X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 領土譲らず日露友好X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●SAPPORO! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2017/9/4  20:02

若い頃の母はかわいい性格でした  汽船(エッセイ)
 前の記事だけ読むと母はずいぶん厳しいようにも見えますが、そんなことはありません。

 数年前、ふと・・・私が物心ついた時に覚えている両親の年齢を、私が越えてしまっていることに気がつきました。
 いまだ私自身がしっかりしていないのに、両親はずいぶん頑張っていたんだなと思いました。
 父はいつもイライラしていましたが、家に帰れば育てなければならない子供がいて、外では難しい仕事をこなしていかないといけない。
 イライラする気持ちも、わからなくはないと思いだしました。

 母は皆から愛される性格でした。
 特に年長者のしっかりした家の人には、妹や姪のように愛されていました。
 夫もしっかりし懸命に子育てをし、女学生の頃から家の商売を手伝い、よく本を読み勉強をしていた母は、教養ある夫人たちとの会話にも十分ついていくことができ、そういう母を皆かわいがっていました。

 今思いだすと、両親の関係も仲のよい兄妹みたいでした。
 いつも喧嘩しているようにしか見えなかったが、仲が悪いわけではなかったのでしょうね。

 ただスパルタ教育に関する部分は、父はそういうのには大反対でしたが、母は奇妙なほどそれを信じてしまっていました。

 時代の流行でしたが、あれは間違っていました。

 子供の体を壊す教育が正しいわけがない、それは今でも確信をもっていえます。

 父も積極的には反対しませんでしたが、私の家の本棚にはルソーの教育学の本がいつもありました。
 家族の目に入るようなところに、いつもありました。
 仕事が忙しくあまり言えなかったが、母の狂信を心配に思っていたのでしょう。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: エッセイ 労働 聚楽


AutoPage最新お知らせ