X平成17年 愛・地球博(自然の叡智)の年にAOLで「趣味のブログ」をはじめました。AutoPageが進歩しますように。X
X(挑む!)新丸山ダム木曽川導水路完成を。 / 中京の愛知・岐阜に国家機関移転を。 / 『ものつくりイノベーション』を。X
X喜望峰の国で日本の「走るサッカー」は開花した。(日本はアフリカ開発会議(TICAD)主催国) / 祝ロシアW杯ベスト16X
X『1959.3.10ラサ蜂起』等の『人権犠牲者』を悼みます。 / 西域シルクロード東西文化の融合寛容大東文化復活!X
X支那(キタイ)北京(カンバリク)五輪と08憲章 / 復興オリンピズムTOKYO●2020! / (2025年)大阪・関西万博。X
X東京・三多摩横田飛行場鉄道物流を結びつけよう。 / 国際ハブ港をめざす横浜港の新しい南本牧ふ頭にメガシップ寄港を。X
X(風車のOPEN YOKOHAMA)「横浜開港の精神」を継承し、「愛市の鐘」の「地球都市横浜」を作ろう。X
X日本海(Sea of Japan)側の新潟県 越後妻有では、3年ごとに大地の芸術祭が実施されます。X
X「極限環境」の岐阜県 東濃研究学園都市の隣、花フェスタ記念公園(可児郡)近くに御嶽宿があります。X
X勤労青少年の日は毎年7月第3土曜日です。(平成31年標語)「若い芽を 育て咲かせる 社会の輪」X
X(人間開発は礎)『ヒューマンセキュリティー』によるセーフティーネット(安全網)を維持しましょう。X
X雇用支援機構アビリティ、能力開発セミナー生産性向上支援訓練求職者支援訓練を実施中です。X
X(65歳定年制導入を!)「雇用の正規化」は国民生活を安定させ、多くの社会問題を解決へと導きます。X

2017/5/4  10:25

サードウェーブ〜世界経済を変える「第三の波」がくる(スティーブ・ケース著 加藤万里子訳)を読みました  読書人(4.23は本の日)
 古傷の右腰が炎症をおこしてしまい、美濃焼関係のイベントも行けない状態です。

 今ほとんど歩けないので連休中「なら読書を」でした。

 サードウェーブ〜世界経済を変える「第三の波」がくる(スティーブ・ケース著 加藤万里子訳 ハーパーコリンズジャパン)を読みました。
 私はAOLのCD-ROMからインターネットをはじめたので、AOL創業者のスティーブ・ケースはファンなのです。近況を知ることもでき楽しく読めました。
 途中おもしろくてスピードが上がりすぎてしまったので、少し熟読しきれていないかもしれません。
 スティーブ・ケースさんの健在ぶりが本当にうれしかった。

 電子図書で読みました。
 文字が大きいので楽でした。

 内容については読んでほしいので、あまり書かないでおきます。

 ただ彼は今経営している起業家支援のファンド名が「レボリューション」だそうで、文中では「改革」と訳していましたが、「リフォーム」ではないのでやはり「革命」であり、彼が創造的破壊を目指す風雲児なのだとあらためて思いました。

 そして私は「スタートアップ」ということばを流行らせたいと思いました。

 医療費削減や地方創生について、得難い提言がされていました。

 少し話すと「誤診による医療費増大を、情報化により防げないか?」…こんなこと思いつきもしなかったし、誤診がコストになるとも思いませんでした。

 今進んでいるAI・・・やはり主にこれでしょう・・・それが自動車の自動運転や介護ロボットなども可能にしつつある。
 インターネットは基盤を作った第一の波、ブログやSNSのサービスへと広がった第二の波、そしてAIなどを技術を活かした生活にインターネットが入ってくる第三の波がくるというわけです。

 アルビン・トフラーさんの「第三の波」・・・昔流行していましたね、父も愛読していました。

 考えてみると、電子図書というのも第三の波の一つかもしれません。

 内容については長くない割にかなり盛りだくさんで、特にAOLタイムワーナーでなぜ失敗したか、彼なりに頭で整理できたようでひじょうに示唆に富みました。ライブドアとはまったく違う原因であることがよくわかりました。

 オバマ政権の委員会で創業者支援のすばらしい提言をし、完全復活をとげていたそうで安心しました。

 それにしても支那や南朝鮮への言及があるのに、日本への言及がないのが残念でした。
 日本でAOLが広がらなかったのは、無念なのでしょうか?

