事に取り組んだ人は高評価を受けた。
 
 そういう人達が名誉を剥奪されず、きちんと名誉回復をし東京五輪に向けすばらしい仕事することを願っている。

 もう2020年までもうすぐた。

 元号な何になるのだろうか、明るい時代になるのだろうか。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: 日記 記録 言魂

2017/10/14  23:48

都議会は浜渦武雄元副知事の偽証を可決しけじめをつけた!  自然(エッセイ)
 豊洲市場について、まったく真実がわからなかったなんて誰も信じていませんが、ともあれ小池都知事は嘘の情報公開をしていた原因については、わからなかったということで決着し、当時の幹部の何名かを処罰し決着しました。

 黙っていなかったのは都議会自民党で、浜渦武雄元副知事を都議会に呼んで弾劾し、その証言の矛盾を突き偽証を本会議で可決しました。

 これはよく頑張ったと思います。

 何か問題がおこり誰も責任をとらないままでいくと、喉元すぎればまともに働いた労働者への報復をネチネチと続けていたでしょう。
 「俺がとんでもないめに会ったのは、あいつらのせいだ!」というわけです。
 それをなくしたことは、都民の要望とはいえ都議会自民党の功績だと思います。

 ほとんど落選してしまいましたが…。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: エッセイ 労働 聚楽

2017/10/13  2:19

豊洲市場移転を実施した都の労働者に心から同情した・・・  自然(エッセイ)
 豊洲市場については無事移転が決定しましたが、私は豊洲市場移転を行った都の労働者に心から同情しました。

 長年にわたり都民に嘘の情報を流すことをしていたのは、都の幹部たちの命令によるものでしょう。

 ところが・・・設計変更をしたところについては、専門家の見地から見ても理に適っており、ひじょうに優れた設計であることが確認されました。
 都の労働者たちは、現場で長く愛される新市場を建設したのです。

 私は心から同情しました。
 しごと館の時とまったく同じだったからです。
 現場は本当に一生懸命やり、世界に誇れるすばらしい施設を作った。

 ところが都幹部の嘘により、犯罪者扱いされ辛い思いをすることになった。
 すばらしい仕事をしながら、今でもおそらく都庁では犯罪者扱いだと思います。
 専門家会議の方々が弁護してくれたので、救いはありますが・・・。
 労働者たちは沈黙を守りました。
 私だって我慢して沈黙していたのです。

 しかし、まるで法にふれることをしたような報道がされ、沈黙していては危険だと考え弁明に動きました。

 病んだ組織の考えることはいつも同じです。
 現場の労働者に責任を押しつけ、自分たちは逃げようとします。
 自分たちにモラルも規律もないことを棚に上げ、労働者にモラルと規律を求めるのです。
 東京都は病巣を放置し、今でも動いている。
 いずれ似たような不祥事がまたおきることでしょう!

 彼らの名誉回復はきちんとして欲しい!

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: エッセイ 労働 聚楽

2017/10/12  2:52

ネオコン時代の嫌なことを思い出している  日記(I love one day)
 最近、選挙の結果によってはネオコンが復活し、またありもしないことで批判されそれにネットで反論するうんざりする戦いが、また再発するのではないか?と懸念しています。

 それで変な記事が続いてしまうわけです。

 現実感覚のある人は誰も信じないと言われていますが、信じる馬鹿がいまだにおりますので、それで不安に感じるわけです。

 なかなか寝つけん。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: 日記 記録 言魂

2017/10/12  2:09

直接の担当者に確認しない時点でアウトなんだけど・・・  自然(エッセイ)
 しごと館騒動で、今思い出しても・・・やはり直接の担当者に確認しない時点でアウト!だったと思う。
 2年ぐらいは何事もなかったが、別の課の人ですが一緒のオフィスで働いていた人が機構本部で合流して働いていました。
 あの人達は私とは違う課ですが詳細は知らなくても聞かれれば、「別の課なので詳細はわからないが、そのようなことはなかったと思う。」と答えたと思う。
 そのうちの一人と横浜の地下鉄の駅でばったり会いましたよ。
 
 私自身も本部近くの施設にいるのは、万が一の時にすぐ詳細を聞けるようにするためだと考えていたので、騒動がおこり何も聞かれないことに呆れていました。
 少々の作り話では騒ぎにもならないのですが、よくまああそこまで大事件にするものだと思っていました。
 事実なら大事件なので、逮捕されないように自衛しますよ。
 当然のことで、誰だって取調室に閉じ込めらたくないですから。

 こんなのは機密でも何でもありません。
 私は迷惑かけられた方ですから、申し訳ないけど。
 よい仕事をさせていただいて喜んでいたら、数年後に犯罪者扱いされたのですから大迷惑ですよ。
 あの頃は何もかもが狂っていました。

 基本的な誤りを指摘すればすぐに片付く問題、事実を確認すれば半月で騒動は終わったでしょう。

 騒動のドサクサにまぎれて、さも自分がフィクサーのような顔をして利益を得ようとするのもいる、直接の担当者に確認しなかったのは誤りでした。

 事実でなくても命令どおりに記者に話せばいいんだというのもありますが、それもまたアウトでしょうね。

 残念ながら目立っていた人達ばかりでなく、多くの情報源があり私の書いていたことが嘘偽りでないことはきちんと確認できたと…言われてしまいました。

 当然機構には報いを受けていただくということでした。

 「悪気はないので勘弁」と言ってはみたのですけど、腐った組織は批判されて当然と一蹴されました。
 何名かブログからきたけど、誰だか忘れた。

 社内の噂なのか、あることないこと片っ端から話す人がいる。

 頼みもしないのに勝手に情報がくるので、確認するのが一苦労だということでした。

 ま・・・衣川の戦いの歌のようなものなのかも。

 衣のたて(舘)はほころびにけり 年を経し糸の乱れの苦しさに

 今は少し無常を感じながら思い出しています。

 最大の目標であったけいはんな学研都市の繁栄、それだけは達成できてよかった!

 それだけです。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: エッセイ 労働 聚楽


AutoPage最新お知らせ