 スティーブ・ジョブズがアップルに復帰したように、スティーブ・ケースが衰退したAOLに復帰することはあるのでしょうか?

 それはないかもしれないと思いました。
 彼はケース財団とレボリューションというファンドの運営に人生の価値を見出しており、それで精一杯なのかもしれません。

 彼については、情報社会において文系人間が果たすべき役割がひじょうに大きいことを感じさせます。
 私自身の生き方の参考になるのです。

 インターネットをビジネスにするにあたっては、製造業よりサービス業の比重の方が大きいのです。
 そこには、文系人間の商人の感覚が必要であることがよくわかるのです。

 新しい時代が希望のある時代になりますように。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0
タグ: 学道 好文 読書

2017/5/4  3:09

中学の時に一時的に弱視だったのだな  心氣体(fitness)
 右眼の大怪我の治療を終えた時、視力は左眼が0.5で右眼が0.4でした。
 だから眼鏡をかけなければ視力が回復するかもしれないというのは、ありえないことではなかったのです。

 問題はそのあとしばらくして、急激に視力が下がったのです。
 それで左眼0.2、右眼0.1…右眼は実際には0.1見えませんでした。

 弱視の定義はいくつかあるようですが、「裸眼視力0.1未満、矯正視力1.0未満」というのがあるようです。
 その基準ならたしかに一時的に弱視の状態でした。

 矯正視力でも右眼は0.7が精一杯でしたから。

 弱視には眼鏡が絶対必要です。
 視力の低下で眼科医が信用できなかったので、その時は行かなかったのですが、高校で慢性頭痛が悪化した時にきちんと診てもらえば、すぐに原因として視力へと向かい眼鏡をかけることになったでしょう。
 結果としていろいろなよいことがおこったと思う。

 精神病の可能性があるから、医者に診せないなんてとんでもありませんでした。

 高校時代にワンゲルに入って自然の風景をよく見ていたことと、ヨガをはじめて視力回復に取り組んだことで、0.3〜0.5くらいまで視力は回復しました。
 そこで弱視から回復したのだと思います。

 それにしてもよくそれで中学時代は成績がよくなり、高校時代も慢性頭痛に苦しみながらも中位の成績を維持できたものだと思います。

 運転免許取得の時も苦しんだことを考えると、私は右眼の怪我に苦しめられたのだなあ。

 慢性頭痛が悪化した時に、医者に行かなかったのは大失敗でした。

 さすがに痛さもあってプライドも捨てて泣いて訴えたんだけどね、変な顔をされて「それでも駄目!」の一点張りでした。

 右眼の怪我は自分の不注意で、人は恨めませんけどね。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0

2017/5/4  2:55

スタートアップ東海か・・・  人間開発(Human Development)
 今年度の新規事業「生産性向上人材育成支援センター」をはじめるにあたり、「スタートアップ」ということばがひじょうに大事になるように感じました。
 調べましたら、東海地方には「スタートアップ東海」というスローガンがあるようでした。
 これはよいと思い、東濃研究学園都市のスローガンにもよいように感じました。

 意味としては、けいはんな学研都市の「関西イノベーション」とほぼ同じです。

 けいはんな学研都市のような「ラボ付き工場」が、東濃研究学園都市に増えるのかどうかはわかりませんが、企業誘致が進んでいることは事実です。

 開発拠点が増えれば、東濃研究学園都市は成功へと向かうでしょう。

 規模としては筑波研究学園都市やけいはんな学研都市には及びませんが、かえって盆地にあるので大きさは規制しやすいというのはあります。

 増える民間投資をうまく活かして、東海一のスタートアップ拠点をめざすのは、夢があることだと思いました。

【PR】1.持続可能な開発 / 戸締り用心火の用心
2.自由の鐘〜自由を宣言する、全土と全民に〜
3.TATIAGARE! / 復興!がんばっぺ日本!

0


AutoPage最新お知らせ